FC2ブログ
    2009
    04.15

    「愛のレッスン」野口五郎

    Category: シングルB面
    「愛のレッスン」  野口五郎        
    作詞・ 橋本淳 作曲・筒美京平 編曲・高田 弘           
    1972年4月1日発売B面

    「悲しみの日曜日」B面として発表されたこの曲は
    学生らしい まだ幼い雰囲気がとても新鮮。

    当時 ステレオは離れの父親の部屋にあり
    そのステレオがスピーカーも大きく
    とても音がいいので
    父親にお願いして レコードを聴かせてもらうのが
    私の何よりの楽しみでした。

    後追いでレコードを購入して聴けたのですが
    まだ自分自身幼かったこともあり
    この「愛のレッスン」は 
    よく父のステレオで聴いていたように記憶しています。

    ♪パーパヤパヤパパッパッパヤー♪
    というコーラスもお気に入り。
    まだ恋に恋する時代で
    この歌がとても身近に感じてました。

    「ふたり残った 午後の教室
     何故かしら君のため 胸がさわぐの」

    こんな歌詞だけで
    この胸もときめいて
    キュンキュンしていた幼い時代でした。

    五郎さんの声もまだ少年の声で とても爽やか。
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/97-bc0c3b29
    トラックバック
    コメント
    失礼ですが…今時使わないよぉ~↑こんなタイトルでもそこがまた昭和っぽくて良いのですパーパッパッパッパッパーヤー♪のコーラスものどかでレトロ。教室、ノート…五郎さんのいわゆる「学園もの」ってこの曲だけじゃないかな?ひとつ前の世代、舟木一夫さんとかが歌いそうな爽やかな一曲ですあとこの曲のジャケット(悲しみの日曜日)の五郎さんの表情がなんか怒ってる?みたいで印象的です
    季節風dot 2010.06.04 07:19 | 編集
    季節風さん ありがとうございますっ
    いやーーっこんなに 語れるなんて
    うれしいうれしい♪

    季節風さんの書込みにわらった~っ。

    私はこの歌 当時からけっこう好きでした。
    ほのぼのとして とってもいいと思います!

    当時まだ私は幼かったので
    この歌が一番身近な感じがしましたし
    歌の意味が良くわかりました!

    ♪パーパヤパヤパパッパッパヤー♪
    これがいいです!!(*^^*)気に入ってます。

    今時使わないですよねっ
    あはっ

    でも 初々しいです。
    少年の五郎さん 
    フレッシュです♪
    のりえdot 2010.06.05 01:10 | 編集
    聴けました。なるほど 季節風さんのおっしゃる通りとても「ノスタルジック」ですね。題名は平成の今なら「お笑い」の題材になってしまうかも。^^;
    好きな人がいるクラスの近く、廊下を歩くだけでドキドキ・・・みたいな光景ですね。A面よりは刺激が少なめで「親としてはホっとできる」ような内容ですね。^^; 楽しめました~。
    のんこdot 2011.05.25 19:06 | 編集
    のんこさん ありがとう。
    聴けましたか!いっぱい聴けてすごいっ。

    学園もの・・・珍しいですよね。

    このレコードを手に入れたときは
    この歌が聴きたくて聴きたくて。

    素直で 素朴で
    とってもいいですよね。

    五郎さんの甘い幼い声もとっても素敵だと思います~っ!!
    のりえdot 2011.05.26 09:46 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する