「青いリンゴ」野口五郎

    「青いリンゴ」野口五郎
    作詞・橋本淳 作曲・筒美京平 編曲・高田弘
    1971年8月1日発売A面

    野口五郎さんは演歌でデビューしたのですが
    一曲目はまったく売れず ポップス路線に転向して
    心機一転売り出したこの「青いリンゴ」が大ヒット。

    当時のことを振り返り 五郎さんがよくおっしゃっていましたが
    地方に出かけたとき 「青いリンゴ」が1位になっているというのを聞き
    あぁ 自分と同じ曲名の歌を出している人がいるんだな・・と
    まさか自分の作品がこんなに売れるなんて信じられなかった・・・と
    おっしゃっていましたね。

    この曲をデビュー曲と思っていらっしゃる方もいっぱいいると思いますが
    セカンドシングルでした。
    この曲があって 歌手野口五郎さんの輝かしい歴史が始まったのです。

    レコードのジャケットは当時
    2枚分もある豪華なもので
    ジャケットの写真も緑色が瑞々しく
    爽やかで五郎さんの美少年ぶりがとてもまぶしく すてきなジャケットです。
    『青いリンゴを抱きしめても 思い出さえ帰らない』
    胸がきゅんとする青い時代
    五郎さんの歌声も青くさわやかで 木の芽が吹くような勢いがあります。                                                          (07.2.2)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    なぜに歌えるんだ?

    ユキユキさんありがとう。
    社会人になって 飲み会がある度に
    「私鉄沿線」を歌った、「青いリンゴ」を歌った、と
    息子が言うものですから
    いつ覚えたのかな?と不思議だったのですが
    たぶん 耳にタコができるくらい
    私が聴いていたということですね~っ(笑)


    当時のファンは
    五郎さんの歌を聴いて
    自分自身が「青いリンゴ」になった気分だったと思いますっ。

    リアルタイムに
    当時の五郎さんを知らないというか
    まったく記憶にない、というのが
    私の弱点です。

    たしかに英才教育かも

    そうですよね。
    ある意味英才教育ですよね。
    ご子息たちもちゃんと五郎さんの歌が歌えるなんてすごいです。
    うちの息子たちは歌えるのかなあ。
    まだカラオケに行ったことがないのでわからないですが。
    『青いりんご』が『あおいりんご』ちゃんならその部分を自分の名前に置き換えて歌いますよね。
    そして五郎さんに抱きしめられることを想像して妄想に走ってしまい益々虜になることでしょう(あぶない)

    かわいい。

    ユキユキさんありがとうっ

    お嬢さんがそんな風に
    具体的にイメージして
    自分の中で「あれ?」って思ってくださったことがうれしいですね。

    お嬢さんには抱きしめるというと
    しっかりとした感触のあるものを
    ぎゅっ!!っと 抱きしめたいという気持ちがおありだから・・・
    なのですよね。

    かわいいお話をありがとう。
    いいなぁ ほんわかとして

    「あおいりんごちゃん」
    ・・・・メルヘンだなぁ。
    そういうのもすてきっ。
    なんてかわいいのかしら。

    わが家は息子たちだけで
    シラーーッってしてますから
    こんなお話を聴けるとうらやましい。



    大切なあなたを失って
    今は
    こんなにも小さな青いリンゴしか
    自分は抱きしめることができない・・・

    そんな感じかなぁ、って
    年を持つと あれやこれや
    色々と考えます

    お嬢さんがそんな風に
    五郎さんの歌を深く知ろうとされることが素晴らしいと思います。

    うちの息子は 一緒に聴こうとはしてくれませんが
    なぜか歌えるみたいだから
    それも親の教育のすごさ?!かなっ。

    これも英才教育の一種というべきか・・・

    ちょっとヘン?

    先日この歌を聴いていたら長女が
    「いつも思うんだけど青いリンゴを抱きしめるってヘンだよね?どれだけ大きいリンゴなんだよ〜って思うと怖いんだけど。」
    って言ったんです。
    抱きしめるほどの大きなリンゴって確かに怖いですよね。
    私がこたえに困っていると
    「『あおいりんご』ちゃんって人の名前だったりして。」
    と言うので笑ってしまいました。
    「それとも本当は青いリンゴの木を抱きしめてなんだけど長いから木を省略したのかも。」
    とも言ってました。
    確かに木なら抱きしめられますよね。
    長女なりに色々考えているんだなあと何気なく聴いていた歌詞を読み直してしまいました。
    自分の子と五郎さんの歌を語れる日が来るなんて私は幸せ者だなあと思いました。
    そしてその想いを語れる場所があることが何より嬉しいです。
    のりえさんありがとうございます。

    大丈夫です~っ

    のりぴんさんありがとうっ

    コメントどこでも書いていただけるとうれしいです~
    気づきますともーー!!

    こころ、心を縛りあい
    ふたり、二人で傷ついた

    ここですかーーっ!!
    さすがっ
    リアルタイムに知っていらっしゃるのりぴんさんのコメント
    説得力ありますー!

    歌って 最初の出だしで決まるような気もします

    ほんと!!
    とても自然にさらっと口を突いて出る感じなのですが
    この詩は深いですね!!

    生きていくということは
    どこかで心を縛られるということだと思うのですが

    若さというものは
    ひたむきである分
    一途すぎて相手のすべてを縛りつけてしまうものですね。
    けれど五郎さんが歌われると
    なんだかとてもフレッシュで
    青春を感じます。

    まぶしい若さもぎゅっと詰まった作品
    五郎さんにぴったりで
    素晴らしい作品に恵まれて
    五郎さんがきらきら輝いてます。

    >いつもこの曲歌う時、眉毛寄せてかなしそうな顔して歌ってた印象があります

    わぁ いいなぁ
    知らない私には 想像の世界でしかありません。
    でもイメージするだけでもうれしい。
    教えてくださってありがとう。

    今さらですが

    この曲、青いリンゴの新鮮なイメージと、メロディで、気がつかなかったんですが、
    でだしの、

    こころ、心を縛りあい
    ふたり、二人で傷ついた

    ここですね。いつもこの曲歌う時、眉毛寄せてかなしそうな顔して歌ってた印象があります。弾けたい若さを抑えてる感じでせつなかったですが、

    心を縛りあう、って、やっばり、よくないよね。
    なんて、結婚生活長くなってきてふと、思う今日このゴロ

    でこの曲の深さに気づき、あの若さでココをうたっていたんだなぁと、またあらためて、、五郎ちゃんスゴイね、って、思ってしまいました(^ ^)

    こんなとこに書いて、のりえさん気づいてくれるかなぁ〜。

    軽快な流れるような

    メロディーに五郎クンの溌剌とした歌声…とっても初々しくていつ聴いても気持ちいい曲ですよね

    地方のレコード店でトップ…これは大阪ですね大阪でトップだったなんてチョット意外な気がします。名古屋とかなら何となくわかりますが…。そういえば先日の大阪でのCD発売イベントでも「キャンペーンで大阪に来た時、そこのレコード店で「青いリンゴ」が売り上げ1位でした。信じられなかったです!」って話されてましたよ。

    五郎さんのデビュー時のキャッチフレーズは「若い演歌のホープ」。 そしてこの青いリンゴの時のキャッチフレーズは「青い木の芽の肌ざわり」 …まさに青いの芽が吹くような勢いを感じます

    大阪から

    季節風さんありがとうっ

    そうですかっ
    大阪からだったのですね~っ

    素晴らしいっ!!

    あれっ?
    大阪のCD発売イベントに行ったの~っ?!
    五郎さんはおしゃべりも楽しいから
    いっぱい笑って
    素敵な歌も聴けて最高ですよね。

    初期の頃の五郎さんは私は知りませんが
    きっとかわいかったのでしょうね~っ

    大阪の

    CD発売イベント行きましたよ~ そしてそして!生まれて初めて五郎さんと握手しました ファン歴30年余りでようやくです。順番待ちの列に並んでるのは殆どが女性でチョット恥ずかしかったですが 五郎さんの手はとても柔らかくてとても大きく感じました あんな器用に繊細にギターを弾く手とは思えないぐらい

    祝初握手!!

    季節風さんありがとう~っ
    おーーーっ素晴らしいっ
    握手は始めてなのですねっ

    私はディナーショーの時が初握手だったかなっ(*^^*)
    ほんとっ 大きくて柔らかかったです(*^^*)

    思い出したら幸せな気分になれました!
    ありがとう~っ!
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    779位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    113位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック