FC2ブログ
    2009
    04.03

    「小さな君に」野口五郎

    「小さな君に」
    作詞・吉岡慶子 補作詞・大日方俊子 作曲・筒美京平 編曲・馬飼野俊一

    1972年10月10日アルバム発売

    「甘い生活」の頃にファンになった私は
    持っていないレコードをひたすら買い集めることに生きがいを感じていました。
    「青春の旅路」というLPレコードは 五郎さんのナレーションも入っておりファンにとってはうれしい作品で
    まだ幼い自分にとっては身近な詞の内容でもあったために とても夢中になった一枚です。

    特に好きなのが この「小さな君に」で
    語りかけるようなGOROさんの甘い声を聴くたびに 胸がキュンとしてどうしようもありませんでした。
    こんな甘くて素敵な歌を歌われるGOROさんに 女性が夢中にならないわけがないと
    今あらためて聴いてみても そう思わずにいられません。
    この歌は ふっと口をついて出てしまう歌のひとつです。
    とても優しい気持ちでいっぱいになります。そしてひまわりを見るたびに歌ってしまいます。


    幼い頃に大切にしていた 自分だけの宝石箱を そっと開いて見てみるような気持ちです。
    関連記事
    スポンサーサイト




    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/84-f9cbf266
    トラックバック
    コメント
    とてもかわいらしい歌ですね。あの年頃にしかマッチしないというか・・・。^^; あの年頃であの歌唱力があってこその作品ですね。
    のんこdot 2011.05.04 19:13 | 編集
    のんこさん ありがとう
    しばらくお休みしていましたけれど
    また すこしずつ語っていきますので
    よろしくお願いします。

    「小さな君へ」は
    私は大好きな作品のひとつです。
    シンプルだけれど 優しい優しい語りかけるような作品。
    慈しみに満ちて 抱きかかえられるような感じがします。

    「ひまわりの花が 風に揺れるとき
     僕たちに めぐる想い出」

    ここを聴くと なんかもう我慢できず
    胸にこみ上げてくるような感じがあります。
    素直な歌声 とても素敵だと思います。
    のりえdot 2011.05.09 11:12 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する