FC2ブログ
    2009
    04.03

    「少し太ったかもしれない」野口五郎

    「少し太ったかもしれない」 野口五郎
    作詞・及川恒平 作曲・佐藤寛 編曲・佐藤寛
    1976年12月21日アルバム発売

    何気なく ふと口をついて出る歌がありますが
    気がつけば歌っているのがこの歌で 歌詞と曲がとてもぴったりで繰り返し聴きたくなります。
    誰もが 自分に当てはめて聴いてしまうような歌です。

    こんな風に ふと思い出し ため息をついてしまうことがあるような気がします。
    どんなに今が幸せでも どんなに楽しくても 忙しくても
    この歌のように 人はふと過去を振り返り 通り過ぎた人を思います。

    及川恒平さんの素敵な詞の世界。
    そして一度聴いたら忘れられない素敵な曲で
    何度も何度も 聴いて歌いたい曲。
    とても好きな歌です。
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/77-5186db97
    トラックバック
    コメント
    のりぴんさーーん ありがとうっ!!
    おおっ 購入されたのですねっ。 安心ーーっ!!
    もう 売り切ってしまいましょう!(笑)

    ギターがかっこいいですね。
    特にご自身が作られた作品のギターソロなど
    こだわりが感じられますねっ。

    この歌、いつ聴いてもいいなぁ、って思います。
    なんか ほっとするっていうか
    癒されます。

    >再会タイムマシン、と、オーバーラップ

    おおっ 素晴らしい!!
    さすがのりぴんさん!!

    そういう風に音楽は聴かないとね~っ。
    イメージの翼を開いて
    鑑賞したいですね。

    コメントうれしいっ。ありがとう!!
    のりえdot 2016.06.27 21:44 | 編集
    私、今日ようやくこのCD買ってきて初めて聴きました^ ^
    ギターがしみて、カッコイイ!
    その中で、この曲v(^_^v)♪
    再会タイムマシン、と、オーバーラップさせて聴いてました。こんな落ち着いた生活を送っていたとしても、もし地下鉄の出口でばったり会ったら、あんなドキドキ感になるんだなぁとか。
    時空を超えて楽しめる五郎さんですね☆
    のりぴんdot 2016.06.27 17:02 | 編集
    ユキユキさんありがとう!!
    この歌を初めて聴いた時は
    まったく想像の世界でしかなかったですね。

    > 男の人は勝手に幸せ太りした彼女を想像して安心しているのかも知れません。
    > 別れた彼女が不幸であるより幸せでいてくれた方が自分も幸せなのでしょう。

    鋭いツッコミで笑った~っ!!
    そう言われてみれば 身勝手な憶測かもしれませんね。
    不幸になってたら・・・なんて 考えたくないものですものね~

    太るのは 安心したから、というのもありますが

    実のところは
    安心したいから、で
    自分を守りたいから、ということだと思います。

    本当に痩せたかったら
    きっと痩せるものですから。

    そうしたくないのですよ。

    とかなんとか 
    ただの言いわけになってしまいますけれどもね。
    本当はそうなのよ~!!

    なんじゃそりゃっ

    のりえdot 2016.02.08 10:10 | 編集
    別れた彼女のことをふと思い出すことってあるのかなあと当時は思いました。
    男の人は勝手に幸せ太りした彼女を想像して安心しているのかも知れません。
    別れた彼女が不幸であるより幸せでいてくれた方が自分も幸せなのでしょう。
    この歌を聴いた時『私は絶対結婚しても太ったりしない』と思いましたがこの歌の通り結婚したら太ってしまいました。
    女ってそういうものなのでしょうか?
    今この歌を聴くと『五郎さんのおっしゃる通り幸せ太りしてるので安心して下さい』という気持ちになります。
    そして『五郎さんが自分のことを歌ってくれている』と思って幸せな気持ちになってしまいます。
    おめでたいですかね?
    ユキユキdot 2016.02.07 23:44 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する