FC2ブログ
    2020
    10.20

    「ほほぬらす涙」野口五郎

    「ほほぬらす涙」野口五郎
    作詞・山上路夫 作曲・佐藤寛 編曲・筒美京平
    1975年08月01日 GORO! LOVE STREET IN LONDON 「雨のガラス窓 」

    筒美京平先生が亡くなられて
    五郎さんも本当にお辛いと思いますが
    ブログで京平先生のことを
    いっぱい語られています。

    https://ameblo.jp/goro-noguchi/entry-12632198666.html
    このように いっぱい語られることが
    故人にとっての供養になると思います。

    そしてまた こうして語ってもらえる京平先生は
    とても幸せな方だと・・・・しみじみと思います。

    五郎さんがブログで語られていますが
    このアルバムで京平先生がピアノを弾かれた作品が
    2曲あるそうです。

    そして その一曲がこの「ほほぬらす涙」だそうです。
    知らなかった・・・
    ピアノまで弾かれているなんて!!
    これは衝撃的なカミングアウトです。

    すっごいお宝アルバムではありませんか。
    驚きです。

    作曲は お兄さんですが
    温かい優しいメロディで
    胸に染みる感じがします。

    京平先生を師匠と言われていますが
    その師匠の京平先生が25歳になったら
    アメリカに行きなさいと言われたとブログに書かれています。

    師匠の教えを
    どうして五郎さんは守られなかったのでしょう。

    私はそのことが気になります。
    行っていたらどうなっていたか・・・・
    ということより
    行かない決断をした理由のほうが気になる今日この頃・・・・

    人の人生は ほんとうに謎に満ちていて
    自分の意志とは関係なく
    何かに突き動かされて 何かに導かれて進んでいく。

    私も 正直色々と言いたいこともありますけれど
    これが現実で これが全てなんだなぁ・・・と思う。

    五郎さんは自分の思うままに
    心のままに
    進んでいただきたいと願っております。

    1.雨のガラス窓
    2.さびしい瞳
    3.ときめく胸
    4.あなたの子供
    5.ほほぬらす涙
    6.幸せな家族
    7.僕の子守唄
    8.訪問者
    9.愛すれどさびしく
    10.雨あがりの街

    GORO! LOVE STREET IN LONDON 雨のガラス窓 +2<タワーレコード限定>
    GORO! LOVE STREET IN LONDON 雨のガラス窓 +2<タワーレコード限定>
    追記・なぜアメリカに行かなかったのか
    大阪のコンサートでも話していただけましたし
    五郎さんのブログでも その後語ってくださいましたね。
    どうぞ じっくりとブログをお読みください。
    関連記事
    スポンサーサイト




    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/553-7db80a98
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する