「オール・バイ・マイセルフ」野口五郎

    「オール・バイ・マイセルフ」野口五郎
    作詞・Eric Carmen 訳詩・麻生香太郎 作曲・Eric Carmen 編曲・東海林修

    1976年3月20~23日      日劇リサイタル~女友達初演
    1976年4月29日          GORO ON STAGE 故郷に帰るⅡ
    1976年7月20日~8月11日  全国縦断コンサート


    「オール・バイ・マイセルフ」は’76年の「日劇リサイタル」で初めて歌われた作品ですが
    ずっとGOROさんが大切に歌ってこられた 素晴らしい「歌手野口五郎さん」の世界です。
    五郎さんの歌の表現力には いつも感動させられますが
    この歌を聴くたびに あぁ 歌とはこんなにいつの時代も変わらずに
    人の心を熱くさせるものなのだなぁ・・・としみじみと思わずにはいられません。

    ’76年の「日劇リサイタル」は信じられないことに 素晴らしいリサイタルにもかかわらず音源化されておらず
    けれど このリサイタルのカバー曲だけを並べても どれも素晴らしい作品ばかりです。
    その後、ずっと歌い続けられている作品が並び 
    歌手・野口五郎さんの歌の世界を方向づけるような素晴らしいリサイタルであったと確信しています。
    このリサイタルで歌われた「三つのオムニバス」はラジオで聴く事ができましたが
    それは本当に五郎さんならではの 感動的な世界でした。 

    この「オール・バイ・マイセルフ」も ’75のEric Carmen作品ですが いち早く取り入れられており
    その素晴らしいセンスには おもわずうなってしまうほどです。

    この作品は「GORO ON STAGE 故郷に帰る リサイタルⅡ」で音源化されており聴く事ができますが
    今もみんなが聴きたくてたまらない野口五郎さんの歌の世界だと思います。
    このアルバムも復刻を心から願わずにはいられません。

    ステージではいつもそばに東海林修先生がいてくださって 
    五郎さんが一番に輝ける 素晴らしい音楽を作ってくださったこと 今も感謝の気持ちでいっぱいです。
    世の中の人に 聴いてほしくてたまりません。
    もう一度 東海林修先生のピアノで 五郎さんの「オール・バイ・マイセルフ」が聴きたいです。
    東海林先生のピアノで 五郎さんの語られるように歌われる姿が 私は見たくてたまりません。

    五郎さんの素晴らしい歌声が胸に沁みる一曲。
    いつまでも歌い続けていただきたいスケールの大きい作品です。
    (2005.2.14)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    779位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    113位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック