「ゴー・ナウ」野口五郎

    「ゴー・ナウ」野口五郎
    作詞・Hugo and Ruigi 訳詩・麻生香太郎 作曲・George David Weiss 編曲・東海林修

    1975年11月15日        ゴローインサンプラザ~美しい愛のかけら~初演
    1976年2月7日~3月14日  明治チョコレートコンサート
    1976年3月20~23日     日劇リサイタル~女友達
    1976年4月29日          GORO ON STAGE 故郷に帰るⅡ
    1976年5月21日発売     アルバム「野口五郎5年の歩み」
    1976年7月20日~8月11日  全国縦断コンサート


    若い日々は 泣いたり叫んだりするほどに情熱的な恋に憧れたものでした。
    生きている実感がほしくて かなしい恋の結末にもあこがれました。
    必然的に 若い日々は激しい恋の歌や 情熱的な愛の歌を好んで聴きました。
    生きていれば 出会いもありますが、別れもいつかやってきます。
    すてきな恋のヒロインになりきれなくても ドラマチックな恋を描ききれなくても
    少女から大人への階段を上る途中で 胸がきゅんとする切なさは幾度か味わいました。

    けれど しみじみと思うのは
    人はいろいろなことを乗り越えた時 ふと口ずさむのは こんな歌ではないかなぁ、・・・と。
    諭すように 静かに 語りかけるように歌ってくれる この「ゴー・ナウ」の五郎さんの歌声は
    本当に温かくてやさしくて 胸に沁みます。

    そして やっぱり東海林修先生のアレンジはすばらしいです。
    言葉が・・・想いが・・・この胸に深く深く届きます。
    「しあわせになるんだよ・・・しあわせになるんだよ・・・・」
    この心に この言葉がずっとずっと響き渡り、いつまでもいつまでも消えません。
    「さあ お行き」と背中を押しつつも しっかりとしっかりと抱きしめてくれているような温かさに
    抑えても抑えても この胸に熱いものがこみあげます。

    五郎さんは まだ10代でした。
    信じられないほどに 素晴らしい歌唱力と表現力。素晴らしい感性。
    深い深い大人の愛の歌をこれほどまでに歌えた五郎さんにあらためて感動します。

    野口五郎さんは素晴らしい歌手です。
    そして東海林修先生がいてくださってうれしい。

    この歌の「しあわせになるんだよ」という言葉が いつまでも胸に響きわたり 熱い想いは消えません。
    大人になった五郎さんに もう一度語りかけるように 私たちに歌ってほしいと願う作品の一つです。
    (2004.9.27)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    672位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    94位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック