FC2ブログ
    2018
    12.27

    「星屑の町」野口五郎 

    Category: シングルB面
    「星屑の町」野口五郎 (カバー曲)
    作詞:東條寿三郎 作曲:安部芳明 編曲:野口五郎 
    2002.10.23発売シングルB

    「星屑の町」は1963年に三橋美智也さんがシングルとして出され
    ヒットした作品のカバーです。

    この作品はキングレコードに在籍されていた時代に発売されました。
    「私鉄沿線02」「星屑の町」「ノー・ノー・ボーイ」の三曲が入っていますが
    A面の扱いは やはり「私鉄沿線02」だと思います。
    バラエティに富んだシングル。

    前にも書きましたけれど
    私はこのころの五郎さんは 闘っている感じで
    ギラギラとしていらっしゃって
    少し近寄りがたい雰囲気もあったのですが
    二枚目の王道を行く感じがして好きでした。

    痩せていらっしゃったせいか
    普通に歩かれても
    険しい表情に見えて
    ちょっと怖かったような気がします。
    でもそういうところも
    カッコよかったと思います。

    当時を振り返ると
    「愛がメラメラ」が 素晴らしかっただけに
    世の中の人の感性は どうなっているのか、と
    とても残念に感じたことを思い出します。

    けれど 良い音楽は良いので
    今も歌い続けられていますし
    歌われてよかったなぁ、と思うのですが

    サンタナさんに誘われたステージも
    自分のライブがあって行けなかった、とか
    なんていうか あまりに残念なことも多く 
    神様に試された時期でもあったような気もします。
    でも それを乗り越えたからこその今の五郎さんなんだなぁ。

    「星屑の町」は郷愁を誘う世界。
    久々に レコードで五郎さんのコブシの効いた歌声が聴けました。
    さすがにこの歌は 随分前の歌で
    私にはあまり馴染みがなかったのですが
    五郎さんは ご両親の影響で この歌に親しみがあったのですね。

    両手を広げて 帰ろ 揺れながら
    涙の中を たったひとりで


    この歌に 五郎さんは癒されていたのではないでしょうか。
    ふるさとのように・・・。

    アレンジも 中国琵琶や
    女性の囁きが入っており
    五郎さんの色々なアイディアが生きた
    とても新しい世界となっています。

    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/508-c41586ed
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する