「地下室のメロディ」野口五郎

    「地下室のメロディ」野口五郎
    作詞・藤公之介 作曲・東海林修 編曲・東海林修

    1977年10月7日~11月19日  秋の六都市コンサート

    '77秋の六大都市コンサートで歌われた この「地下室のメロディ」は
    当時からとても好きで よく聴いた曲の一つです。
    生きる意味を考える幼い時代ではありましたが この歌はとても深く胸に響きました。
    自分の心の中にある地下室を認識させられた 大人の味わいの深い一曲です。

    秋らしくしっとりとした曲とアレンジ 
    バイオリン、ギター、そしてブラス、そして最後のピアノでの語り・・・とても胸に沁みます。
    自分の心の地下室を確かめたくなる一曲。
    心の闇を照らすように自分と向かい合うときに
    この「地下室のメロディ」をいつも聴いていました。

    大人に向かう少女の時代にも 
    どんなにこの耳をふさいでも 聴こえてくる音楽があることを知りました。
    切なさで胸がつぶれそうになっても 
    しまいきれないほどにあふれる想いがある自分はしあわせだと思えました。

    時には思い出に引き込まれて
    ほろ苦い愛のメロディをくちずさむことも素敵なことだと思います。

    藤公之介さんの詩の世界と
    東海林修先生の素晴らしい音の世界。
    そして 五郎さんの渋めの熱唱がとてもとても好きです。

    今の五郎さんに 歌っていただきたい一曲です。
                                   (04.07.02)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: 人は誰も心の中に

    ユキユキさんありがとう。

    本当に心の闇に光を当ててくれるような歌でした。
    誰もが持っている心の地下室・・・・
    この胸の痛みなど 誰もわかりはしないけれど
    この歌を聴くと なんだか
    「わかっているよ」と背中を撫でられるようでした。

    オーチャードホールでの
    五郎さんのお話、ありがとう。

    五郎さんも いろいろと乗り越えてこられたからこそ
    そう思われるのでしょう。
    いいお話です。

    人は誰も心の中に

    持ってるのさ暗い地下室をという出だしから涙がでそう。
    この歌の教え通り哀しみや辛いことは閉じ込めて明るく生きるようにして来ました。
    鍵穴からもれてくる愛のメロディ
    というさびも素晴らしい。
    時がすぎれば哀しみも癒えるということでしょうか。
    オーチャードホールで五郎さんが時間薬といって心の傷は時間が癒してくれるというような話をして下さいましたがこの歌を思い出しました。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    758位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    122位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示