FC2ブログ
    2018
    03.19

    「風になった彼女(あいつ)」野口五郎

    「風になった彼女(あいつ)」野口五郎
    作詞・藤公之介 作曲・編曲 深町純
    1978 「L.A. EXPRESS ロサンゼルス通信」

    わたくし事ですが 母が病気になり入院したために
    この一か月は 母のことで頭がいっぱいになり
    不安で胸がいっぱいになってしまったのですが
    少し冷静さを取り戻し 覚悟も決まって前向きになれましたので
    また書いていきたいと思います。

    2月に五郎さんの「GOROes by my self 1」が発売になり
    私としては満足の選曲でした。
    なんといっても第一弾、ですから これはうれしいです。

    そして まず何が言いたいかというと
    40年も経った今 当時とキーを変えずに歌うことだけでも驚異的、
    だということです。

    先日テレビに ある有名な歌手が出て歌っていらっしゃいましたが
    キーもかなり下げ 声もあまり出ていらっしゃいませんでした。
    歌というのは 正直、キーが変わっただけで
    もう違ったものになってしまいます。

    年を重ねて それも良いのですが
    歌の世界も、その人に対する印象も随分と変わってしまいます。

    けれどあの時代の歌手というのは
    寝る間もなくスケジュールに追われ、
    歌番組をはしごして歌い、
    喉を酷使してしまった結果、
    声が出なくなってしまっても仕方がない、というような事も聞きました。
    それはそうでしょう。
    わかりますとも。

    けれど野口五郎という歌手は
    例外ではなく まさにそんな過酷な時代を越えてきたにもかかわらず
    今も 当時と同じキーで 変わらない歌が歌える
    希有な歌手である、ということが言えます。

    このように どんなことがあっても声が出続ける人、というのは
    歌手になるべくしてなった人だそうです。

    神さまから歌うためにこの世に送り出された人、ということでしょう。

    とかなんとか 
    難しい顔をして ちょっと真面目に語ってしまいましたが
    この「風になった彼女」も 圧倒的なあの高音の響きが魅力的な作品です。

    当時の音源と聴き比べてみるのも楽しいです。
    当時に比べると五郎さんの声の色が明るくなったんだなぁ、と
    私は思いました。

    五郎さんは60を過ぎて
    さらにお元気にパワーアップされています。

    おかげで私たちも 引っ張られるというのでしょうか、
    空回り気味ではありますが
    なんだか根拠のない自信が湧いて来て
    イケイケな気分になってきます。

    五郎さんのおかげです~~っ!!



    尚、以下より購入することができます。
    (クリックするとタワーレコードのページに飛びます。)
    GOROes by my self 1


    L.A. EXPRESS ロサンゼルス通信<タワーレコード限定>
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/468-e5cce0c2
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する