FC2ブログ
    2017
    09.28

    「愛をとめたまま」  野口五郎

    Category: シングルB面
    「愛をとめたまま」  野口五郎
    作詞 : 荒木とよひさ 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二
    1987.12.15 シングルB

    長く こうして五郎さんの音楽を書いて来ているのですが
    のんびりとし過ぎているせいか
    ちっとも 進んでいないような気がします。

    せめてシングル盤だけでも
    なんとか制覇したいものです。

    ということで 今日は「愛をとめたまま」。

    この歌が発売された1987年は
    私は長男を出産し
    生まれて初めて母になり
    ジタバタとしていて

    申しわけない話、
    五郎さんのことは 頭から飛んでおり
    この作品も購入してなかったし
    歌も聴く余裕がなかったのか覚えていなかったです。

    A面は「少し抱かれて」
    荒木とよひさ & 筒美京平という
    おもしろいコラボレーション。

    どちらも 明るくてすてきなのだけれど
    この頃の演奏は 
    時代的に楽団の人が演奏する演奏ではなくなり
    もちろんオーケストラのバック、なんていうものは聴けなくなっていました。
    金管も弦楽もなく・・・・
    機械的で キラキラした演奏へと変わっていたことが
    少し寂しい時代でした。

    「愛をとめたまま」は
    すう~っと 心に入ってくるメロディで
    今聴いても 心地良いです。
    自然なメロディの進行と
    転調がとっても心地良いです。

    「若くないから 傷つくよりも
    幸福(しあわせ) それさえ ただ見送る」

    大人の切なさは まさにその通り。
    さらりと歌われているけれど
    とても深いです。
    深いからこそ 重く歌われないんだなぁ~
    さすが五郎さん。

    とてもすてきな歌だと思います。

    できたらもう一度
    楽団の演奏をバックに
    聴かせていただけたらなぁ、って思う作品です。
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/451-2660a64c
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する