「裏切り小僧」  野口五郎 

    「裏切り小僧」  野口五郎          
    作詞・伊藤アキラ 作曲・宇崎竜童 編曲・新井栄治
    1981年8月21日発売A

    宇崎竜童さんの作品が続いたので
    ここでこのシングル盤を書いておきましょう。

    「裏切り小僧」
    もともとは 1979年アルバム「南十字星」に入っていたこの作品。
    シングルカットされて81年に再登場です。
    アルバム「南十字星」に入っている作品についてのレビューはこちらです。
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

    シングルカットは そのままシングルにされた、というのではなく
    再度 お色直しをして、の登場です。
    音源をお持ちの方はぜひ聞き比べていただきたいと思います。

    私も今 聴きなおしてみました。
    アレンジの雰囲気はそのままですが
    大きな変化としましては
    ストリングスも加わって しなやかな仕上がりです。
    五郎さんの歌い方も垢抜けてきた感じがします。

    せっかくの竜童作品を眠らせておくのはもったいない、と思われたのだと思います。
    ここら辺で 少し変わりたい、という気持ちだったのではないでしょうか。

    宇崎竜童さんと五郎さんは
    全然似ていないように思うのですが
    お誕生日が2月23日と同じ日で、
    きっと共通する点があるのだと思います。
    才能が豊かなところとか
    感性が豊かなところとか
    「キザ」が似合うところとか・・・・(笑)

    当時
    神経質で慎重で真面目な五郎さんが
    この裏切り小僧の世界を歌われると
    五郎さんとのギャップが大きすぎて
    ピンとこない、というんでしょうか、
    なんだか困ってしまうような気がしたのですが
    なんといっても 竜童の世界を五郎さんが表現された、という
    面白さがあります。

    ただ残念だったのは 作り手として
     阿木 燿子さんを担ぎ出せなかった、ということなのではないかなぁ。

    でも今聴くと これも新しい五郎さんの世界で
    貴重なものです。
    ちゃらんぽらん という雰囲気が
    五郎さんにはないだけに
    この世界は面白いのです。

    私としては 特にオリジナルにこだわらなくても良いので
    たとえば
    「身も心も」
    のような作品を
    カバーしていただきたかったなぁ。

    こういう歌を歌われる五郎さんを観たかったなぁ・・・と
    猛烈に 今、思います。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    すばらしい

    蘭子さん ありがとうございます。
    あちこち見て下さったのですね。
    ありがとうございます!!

    ところで
    ブーツ・・・どんなのだったっけ~っ、と思ってしまう私で
    お恥かしいです。
    素晴らしいですね。
    心に焼きつけていらっしゃるのですね。
    集いに そのブーツを履いていらっしゃったのですかっ
    わぉーー。(ジャケットを見に走る)

    蘭子さんは この当時の五郎さんの髪型もお好きだったのですね。
    当時は とにかく びっくりした、というのが正直なところですが
    今となれば この時代も愛おしい気がします。

    恐れ入ります

    すっきりしていただけて とてもうれしいです。

    のりえさんのブログはこちらも、あちらもあちらも毎日拝見しておりまして、文章力と深く掘り下げた内容にいやもう、すごいなぁの一言です。

    当時はシングルやアルバムの多くを深い意味も分からず聴いていて、今その歌詞の深さや若き五郎さんの表現力の物凄さを感じています。

    色褪せず、そしてとんでもなく贅沢な曲ばかりを子供の頃から聴かせてもらって、なんて幸せなんだろうと思います。

    髪型といい、ハーモニカといい「ひょー、かっちょいい!もっと話題にしてよ」と当時思ってました。

    ジャケット写真のあのブーツ、5年前の福岡の集いの時に履いてらっしゃいました。
    見た瞬間、キャー「裏切り小僧」のブーツだっ!おお、感動!!

    勝手な思い込みかも、ですが。(いや 多分 間違いない)

    ありがとうございますっ!!

    蘭子さん ありがとうございますっ
    ようこそ いらっしゃいました。
    コメントありがとうございますっ。

    私は当時 社会人になったばかりで
    嵐の日々でした。
    もうとにかく 仕事の内容が難しくて
    必死で仕事をしていたのでした。

    ファンクラブも この頃は入ってなかったです。

    五郎さんの歌は聴いていましたが
    歌を聴くだけで十分、という感じになっていました。

    そうなのですか・・・・
    教えてくださって ほんとうにありがとうございます!!

    悲しい歌を歌いたくなかったということかもしれませんが


    きっとひらめいた、ということなのでしょうねっ
    この歌を歌いたいと 自己主張されたということでしたら
    素晴らしいことだと思いますっ。

    このようなお話しを伺うと
    急に「裏切り小僧」が愛おしく感じられますね。
    あはっ。

    貴重なお話し、
    ほんとうにありがとうございました。

    なんだかとっても すっきりといたしました~っヽ(^o^)丿

    初めまして

    初めまして
    毎日、楽しみに拝見しております。
    いつもは皆さんのコメントを素晴らしいなあと読んでいるばかりだったのですが裏切り小僧についてはどうしてもしゃべりたい、としゃしゃり出て参りました。

    この曲は五郎さんの急性肝炎の休養からの復帰作でした。
    私はイメージチェンジした五郎さんがすごく好きで、「ON THE CORNER」今でも大好きなアルバムです。

    当時のFCの会報によりますと...

    半年近く前から新曲は決まっていて既にレコーディング済み(記事から察するにIF YOU LEAVE ME NOWのようです)
    入院中もこの曲だけを楽しみにしていた位、気に入った曲だった。
    しかし五郎さん曰く、ハッピーに退院して図太く生きようとしているこの時に、悲しい切ない歌で、また毎日辛い日々が続いてしまう。そしてひらめいたのが「裏切り小僧」!タイトルがとても気に入ったのだそうです。

    今現在happyな僕としては楽しい歌が歌いたかった。だからスタッフの皆さんに頭を下げ文字通り僕は「裏切り小僧」になってしまったのです。
    と書かれています。

    当時15才の私は、明るい雰囲気で復帰された五郎さんが、単純にただただうれしかった記憶があります。

    何やら怪しい文章ですが、あの頃の事を書いてみました。
    お目汚し失礼致しました。


    挑戦だった。

    季節風さん ありがとうっ
    好みにもよるけれど
    この世界は間違いなく挑戦でしたね。
    当時の私は いまひとつ 受け入れることが出来なかった、
    というのが正直なところです。

    あのカーリーヘアは
    過去の自分との決別にも思えて
    何か五郎さんは 怒っていらっしゃるのかな、と
    少し寂しくなったものです。

    でも 通りすぎれば
    そんなこともあったね
    あれもおもしろかったよね~、って言えるから

    こうして歌い続けて来られた今があるわけですから
    すべてが きらきらと輝く感じがします。

    私も正直 竜童作品なら
    「ガラスの船」の方がよかったのに~~っ、って
    思ってしまいましたけれどもねっ。

    これから聞いていただけるチャンスもあるわけですし
    みんな宝物ですよねっ。

    まさかまさかの

    この曲がシングルカットされるとはかなり意外でした。

    同じアルバムからなら「ガラスの船」や「ラブフライト」の方が良かったのになぁーと当時思いました。

    さらりと歌われるこちらのバージョンより、ねっとりと歌われるアルバムバージョンの方が好きかな。なんか小僧の憎たらしさが出ててるようで(なんのこっちゃ)

    カーリーヘアーにハーモニカ…裏切りと言うより色んな意味で五郎さんも変革の時だったんでしょうね。

    紅白では若手ではかなり後半に登場されて、五郎さんもベテランの域に入って来たんだなぁーと当時思いました。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    324位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    45位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック