「海岸通りの人たち」野口五郎

    「海岸通りの人たち」野口五郎
    作詞:麻生香太郎 作曲・編曲:山中涼平
    アルバム『PARADE』1982年6月1日発売

    新しい年になり
    降り注く新春の光がやわらかく心地良い今日、
    深呼吸しながら 取り出したアルバムは「PARADE」。

    穏かで優しい光に包まれるような作品が、
    この「海岸通りの人たち」です。

    このアルバムでは いろんな「野口五郎」を表現してくださっているけれど
    これが一番 素のご本人に近い・・・んだったらいいな~、って思った作品かな。(笑)

    穏かで ほんわりとしていて
    ある意味これは「野口五郎」でなければ表現できない世界のような気がしますし
    伝わらない世界のような気がします。

    違う言い方をすると
    この曲は 歌う人を選ぶ歌、だと思います。
    五郎さんだからこそ 伝えられる世界のように思うのです。

    喜怒哀楽。
    若いころは特に 
    嬉しい時は 幸せが溢れている歌を
    悲しい時には どこまでも泣ける歌を求め、
    わかりやすい世界を好んで聴いたようにも思います。

    さりげない日常の 幸せの価値が
    よくわからなかった、というのもあるけれど
    このようにほのぼのと、かみしめる幸せが
    一番だということがわかるようになったのは
    つい最近のこと・・・・。

    聴いていると この作品を作られた五郎さんのお兄さんも
    穏かで優しい方なんだろうなぁ~、と思います。

    五郎さんが 五郎さんらしく温かく自分に寄り添ってくれる。
    とても安心できる。

    そんな世界です。

    人間、最後は その人間の本質で勝負するものである、と
    最近 私は思うようになりました。

    そしてその本質は 内面から溢れでるものである。

    野口五郎さんの歌声は 私たちに安らぎを与えてくれます。

    あふれ出る優しさに 今年も励まされ
    前に進みたいと思います。
    収録作品
    01. 天使(パレード)が街にやってくる (作詞:麻生香太郎 作曲:山中涼平 編曲:山中涼平)
    02. 星型爪環(プチネ) (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    03. 海岸通りの人たち (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    04. 青い鳥逃げた? (作詞:麻生香太郎 作曲:野口五郎 編曲:山中涼平)
    05. 夢がさめればブルース  (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    06. 光ある限り君を (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    07. 横須賀タトゥー  (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    08. I Love You  (作詞:麻生香太郎 作曲:野口五郎 編曲:山中涼平)
    09. 三叉路  (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    10. 天使(パレード)が空へ帰って行く  (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)


    Produced by 佐藤寛、五野洋
    Arranged by 佐藤寛

    <参加ミュージシャン>
    野口五郎(g, vo)、渡嘉敷祐一(ds)、林立夫(ds)、
    岡沢章(b)、後藤次利(b)、
    今剛(g)、矢島賢(g)、芳野藤丸(g)、吉川忠英(g)、笛吹利明(g)、
    山田秀俊(key)、大谷和夫(key)、中西康晴(key)、
    浜口茂外也(perc)、岸義和(tp)、数原 晋(tp, flh)、新井英治(tb)、
    Jake H. Concepcion(sax, cl)、EVE(vo)

    尚、この作品は 2015/01/21に タワーレコードより復刻されましたが
    完売し、現在オンラインショップ取扱なし、となっています。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    するどいツッコミ

    ユキユキさんありがとうっ
    当時のことを教えてくださってありがとう。
    インタビューする人も そこを聞くのかい、って感じもしないではないですが
    五郎さんも わかり切ったように答えるわけにもいかなかったのでしょう(笑)

    女心って微妙ですからね~

    訊かれると煩わしいけれど
    訊かれないのもさみしい~

    みんなの前で言われるのは恥ずかしい~
    でも うれしい~

    なんていうか その時の気分ですかね(笑)
    とにかく この歌は幸せな状態なのでしょうねっ。

    私たちファンは
    どちらかというと 幸せな世界感に慣れていなかったかなぁ、
    って感じがしますね。

    女心って

    本当に五郎さんでないと歌えない歌ですね。
    ラジオ番組で
    「『女心ってそんなものかい』と歌ってますがどんなものだと思いますか?」
    と質問されていて
    「よくわからないんですけど歌詞の通りそんなものかなって思って歌ってます。」
    とこたえていたのを思い出しました。
    「こたえになってないようですがまだ女心がわからないということでしょうか。」
    と言ってこの曲が流れたような気がします。
    それ以来この曲を聞くたびに『女心って何だろう』と思います。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    944位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    146位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示