「停車場」野口五郎

    「停車場」野口五郎           
    作詞・高森悦郎 作曲・高森悦郎 編曲・川村栄治
    1984年2月25日発売A

    札幌・名古屋・大阪と
    五郎さんのコンサートが終了し、
    行かれたみなさんの、大変感動されてのご報告を聞き、
    素晴らしいことだなぁ、と 深く想うこの頃です。

    それにしても やっぱり 五郎さんの生歌を聴けないというのはつらい。
    今年は 結局 一度も行けなかったので
    淋しさと虚しさで 出て行けなかったことに
    悲しみと反省の気持ちでしょんぼりといったところです。

    今年はいろいろとあったけれど
    沢山のアルバムの復刻で 
    嬉しさのあまり調子に乗って毎日更新したりしたのだけれど
    調子に乗りすぎた、というのが反省するところです。

    けれどこのような私を 
    こうして支えてくださる方もいらっしゃることを想えば
    とにかく 一曲一曲 まだ書いていない曲を
    コツコツ書いていこうと思います。
    ***
    最近では あまり歌われることもないように思うけれど
    「停車場」
    穏かで優しいこういう世界は 
    五郎さんに似合う、と私は思うのだけれど

    当時の世相は
    優しいだけじゃ物足りない、というような
    刺激を求める時代だったように思います。
       (ちなみに 私は、優しいだけじゃダメ、なんて言う人には
        優しいだけで十分じゃないですか、
        それ以上に何を求めるんですか、と言いたくなります
        小さく書きましたが、ここはマイクを手に叫びたいところです。
        人間として、優しい、ということ以上に もっと素晴らしいことが他にありますでしょうか。
        優しい、ということが、人としてあまり評価の対象にならないのはどうしてでしようか。
        世の中、優しい人がどれだけいるでしょうか。)


    例えばこの年のヒット曲、
    ランキングを見ると
    どう見ても世の中に対する失望感が漂う。
    そして この年のヒット曲は
    挑発的であり 少し生意気であり
    カッコよさを優先している。

    すこし流れからは 外れていたかもしれません。
    けれど こうして 五郎さんが
    長く第一線で歌い続けて下さる限り
    みんなが過去の歌も 今の自分の感性で
    常に聴き続けるわけですから
    今聴けば この世界も新鮮です。

    アレンジは 80年代特有のキラキラした軽い感じですが
    それも時代を感じられて面白いと思います。

    五郎さんの世界は 玉手箱のように色々な世界があり
    このように穏やかで優しい世界もとても素敵です。

    あの日の二人を今でも信じて・・・・

    この歌詞が特に好きかな。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    私もー。

    季節風さんありがとうっ。
    私もB面の方が好きだと思いました~っ。

    B面の方が良いのに・・・と
    思えるレコードって
    両方良いから そう思えるので
    しっかりと 良い音楽を作ってくださっている証拠ですよね。

    ただ B面の作品って
    復刻の対象にもならないし
    なんだか もったいないというか
    かわいそうな扱いのような気もします。

    聴く人によって感じ方もあるし
    すべての人が気に入るような歌は難しいですよね。
    いろいろな意見があるから 良いのですよね~っ。

    色んな意見があっても良いですよね^^

    この曲は最初聴いたとき、正直メリハリのない地味な曲だなぁと思いました。

    レコードジャケットの五郎さんの表情もどことなく疲れてるような気がして…。昔みたいに出す曲出す曲ヒット!とはならなくなってた時期なので五郎さんにも迷いがあったのかも知れませんね。でもリアルタイムで頑張れ!五郎さーん!と応援してましたよ(^o^)
    どちらかと言うとB面の「あふれる想い」の方が元気があって好きです。

    そうですね

    ユキユキさん ありがとう。

    確かにわかりにくいですよね。
    愛ある第三者から見つめた世界、なので
    とてもわかりにくいですよね。

    入り込めない切なさ、というのも感じられますね。

    傷ついた彼女を見守るような感じでしょうか。


    曲はとってもきれいですけれどもね~っ。
    ユキユキさんのようなご意見も貴重だと思います~。
    ありがとう!!

    意味不明

    五郎さんの歌でこの歌ほど歌詞の意味がわからない歌はないと思います。
    リアルタイムで聴いた時も意味不明でこの歌は無理と思いました。
    『悲しい女は停車場で 愛した男の影を待つ
    遅すぎた後悔をチケットに
    男は次のバスに乗る』
    というサビの意味も今もよくわかりません。
    メロディーが綺麗なのでもっと違うわかりやすい歌詞なら良かったなあと思ったものです。
    年を経て聴いてもやっぱり意味不明。
    この歌から優しい五郎さんの世界を感じ取れるのりえさんの感性が素敵。
    私にはこの歌は今も理解できない世界かも知れません。
    否定的なコメントでごめんなさいね。




    ありがとうっ

    帰ってきたGOROファンさん ありがとう~っ。

    人生 穏かで楽しいことだけ、ということはありませんね~。
    試練はつきものですが
    健康であることだけでも十分だと思えるようになりました。
    年ですね(笑)ははは。
    五郎さんに逢える楽しみがいっぱいありますから
    がんばって乗り越えてくださいねっ。

    それにしても すっごい勢いがありますねっ。
    昼と夜・・・いやーー うらやましい~っ!!

    せっかく新潟に行かれるわけですから
    もう一部も二部も見ちゃってください!!

    すごい金額ですが
    ボーナスはもうすぐだーーーーーっ!!

    私もディナーショーは大好きなのですが
    今年はこちらの方でディナーショーがなかったので
    本当に残念ですっ。

    ヒルトンもなのですねっ。
    楽しみいっぱいじゃないですかっ。
    倹約生活も こんな楽しみのためなら頑張れますよねっ。
    あっぱれです~っ!!

    ご報告をお待ちしています~っ!!

    のりえさん、ご無沙汰してます

    >人間として、優しい、ということ以上に もっと素晴らしいことが他にありますでしょうか。
    >優しい、ということが、人としてあまり評価の対象にならないのはどうしてでし>ようか。世の中、優しい人がどれだけいるでしょうか。

    のりえさん、全く同感ですよ!!
    とても感動しました。

    さてさて、わたしのほうは、
    またひとつ、大きな試練を与えられてしまいました。
    近くに精神病患者(被害妄想によるでっちあげ、幻聴によるでっちあげ)が
    いるからです。
    これ以上、書くと、不愉快なことを思い出すので、
    この話題はここでやめておきますね。

    さて、次の日曜日は、
    新潟でのDSに行きます。。
    それも一部と二部のチケットを買いました。
    合計58,000円(またしても節約の日々、、、、)
    申し込むのが遅くてA席で残念です、、、

    栃木DSのあとは、ヒルトンDSまで、どこへも行かない予定でしたが、
    新潟へも行きたくて一部を購入して、2~3日したら、二部も見たく
    なってしまって、、、一部と二部の時間差が3時間しかないので、
    食事を食べきれないでしょう、、、
    容器を持って行って、持ち帰りしたいです。

    GOROさんのこと、好き過ぎて、、、
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    925位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    145位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック