「If You Leave Me Now」野口五郎

    「If You Leave Me Now」野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・トミー・スナイダー 編曲・山中涼平
    1981年発売アルバム「ON THE CORNER」

    2013,11に復刻されたアルバム「ON THE CORNER」
    まだタワーレコードさんでは 販売されているようです。
    が、 なくなるのも時間の問題でしょう。

    12日までが お買い得になっています。
    ポイント10倍ですっ。
    持っていらっしゃないみなさまは お急ぎくださいませ。
    (タワーの営業マン風)
    私としては 在庫なし、になると、よっしゃー!って思ってしまいます。

    ところで 前に五郎さんがカミングアウトされていましたが
    お兄さんが 山中涼平という名前を使われていた、ということが公になって
    やっと みんなで ほっ とした、というのが正直なところです。

    このアルバムも多く参加されていますが
    「野口五郎のお兄さん」という先入観を持たず
    世の中の人に聴いていただける喜びもあったと思います。
    が、佐藤寛であることを言えない辛さも 大きかったのではないかなぁ、
    と思いますね。

    だから 見るからに
    そんな名前の人いないだろう、
    これはお兄さんしかいたなだろう、って
    敢えて分かるようにした、というのも
    どこかにあるのではないかなぁ、と思います。
    もちろん京平先生へのリスペクト、というのもあったと思いますが

    これを ご本人に聞いたら 
    「それは違いマス」、って
    きっと言われてしまうことだとも思います。

    そして お兄さんが 
    どうして名前を変えて出る必要があったのか、と考えると

    五郎さんの この髪型も
    私は理解できる気がいたします。

    「If You Leave Me Now」は
    トミー・スナイダーさんの作曲作品ですが
    彼の持つメロディは
    なんともいえない魅力がありますね。

    そしてこの歌は
    多分 世の中の人が聴くと
    「あぁ!!これは 野口五郎さんらしい歌ね!!素敵!!」と
    喜んでもらえる作品だと思います。
    世の中の人は
    野口五郎という歌手には
    こういう世界を求めていたと思います。

    哀愁のある甘い歌声。
    語るように歌い
    伸びやかな高音部も心地よい。

    当時の自分も
    この世界がとても好きでした。

    だけど 五郎さんとしては
    もっと違う自分も見てほしかったのではないでしょうか。

    そんな気がするアルバム「ON THE CORNER」の世界。

    そしてまた
    どうでもいいことを言ってしまいますが
    このチリチリの髪型は
    正直 私はショックでした。

    何故にこんなチリチリ頭にーーっ、って
    「がーーーん」みたいな感じで
    すごく思っていました。

    きっと五郎さんは
    なにかと闘っていらっしゃったのでしょう。

    「変革」の黄色ジャケット。

    この「If You Leave Me Now」という
    この一曲が
    私たちを安心させてくれた、という気がします。

    振り返ると いろんなことが見えてきて
    それもまた 楽しいではありませんか。



    ON THE CORNER
    http://tower.jp/item/3340700/ON-THE-CORNER%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    <CD収録曲>
    01. 砂の館
    02. 楽天家たちの島
    03. スクランブル・エッグ
    04. 闇
    05. If You Leave Me Now
    06. 卒業
    07. 裏切り小僧
    08. 風のホテル
    09. 友人“A”へ
    10. バレリーナ

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: 最近の話しについていけない、トホホ


    帰ってきたGOROファンさん ありがとうっ。
    いえいえ
    とほほ・・・なのは私も同じです。

    五郎さんの感覚が若いのです。

    そうですよね。
    お若い方が もっと興味を持っていただけて
    聴いていただけるとうれしいですね。

    それから帰ってきたGOROファンさん
    ぜひ 私にメールをくださいっ。

    最近の話しについていけない、トホホ

    >ゴローが BABYMETALやONE OK ROCKの追っかけをしてると聞いて
    えっ?何故、野口五郎が!?って若い子らが驚いてましたが・・・

    BABYMETALもONE OK ROCKも、
    知りませんでした。

    わたしはテレビもないし、子供も夫もいなくて、
    自分の世界だけで生きてますから、
    どうしても懐古主義ですね。。。
    昭和の名曲とかも大好きですし。

    >何故、野口五郎が!?って若い子らが驚いてましたが・・・

    若い子らがGOROに興味を持ってくれると嬉しいですね。
    GOROはもっともっと評価されて然るべき歌手ですからね。



    本当にびっくりでした。

    マーサさんありがとうっ。

    私の友人に BABYMETALのファンになられた方がいて
    ライブなど行かれており、
    色々と聴いていて 動画とか見ていたものですから、
    五郎さんが  BABYMETALの・・と言われたときには
    本当にびーーくりしました。

    五郎さんって 感性がすごくお若いわーっ。
    でもチケット なかなか手に入らないらしいです。
    五郎さんが行かれるとなると
    さらにチケット手に入らなくなるのでは・・・と
    心配されてましたよ。

    それからONE OK ROCK は 今の職場の同僚が
    もう熱烈なファンで
    私と3つくらいしか年がかわらないのですけど
    広島とかコンサートに行ったり大変なんですけど
    Takaさんは
    森昌子さんにお顔はそっくりですね。

    なにしろ声がいいですよね。
    歌手になるために生まれてきた人って
    声帯むを痛めて声がでなくなるってことがないそうですが
    この方も そのうちのひとりかなぁ。

    どちらもギンギンのロックが支持されているバンドですね。

    私たちもしっかりお勉強しないと
    もう ついて行けなくなります~
    とほほ~

    だけど 純粋に 
    五郎さんの歌が好きというファンの気持ちを
    五郎さんには わかっていただけたらうれしいな。

    マーサさん ありがとう!

    若い世代

    ゴローが BABYMETALやONE OK ROCKの追っかけをしてると聞いて
    えっ?何故、野口五郎が!?って若い子らが驚いてましたが・・・

    両バンドは日本より海外で評価が高いようですが
    ONE OK ROCKのTakaは元森・森夫妻の息子さんですよね。

    昔、ゴローもギンギンのロックなども歌っていたんだよ!って
    若い世代にもゴローが歌う色んな世界を知って欲しいですね。

    リクエストがかかるといいなぁ~(^^♪

    了解っ。

    帰ってきたGOROファンさん ありがとうっ
    STVラジオは 曲目がきちんと紹介されていますから良いですね♪
    ただ 北海道の地元の方からリクエストがないと
    曲をかけていただくことは難しいかもしれません。
    なので 北海道の方、よろしくお願いしますーーーっ。

    帰ってきたGOROファンさんの情熱が
    伝わるとうれしいですね

    JWAVEも送られたということですので
    そちらも了解しました。

    あとは 焦らずじっくりとまいりましょうね。

    JWAVEへ送りました

    >STVラジオ、今 リクエストしてきましたっ!!

    のりえさん、ありがとうございます。
    わたしの住むところもSTVラジオは聴けません。
    しかし、リクエストはできますし、かけた曲を確認もできますね。

    GOROの歌唱力はもっともっと評価されるべきですよね!!

    今日は、JWAVEへCDを二つ送りました。

    https://www.j-wave.co.jp/original/atelier/form.html

    http://www.j-wave.co.jp/original/travelling/’73 GORO IN KOKUSAI」を送りました。

    http://www.j-wave.co.jp/original/travelling/

    「’74 GORO IN SUNPLAZA」を送りました。

    Re: STVラジオへ「74 GORO IN SUNPLAZA」届いたかな

    帰ってきたGOROファンさん
    STVラジオ、今 リクエストしてきましたっ!!

    みなさまもどうかよろしくーーーーっ!!

    帰ってきたGOROファンさんの努力と熱意に感動。

    帰ってきたGOROファンさん ありがとうっ。

    こんなに頑張ってくださっているのですから
    私たちも リクエストしなければと思います。

    番組が始まる時間まで
    土曜日と日曜日
    土曜日がサンプラザの作品
    日曜日が国際劇場の作品の中から、
    ということですね。

    大切なことは
    自分らしく伝える、ということです。

    一言でも二言でも
    自分の気持ちを込めていただきたいな、と思います。

    北海道も 特に北海道にお住まいのみなさま
    ここはひとつ よろしくお願いします。

    帰ってきたGOROファンさんありがとうっ

    GORO戦隊、がってんだー! 出動ーーっ!

    STVラジオへ「74 GORO IN SUNPLAZA」届いたかな

    そろそろ「‘74 GORO IN SUNPLAZA」がSTVラジオへ
    届いたかと思います。
    なので、皆さんでリクエストしてくだされば嬉しいです。
    http://www.stv.ne.jp/radio/rikupura/index.html#present

    私の住んでる場所からSTVラジオは聴けませんが、
    ひとりでも多くの方が聴いて下さればいいな~~!!

    ネットでラジオを聴けます

    >正直もう へとへとになってしまいまして
    >お返事が遅くなってしまい、本当にごめんなさーーいっ

    いいえ、とんでもないです!
    CD復刻まで導いてくださり、ありがたく存じます。


    さて、パソコンでラジオを聴くには、
    http://radiko.jp/
    へアクセスを。

    もちろん、普通のラジオでもきけます。


    さて、ラジオ曲へGOROのCDを送る件ですが、

    https://www.j-wave.co.jp/original/atelier/form.html
    毎週土曜日12時~15時
    この番組へは、
    「’73 GORO IN KOKUSAI」を送ります。


    http://www.j-wave.co.jp/original/travelling/
    毎週日曜日20時~20時54分

    旅にまつわるエピソードとリクエストを募集していますよ。
    GOROのコンサートに出かけることも、旅のひとつですよね。
    その時の思い出とGOROの曲をリクエストするという方法も
    ありですね。GOROを追いかけて北海道へ友人と二人で
    行った夏の思い出、沢山あります。
    この番組へは、「‘74 GORO IN SUNPLAZA」を送ります。

    マーサさーーーん

    マーサさんありがとうっ

    詳しく教えていただけて感謝です~っ!!

    > 「黒い炎」ですが、
    > 最初は74年5月の文京公会堂「告白」のリサイタルで聴きましたが・・・

    そうだったのですか。
    興味津々!!

    > サンプラザのCD復刻盤にボーナストラックとして入れて欲しかった!
    > 残念だわ~~(>_<)

    わ~~っ なんか泣けてくるーーっ
    そんなボーナストラックがあったら
    どんなにうれしいか・・・・
    でも もう 音源残っていないんでしょうね~っ(泣)

    一曲一曲が どれだけ宝であったか・・・痛感します。
    別にレコードでなくて良かったので
    テープでもいいから 完全版で出していただけてたらなぁ、って
    ついつい思ってしまいますね。

    でもこうして 復刻していただけたので
    私たちは 本当に幸せですーーっ。

    帰ってきたGOROファンさーーーん

    帰ってきたGOROファンさん ありがとうっ
    盆、正月が とにかく忙しい仕事をしているものですから
    正直もう へとへとになってしまいまして
    お返事が遅くなってしまい、本当にごめんなさーーいっ


    > >Youtubeでも一時挙がっていたゴローが歌う「黒い炎」
    > 改めて聴いてカッコイイー!!って、思いましたもんね(^^♪
    >
    > へぇ~~。それは知りませんでした、、、。

    私も知りませんでしたーーーっ。
    テレビで歌われたのかもしれませんよねっ?

    不思議な話だーーーっ。

    ラジオ局、
    地元で聴ける方がリクエストしてくださると
    本当に有難いのですけれどもねーーっ。
    インターネットで聴ける ラジオだったら問題ないのですが
    そういう局で リクエストできるところがあれば
    情報お待ちしていますーーっ。

    > JWAVEに電話しました。「’74 GORO IN SUNPLAZA」を送ることに
    > なりました。送ったからといってリクエストに応じるとは限らないとの
    > ことでしたが、みんなでリクエストすれば聴けるかと思います。

    おーーーーっ 素晴らしいっ
    帰ってきたGOROファンさん素晴らしいですっ。
    インターネットで聴けますか?
    教えてくださいねっ

    ぜひぜひかけていただきたいですっ。


    人生は
    大学に行きたくても 経済力がなければ無理ですし
    お金があっても 行く時間がないくらい忙しかったら
    やっぱり無理ですし

    でも 五郎さんがされてきた選択は
    間違っていなかったと思いますね。

    帰ってきたGOROファンさんのおかげで
    五郎さんの洋楽のカバーの魅力を再認識することができました。

    CDを買われたみなさんは 今 そうだったのかーーっ、と
    一生懸命聴かれていると思いますよ~っ

    ありがとう!!

    JWAVEへ「74 GORO IN SUNPLAZA」送ります

    >Youtubeでも一時挙がっていたゴローが歌う「黒い炎」
    改めて聴いてカッコイイー!!って、思いましたもんね(^^♪

    へぇ~~。それは知りませんでした、、、。

    私は確かにGOROの「黒い炎」を毎日のように聴いていました。
    しかし、どのLPに入っていたのか、、、、


    >サンプラザのCD復刻盤にボーナストラックとして入れて欲しかった!
    残念だわ~~(>_<)

    ですよね。


    >ヒロミは日大芸術学部・・・一応入学したのかな?!

    ひろみは青学だったような、、まあ、どうでも良い話しですけどw
    入学はしたものの、超多忙のため通学はしてないのは
    確かですね。

    >ヒデキは・・・記憶になし^^;

    秀樹は明大中野高校卒ですね。

    JWAVEに電話しました。「’74 GORO IN SUNPLAZA」を送ることに
    なりました。送ったからといってリクエストに応じるとは限らないとの
    ことでしたが、みんなでリクエストすれば聴けるかと思います。

    CDがあるので聴くのはカンタンですが、世間の多くの方に
    洋楽を歌うGORO歌唱力を知って欲しい!!のです。

    「’73 GORO IN KOKUSAI」も送りたいのですが、開封したので、
    どうかな、、と思いまして。でも一回も聴いていません。
    あの頃の興奮が蘇ってきて、切なくなるので、聴けないです。

    今日は「’78野口五郎日生劇場特別リサイタル」DISK2を聴いてます。

    「アドロ」
    「見果てぬ夢」
    「水平線へ」
    「レットイットビーミー」が好きです。






    訂正

    「追憶」ではなく「メモリー」
    キャッツのテーマ曲だった方かも知れません。
    バーバラ・ストライザンドでも、ついつい好きな「追憶」をm(__)m

    「黒い炎」ですが、
    最初は74年5月の文京公会堂「告白」のリサイタルで聴きましたが・・・

    その後のロンドン録音アルバム「愛ふたたび」も
    ドラムやホーン・セクションがめちゃカッコ良かったですよね(^^)/

    Youtubeでも一時挙がっていたゴローが歌う「黒い炎」
    改めて聴いてカッコイイー!!って、思いましたもんね(^^♪

    サンプラザのCD復刻盤にボーナストラックとして入れて欲しかった!
    残念だわ~~(>_<)

    因みに、ヒロミは日大芸術学部・・・一応入学したのかな?!
    ヒデキは・・・記憶になし^^;


    帰って来たGOROファンさん、情報ありがとうございますね。

    次はWAVEへ「‘74 GORO IN SUNPLAZA」送りたい。。

    >プラスロックをカバーされていたのですね~っ

    ブラスロックっていうジャンルがあるのですね。知らなかったです。


    >どこかで聞かれたということでしたら
    やっぱりコンサートなのでしょうねっ

    毎日のように聴いてましたので、コンサートの他に、
    レコードでも聴いてましたが、復刻CDの
    「’73 GORO IN KOKUSAI」にも「‘74 GORO IN SUNPLAZA」にも
    入ってないんです、、、。
    もしかして、復刻CDとLPレコードは多少、違うのか、、、


    >五郎さんは 大学に行きたいという気持ちがずっとあって
    すごく悩まれたようですが

    それは知りませんでした。お兄さまは大学へ行ってますから、
    GOROも悩んでいたんですね。

    >あまりにも 忙しすぎた、ということがあるのでしょうね。

    高校へ通う時間もなかったでしょうね。
    いつ、どこで歌詞を覚えるんだろ?って不思議でした。

    >当時はあまり五郎さんの洋楽のカバー作品が
    >きちんと評価されてなかったように思います。

    同感!!!です。
    あれほどまでにそつなく激しいロックから
    バラードまで歌いこなせる歌手はいないです!

    >ラジオは北海道の局ですが
    >どうか北海道の方には
    >リクエストをお願いしますーーーっ!!

    北海道でなくてもリクエストはできますよね。

    わたしは聴けない場所に住んでいますが、リクエストはしました。
    「アイラブユーモアザンユーネバーノー」です。

    FM東京からはお返事がきませんので、
    明日はJWAVEにメールしてみますね。





    Re: 「黒い炎」カッコイイ!!

    帰ってきたGOROファンさん ありがとう!!

    ほんと すごくカッコいいプラスロックをカバーされていたのですね~っ
    動画のチェイスの歌を聴いて びーっくり。

    これは超カッコ良かったでしょう。
    どこかで聞かれたということでしたら
    やっぱりコンサートなのでしょうねっ
    いやー これは聞きたかった!!

    五郎さんは 大学に行きたいという気持ちがずっとあって
    すごく悩まれたようですが
    あまりにも 忙しすぎた、ということがあるのでしょうね。
    忙しい、とひと言で言っても
    きっと想像を絶する忙しさだったのでしょう。

    私が忙しい、と感じるレベルも
    五郎さんには のんびりしたものでしょう。
    すさまじい時代を生きて来られたのだなぁ。

    修学旅行の・・・・靴下までしっかりと覚えていらっしゃって
    ファンってすごいですよね!!(笑)
    私も五郎さんの楽しそうな記事を
    なんとなく思い出します。

    それにしても
    当時はあまり五郎さんの洋楽のカバー作品が
    きちんと評価されてなかったように思います。

    こうして 復刻されることで
    たくさんの人が 聴かれて
    おーーっすごいっ!!
    って 驚いていただけるとうれしいですね。

    それから ラジオは北海道の局ですが
    どうか北海道の方には
    リクエストをお願いしますーーーっ!!

    Re: 私も!

    マーサさんありがとうっ

    > 「黒い炎」(チェイス) 
    '74サンプラザで歌われたんですよねっ

    おかげさまで チェイスの作品
    YouTubeできくことが出来ましたけれど
    ブラスが超カッコイイ ロックではありませんかっ

    どんな風にアレンジされたかもすごく興味があるし
    五郎さんがどう歌われたかも
    ものすごく興味がありますっ。
    絶対カッコ良かったと思うなぁ

    いいなぁ 生で聴けた人は幸せです~

    > 「ジャニスの祈り」(ジャニス・ジョブリン)
    > 「アンジー(悲しみのアンジー)」(ローリング・ストーン)
    > 「落葉のコンチェルト」(アルバート・ハモンド)
    > 「追憶」(バーバラ・ストライザンド)

    またいろいろと 調べてみるのも楽しいです。
    教えてくださってありがとう!!

    そうですか
    上智大学ですか~

    しらなかったなぁ!
    そのようなことを おっしゃっていらした時もあったのですね。

    こうして振り返ると
    五郎さんの 気持ちさえ見えて
    じーんとしますね。

    No title

    のりえさん、マーサさん、季節風さん、
    以下のサイトをご覧ください。

    http://www.stv.ne.jp/radio/rikupura/index.html

    今月19日は、ライブ盤のリクエスト受付けだそうです。

    これから、「‘74 GORO IN SUNPLAZA」をラジオ曲に
    送ります。土曜日ですけど本局まで行けば大丈夫です。

    GOROの幅広い歌唱力を聴いて頂くチャンスですね!

    「黒い炎」カッコイイ!!

    >「黒い炎」(チェイス) 

    この曲、大大大好きです。カッコイイ曲ですよね!!
    トランペットがカッコイイ、曲の終わり方もカッコイイ!!

    こんな曲も難なく歌いこなしていたGORO。
    「’73 GORO IN KOKUSAI」に入ってたような気がするのですが、
    復刻CDを見たら(聴けない、かっこよすぎて狂いそうなので聴けないのです)、
    入ってませんね、、、

    わたしは一体、どうやって毎日、GOROの「黒い炎」を聴いていたのか、、、


    >「ジャニスの祈り」(ジャニス・ジョブリン)
    >「アンジー(悲しみのアンジー)」(ローリング・ストーン)
    >「落葉のコンチェルト」(アルバート・ハモンド)
    >「追憶」(バーバラ・ストライザンド)

    全て名曲ですよね。わたし、GOROが歌ってた記憶がないので、
    1978年以降に歌ったのかも知れませんね。

    >昔、明星か平凡だかに大学進学希望校として上智大学を挙げていて

    GOROは頭が良いので、勉強する時間さえあれば、
    上智へ進学できたと思います。高校に通う時間がなかったので、
    諦めたのでしょうね。

    堀越学園の修学旅行には参加していましたね。
    平凡か明星で見ました。当時はまだ、一般人はおしゃれな人が
    いませんでした。当時は、『男が外見に気をつかうべきではない、
    男はリンス(コンディショナー)すべきではない』みたいな風潮があり、

    芸能人は長髪、一般人は坊主頭みたいな感じで、
    GOROひとりだけが修学旅行生の中で、異次元の世界にいました。

    まるで合成写真のように、一般人の中に王子様が紛れ込んだ
    ようでした。

    皆、高校生らしく白いソックスをはいていたのに、GOROだけが
    おじさんが履く黒い靴下をはいていました(笑、笑)
    お父さんのを履いて修学旅行に行ったのかと思うほどでしたねw

    GOROは、若い頃から、おしゃれには全く興味がないようでしたね。
    ステージでいろんな衣装を着る反動かも知れません。

    話題は変わりますが、新御三家時代を思い出すと、
    三人が無理矢理、役割分担されていたようですね。

    明るいひろみ、
    ワイルドで激しい秀樹、
    静かな五郎。

    GOROの本当の姿は、全ての面を持ち合わせたGOROだと
    思うのですが、役割分担を科せられて、シングルカットされた
    GOROのイメージが定着したのだと思います。

    シングルではGOROの力量を知ることができません。

    「最後のカード」(「アルバム南十字星」・・・私は買っていないが)は、
    シングルカット盤に近いイメージのGOROの力量が表現されている。

    「‘ライブ盤 74 GORO IN SUNPLAZA」では、
    「アイラブユーモアザンユーネバーノー」等の4曲では、
    GOROのギンギンロック歌手としての一面を知ることができます。

    歌手としての力量を問われる曲ですが、
    そつなく、歌いこなしています。












    私も!

    「Music」は最後のSTBで聴いてどこか懐かしいと思ったら
    昔ゴローが歌っていたのを忘れてましたわ^^;
    今ではジョン・マイルズの「Music」お気に入りに入れて聴いてますッ(^^♪

    他にも、未音源化だと思いますが、是非知って欲しい・・・
    「黒い炎」(チェイス) 
    「ジャニスの祈り」(ジャニス・ジョブリン)
    「アンジー(悲しみのアンジー)」(ローリング・ストーン)
    「落葉のコンチェルト」(アルバート・ハモンド)
    「追憶」(バーバラ・ストライザンド)
    多分、♪Memories~と歌っていたのでこの歌だと思うのですが、
    ゴローの時は曲名は違ったかも?・・・チョッと自信がないですが。

    私がすぐ思い出せるのはこの位ですが、本当にまた聴きたいです!

    昔、明星か平凡だかに大学進学希望校として上智大学を挙げていて
    当時はへえーって思って(結局は進学しませんでしたが)
    洋楽歌うためには英語とか必要ですし、もう海外での録音とかも考えていたのかな!?

    Re: GORO、GORO、GOROの日々

    帰ってきたGOROファンさんありがとうっ
    熱い熱いーーーっ

    こんなに 熱く語ってくださる方が
    この時代に出てこられるとは思わなかったーーーっ。

    こんな風に熱く語ってくださる方が出てこられると
    今まで あまり興味がなかった方も
    あら、そうなんだ、
    ちょっと しっかり聴いてみよう、って思われたり

    へぇ~ 野口五郎という歌手には
    そんな世界もあるのか、
    面白そうだから聴いてみようか、とか

    すごいな、五郎って
    何でも歌える歌手なんだな、とか
    感じていたただけるきっかけになります。

    帰ってきたGOROファンさんの情熱があふれるコメントのおかげで
    私たちも熱くなっていますよ~

    ありがとう!!

    Re: 何か・・・

    マーサさんありがとう。
    私も「愛の肖像」が衝撃的で
    当時は その素晴らしさばかりを思っていたのですが
    こうして 復刻を機に
    じっくりと聴いてみますと
    めちゃめちゃ洋楽のカバーがカッコよくて
    その世界の貴重さを実感しました。

    五郎さんが歌われた洋楽の選曲も素晴らしかったですよねっ。

    あと「愛がすべて」とか 五郎さんにぴったりだと思ったし

    「Music」とか  夢の中にいるような気分になったものでした。
    ラジオで聴いたときは
    なんかすごい歌を聴いた、って
    ’76年 の全国縦断のライブ、鳥肌が立つくらいしびれたこと思い出します。 

    Re: GOROのカーリーヘア

    帰ってきたGOROファンさん ありがとう!

    私などは
    五郎さんのやわらかな雰囲気の長い髪にあこがれていました。

    なぜにチリチリに~っ?!って思ってしまいました。

    でも よく見れば
    ほんと、けっこう似合っているかもしれませんねっ。

    当時は自分の中のイメージが固まっていたように思います。


    ところで 今回 ライブ盤が 復刻されるとは
    本当に驚きました。
    いやーーっ
    今回ばかりは飛び上がってバンザーイバンザーイ、って感じでした。

    帰ってきたGOROファンさんの大好きな世界でもあって
    こんなに熱く語っていただけるわけですから
    有り難い限りです。

    おかげで 洋楽のカバーの素晴らしさを
    見てくださる方が再認識してくださったことと思います。

    ありがとう!!

    GORO、GORO、GOROの日々

    マーサさん、

    >ゴローの影響はあるかも知れませんが、70~80年代の洋楽で好きな曲が沢山あり

    わたしもそうです。
    わたしはGOROの影響で50~60年代のR&Bを知り、
    大好きになりました。
    70~80年代の洋楽も好きな曲が沢山あります。


    >私のゴローのイメージはあくまでもライブステージであり、シングル曲とかはあまり興味がないのですが^^;

    実は私もそうなんです。
    行動を共にしていた友達もそうでした。

    王子様ルックスなのに、ステージでは凄くワイルドだったり、
    王子様らしく甘くソフトだったり、
    ギターを弾くときの、目をつぶった恍惚の顔、、、

    完成度の高い歌声、、、、

    思い出すと気が狂いそう、、、

    1973年のライブを見るまでは、シングル曲(青いリンゴ~雨に消えた恋)
    が大好きで、全曲好きでした。
    その頃はまだ「博多みれん」は知りませんでしたね。

    ライブで洋楽カバーを聞いてからは、「これだ!!!!」って思って、
    シングル曲にはさほど興味がなくなりました。
    それでも好きなシングルはあります。
    「愛ふたたび」「19時の街」「スマイルアゲイン」(←これもカバーでしたね)


    今日は「ひとりぼっちの栄光」を聴いてます。

    「クレイジーラブ」は大好きです!「故郷に帰る」の頃から大好き。

    好き、好き、好きなのさ~~~~

    ここで、「故郷に帰る」では、
    キャー!!!になるのですが、

    「ひとりぼっちの栄光」では、キャーはないですね、、、
    ライブ盤では、キャーがあったほうが臨場感があって
    良いと思います。





    Re: 残念

    マーサさんありがとうっ

    今CDを出して聞き比べてみました。む
    「裏切り小僧」は79年の「南十字星」に入っていた作品ですが

    81年にシングルとして出されたのは
    「ON THE CORNER」に入っているものと
    同じだと思います~

    シングルにするのに
    ストリングスアレンジで
    さらに豪華になっています。

    そして 「ON THE CORNER」の歌詞カードに
    参加ミュージシャンのクレジットもありますが
    五郎さんが ハーモニカを吹かれていて
    その演奏が素敵で ほんとうにびっくりしますね。

    当時の自分としては
    五郎さんの 音楽のレベルの高さに
    ひいひいはぁはぁ
    ついていくのに息切れしていたという面もあったかもしれません。

    だから今聴くと
    おーーっ 楽しい~っ、って
    思えるようになった、という面もあり
    けっこう 自分も成長したかも、とか思っています。(笑)

    Re: 戸惑い

    季節風さん ありがとうっ

    このころになると ファンも
    夢の人を追うことより
    現実の方に目が向けられるようになり
    けっこう生活が忙しくなっていった頃のように思います。

    それにしても この時期には
    五郎さんに何か心境の変化がおありだったことは間違いないでしょうね。

    アルバムの中の一曲に終わらず
    シングルAとされたのは
    やっぱり 竜童さんの歌を歌いたかった、というのも
    あるのではないかなぁ~

    竜童さんの世界なら
    できれば 私は 「カッコつけて 突き放す」、
    くらいのがよかったなぁ~、
    とか思いますけれど
    ファンもそれぞれに 望む世界が違うし

    とにかくこのときの五郎さんには
    「裏切り小僧」だったのでしょうね。

    「イフ リーブ ミー ナウ」は
    これぞ野口五郎、という感じのする世界ですね。


    ところで今ふと 思ったのですが
    五郎さんが歌う「身も心も}
    聴いてみたかったですね~~っ

    あーー聴きたいっ!!

    何か・・・

    帰って来たGOROファンさんの
    >興奮してGORO、GORO、GORO ってなってしまいますから、、

    これは、サンプラザで「アイ・ラブ・ユー・モア・ザン・ユー・ネバー・ノー」等を
    聴いていた時は、そうゆう状態だったかもしれないなと思い出しましたわ。
    何せ、サンプラザは正直「愛の肖像」の衝撃で他は思い出せませんでしたから^^;

    ゴローの影響はあるかも知れませんが、70~80年代の洋楽で好きな曲が沢山あり今もよく聴いてますよ。

    私のゴローのイメージはあくまでもライブステージであり、シングル曲とかはあまり興味がないのですが^^;

    でも、ゴロー的にはこのアルバムのような音楽がやりたいのではないか?
    と感じるのですが、世間にはあまり知られてなくて、あくまでもシングル曲のイメージが強かったのではないかと・・・。

    GOROのカーリーヘア

    >このころは五郎さん自身が戸惑い、ファンも同じように戸惑っていたように思います。

    今、見るとカーリーヘア、似合ってると思います。
    当時、私がどう感じたかは思い出せません、、。

    1978年、YMOの登場で、街はテクノカットという短髪の
    男性ばかりで、長髪の似合う王子様ルックスのGORO
    (今は短いほうが似合いますが)は、時代遅れに感じられた
    時期でしたね。

    「裏切り小僧」は1981年でしょうか。だとすれば事務所も
    GOROも迷いがあった時期かも知れません。

    わたしはGOROに「’73 GORO IN KOKUSAI」
    「‘74 GORO IN SUNPLAZA」
    の路線でいて欲しかったのですが、路線が違ってきたので、
    GOROから離れてしまいました、、、。

    でも、今、復刻盤を聴いて、こんなに若くてこんなに洋楽を
    歌いこなせる歌手がいるのかと感動してしまいます。

    ラジオ曲へ「‘74 GORO IN SUNPLAZA」をプレゼント
    する件ですが、返事がまだ来ません、、、
    次の手段を考えます。GOROのライブ盤は、凄すぎます。

    今日は「ひとりぼっちの栄光」を聴きました。
    凄い!気が狂うほど好きなので、聴けません。
    興奮してGORO、GORO、GORO ってなってしまいますから、、

    残念

    81年と言うと、もうゴローからは離れていたので
    「ON THE CORNER」は復刻されたCDで初めて聴きました。
    どれもみんな良かったですが、この「If You Leave Me Now」
    確かに、ゴローの雰囲気にあっていそうな感じがしますよね!
    でも一番聴いていたのは「スクランブル・エッグ」と「裏切り小僧」^^;

    「裏切り小僧」のシングルって、このアルバムバージョンでしたか?
    79年の「南十字星」バージョンなら知ってましたが・・・

    私は編曲が船山氏にしても新井氏にしても、心躍るようなメロディが好きで
    もっとリアルタイムで聴きたかったなあ~って思いましたよ(>_<)

    戸惑い

    アンケートにも書きましたが「裏切り小僧」よりこの曲をシングルにして欲しかったって思います。
    どーしても「裏切り小僧」と五郎さんは結びつかない…(笑)
    あくまでも想像ですが、スタッフ側は五郎さんのイメージ通りの「イフユー…」を押して、五郎さん自身は暗いこの曲を嫌って、今までのイメージを払拭するかのような「裏切り小僧」をシングルに したんじゃないかな…って思います。

    あのカーリーヘアも五郎さんの色んな事に対する抵抗だったのかも。当時はあらら五郎さん、どうしたの?って思いましたけどね。

    このころは五郎さん自身が戸惑い、ファンも同じように戸惑っていたように思います。

    でもそんな時期もあったからこそ今の素晴らしい五郎さんがあるんですよね!


    前奏のフルートの音色から哀愁感たっぷりで引き込まれます。
    カセット『愛amセンチメンタル』で、恋人や結婚の浮かれたトークのあとに「でも今の僕にはこういう曲の方が合ってる気がします」とこの曲と「風の駅」を歌う流れが五郎さんらしくて好きでした。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    1019位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    153位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック