「氷をゆらす人」  野口五郎

    「氷をゆらす人」  野口五郎          
    作詞・浜辺芳光・伊藤アキラ 作曲・三木たかし 編曲・船山基紀 
    1981年4月21日発売A

    ゴールデンウィークは
    私たちはGORO weekという感覚なのだけれど
    なにしろ職業柄 この時期はあまりにも忙しく
    どうにも身うごきがとれなくて悲しいところです。

    コットンクラブというところが
    どんなところか 一度は行ってみたいものですが
    なかなか現実は厳しいのです。

    さて もう 何を書いたか よくわからなくなっているのですが
    まだ この曲について 書いていないことに気がついたので
    気がついた時に書いておこう!!

    三木たかしさんのシングルA面作品というと
    「序曲愛」と「氷をゆらす人」しかありませんが
    名曲です。

    当時のファンは まだ 大人になっていなかった・・・というか
    精神的にも幼く 世間も知らず 恋愛もいまひとつよくわからず・・・
    といった年代だったように思います。

    なのでこの歌を聴いて
    おしゃれな大人の世界だな~っ、と
    思ったけれど いまひとつ ピンとこなかったというか
    等身大の自分より あまりに大人過ぎて ついていけなかったように思います。

    その後 年を重ねてきたけれど
    このように 氷をゆらす場所に通うこともなく
    なんというか この歌の世界が
    自分には縁遠い雰囲気。

    けれど 時には クールに
    すべてを悟りきった顔をして
    長い髪をかきあげ、涼しげに、
    大人の翳りをみせながら
    過去を振り返ってみたい時もあります。

    当然 絵にもならず
    そこは自己満足の世界なのだけれど
    そんな時こそ この歌を聴いて
    クールに自分を見つめてみるのがいいです。

    自分だけの世界を大切にたい時こそ この歌。

    また会う日が いつかこのぼくに
    再び許されるなら
    ぬれたあなたの肩 はなしはしないけど
    氷の笛が鳴る


    また会う日が許されないから
    人は歌で歌うものなのでしょう。

    当時の自分には ちょっと大人過ぎて難しかった。
    だけど いい曲を歌われていたと いまさらながら感じます。

    今 聴くと クールでかっこいい。
    自分の持っていない世界や雰囲気を
    自分の中で感じることも
    大切だと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    コメントありがとうございます❗

    コメント、ありがとうございます❗
    これからもよろしくお願い致します❗
    それぞれの環境の中で
    五郎さんの歌を大切にして
    これからも前に進んでまいりましょうね❗

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントありがとうございます!!

    きゅうさん コメントいただきありがとうござます!!
    見ていただくだけでも本当に感謝ですのに
    コメントを残していただれるなんて感激ですっ。


    一人が100回素晴らしさを叫んだら
    ただの変な人、という印象になりますが
    10人の人が一回ずつ素晴らしさをつぶやくと
    これは 本物だろう、って 
    世間の人に伝わりますっ

    だから すっごくうれしいですっ
    ありがとう!

    私も復活組なのですよ。
    結婚、子育ての間は お休みしてましたっ。

    そうそうっ
    時代を先取りされてんですねっ。

    ようやく追いついたのかもしれませんっ
    だから今聴いてもとっても楽しめるし
    胸に沁みますねっ

    復刻されたら きっと 何かが変わりますよ――
    もう 本当に楽しみですーーっ

    よかったらこれからもよろしくおねがいしますね!!
    ありがとうございます!

    ゴローさんのギター只者じゃない

    初めまして、初こめです。ぶろぐは拝見しておりました。ファンを離れていたもので、m(_ _)m最近ユーチューブで見て、すごいいい曲だ!と。ゴローさんって、やっぱりすごい!!
    時代がついていってなかった?
    ゴローさんが先取りしてたんだと思いましたね。
    1980年代のゴローさんのきょく、今聴いたらお洒落だし名曲ぞろいです。
    今から再販CDなどで、彼の世間の評価は間違いなく変わると確信してます!!本物は残るということだと。私はこの曲や裏切り小僧、女になって出直せよとか大好きに、改めてなりました。ファンを離れたことがクヤマレマス。その分今から精一杯応援したいです!

    おかしくて笑った~っ

    ユキユキさんありがとうっ

    ごめんねっ
    >『グラスを揺する人』

    これ、声を上げて笑ったわ~~っ
    歌詞を変えて歌ってみたら さらに可笑しくて~っ

    だけど そういうことなのですよね。
    ちょっと 難しく感じた、ということです。


    別れた人を 思い出す。
    もうどうにもならない相手のことを
    わりと冷静に 振り返っていることが
    当時の自分は子供だから よくわからなかった~

    私だったら

    もう一度逢いたい
    もう一度二人で
    氷を揺らす日を~

    とかなんとか 言っちゃうんだけど
    やっぱり クールな大人は違うんだな~、とか思った~

    ところで「19:00の街」は
    最後の「にじむように浮かびあがる19:00の街」と
    最後に 都会の街に視線を パッと変えたことが
    孤独感や 一人で生きる覚悟まで見えて
    ものすごくよかった。

    詩の世界も奥が深いですね~。

    Re: コットンクラブ

    季節風さんありがとう~~~っ
    遅くなってごめんなさいねっ

    なにしろあなた、
    もう本当に忙しかったのよー。
    まったく落ち着かなかった~

    やっと平常にもどれました。

    この歌は クールで都会的な感じがしますね。
    男性には 特に好まれる作品ではないかなぁ。

    五郎さんの歌唱も
    グッと男っぽく 最初の「ひとり想い出グラス」を聞いただけで
    おっ なんか違うーーーっ!って感じがしましたものね。

    三木たかしさんの楽曲では
    私は「序曲愛」の方が好きかなっ。ははっ
    季節風さんは「氷をゆらす人」なのですね。
    みんな違ってみんないいんです!!

    どちらも とても素敵な作品ですものね!!

    意味不明

    のりえさんがおっしゃる通り当時の私たちには大人過ぎて歌詞が意味不明でしたね。
    タイトルの意味もわかりませんでした。
    『氷をゆらす人』ってどんな人だろうって思ってました。
    お酒の入ったグラスの中の氷をゆらす人のことをいっていると気づいたのはだいぶたってからでした。
    普通に『グラスを揺する人』ならわかりやすいのにと思ったものです。
    でも今聞いたら本当にお洒落で素敵な歌ですよね。
    季節風さんのコメントの通り『19時の街』の次くらいにいい歌だと思います。
    本当にもっとヒットして欲しかったですよね。

    コットンクラブ

    …値段もお高いし、席もなかなか取れないし…でSTBや博品館にみたいに気軽に行けなくなったような気がしてチョット寂しいかな(泣)

    行ける人が羨ましい~。


    「氷をゆらす人」。意外にもまだ取り上げてなかったんですね。大好きな曲です!氷をゆらす人ってタイトルからしていいですよね。

    歌詞の「濡れたあなたの肩 離しはしないけど 氷の笛が鳴る~」の部分が好き。
    絶対、ヒットすると思ったけどなぁ…。

    三木たかしさん作曲って「序曲愛」と、この「氷をゆらす人」の2曲だけだったんですね。ちょっと意外でした。

    今でもライブでよく歌われる「序曲愛」より僕はこの「氷をゆらす人」の方が好きです。

    五郎さん自身のギターもさることながらピアノの音色もまたオシャレ~うん、この曲はとにかく全体的にオシャレだ^^

    個人的には五郎さん80年代の曲の中では、19:00の街に次ぐ名曲だと思います。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    324位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    45位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック