「卒業」野口 五郎

    「卒業」野口 五郎
    作詞・伊藤アキラ 作曲・トミー・スナイダー 編曲・田白マキ
    1981年発売アルバム「ON THE CORNER」

    2/23日に アルバムが発売されました。
    なにしろ 特典付きということで
    ファンのみなさまも 気合い入れて購入されたことと思います。

    発売された週は テイクアウトライブがダウンロードできませんで
    ジタバタとしてしまいましたが
    自分が持っていたスマホが あまりにも容量が小さかったので
    入らなかったのでした。

    前から そろそろスマホも変えようかな・・・と思っていましたので
    よいきっかけになりました。
    それにしても よくわからなくて
    なぜに、どうして?と 悪戦苦闘。
    なさけない限りです。
    持っていたスマホがこんなに容量が小さかったなんて
    知らなかった~(泣)

    そんなこんな・・・でしたが
    テイクアウトライブもDVDもしっかりと見る事が出来
    ほっとしました。

    五郎さんはパワフルいらっしゃいますし
    どんどん進化していらっしゃいます。

    大変なお宝が入っていました。
    思わず涙が・・・・・。

    そして テイクアウトライブも
    DVDも・・・・
    私の知らない五郎さんがそこに・・・・。

    本当に盛りだくさんで圧倒されるものでした。

    スマホの容量はどーーんと増えたのですが
    自分自身の容量が・・・・とほほ・・・。

    ペースは遅いですが
    自分のペースで 今回の作品も
    じっくり聴いて楽しませていただこうと思っています。

    ちゅりさんとのデュエットも
    私にとっては衝撃的です。

    五郎さんってすごい。

    今年は 五郎さんがすごい。


    また聴く回数を重ねてから
    書かせていただきます。

    さて今日は
    三月という季節でもありますし
    「卒業」です。

    1981年発売アルバム「ON THE CORNER」
    2013年にタワーレコードから復刻されました。

    この歌は当時の自分でもよくわかった。
    まだ高校生だったから。

    学生でにぎわう街 みんないつか旅立つ人
    君のこと忘れないよ 君のこと忘れないよ


    ここが好きだった。
    ハモリが入っているところも心地良くて好き。

    切なさが 胸に広がった。

    なんともいえない 
    80年代独特の
    あの時代の感覚が この歌に焼きついたのは
    この曲をよく聴いたからでしょう。

    このアルバムでは 随分と五郎さんの印象が変わった気がした。

    私も 自分の人生を決める時代でした。
    自分の進路を決めることで 日々悩み迷っていた。
    不安もいっぱいあった。

    そんなことをこのアルバムを聴くと思いだします。

    音楽って 人生を映すアルバムのようだと
    しみじみと思います。


    <CD収録曲>
    01. 砂の館
    02. 楽天家たちの島
    03. スクランブル・エッグ
    04. 闇
    05. If You Leave Me Now
    06. 卒業
    07. 裏切り小僧
    08. 風のホテル
    09. 友人“A”へ
    10. バレリーナ
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    五郎さんの抵抗。

    季節風さんありがとう!!

    この曲のハモリは とても心地よいですね。
    そして なんとも 離れていくさみしさが感じられます。

    > あとつい最近知ったのですがこのアルバムに入ってる「イフユーリーブミーナウ」は最初シングル化の予定だったそうですね。
    >
    > でも五郎さんの希望で「裏切り小僧」になったとか。
    > 冒険も必要だけど僕個人的には「イフユー~」の方をシングルにして欲しかったような気もします。

    正直私も~~~~~っ!
    まさに 野口五郎のイメージにぴったり、なのが嫌だったのでしょうか。
    このアルバムは まさに 変革のイメージで
    髪型もびっくりでしたが
    五郎さんの抵抗が感じられます。

    私は「裏切り小僧」については
    この曲の魅力をあまり理解できていないのが申しわけないのですが
    当時の五郎さんのイメージからすると
    あまりに遠すぎて 受けとめるのが難しかったです。

    だからこそ その曲で勝負したいと思われたのでしょうね。

    いろいろと 感じることや思うことがおありだったのだろうと
    理解してます。

    五郎さん二十代後半

    に差し掛かって色々考える時期に出たアルバムでしょうね。春が来れば何かが始まるけれどその前に終わりが来る 春が来て新しい道の前で ただ二人は黙るだけだね♪ 僕はこの部分も好きです。
    のりえさんが書いてるようにこの曲はハモりの部分が聴いていて心地いいですよね。

    ハモるなんて素人にはなかなか出来ないけど五郎さんはいとも簡単にできるんだからさすがアーティストだなって思います。

    五郎さんのハモりやコーラスは他のどんな歌手よりもソフトでキレイだと思います。

    あとつい最近知ったのですがこのアルバムに入ってる「イフユーリーブミーナウ」は最初シングル化の予定だったそうですね。

    でも五郎さんの希望で「裏切り小僧」になったとか。
    冒険も必要だけど僕個人的には「イフユー~」の方をシングルにして欲しかったような気もします。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    自由テキスト
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    486位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    72位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示