「天使(パレード)が空へ帰って行く」野口五郎

    「天使(パレード)が空へ帰って行く」野口五郎
    作詞:麻生香太郎 作曲:野口五郎 編曲:山中涼平
    アルバム『PARADE』1982年6月1日発売

    シルバーウィークなどで忙しすぎたので
    久々に唇に熱の花など出て なかなかしんどかったのですが
    よくがんばったと自分でもほっとしているところです。

    ありがたいことに今見たら プログの拍手が「56」!!
    なんて縁起がいいのでしょうっ。
    有難いことです。うれしい~っ。
    そうだ ぐったりとしている場合ではない、と
    シャキーーン!と拍手に背中を押される気持ちなのです。

    さて今日は 「 天使(パレード)が空へ帰って行く」
    見上げる秋の空は とても優しくて
    深呼吸して ほっかりとしますが
    そんな時 浮かんでくる歌はこの歌です。

    このアルバムは クレジットは「山中涼平」とありますが
    五郎さんのお兄さんの別名で
    実質 兄弟アルバム。
    (もしかして山中は堤(ダム)にかけたのかな?そして水(サンズイ)がついたのかな?
    いずれにしてもお兄さんのリスペクトの気持ちを感じる名前だと思います。)
    そんなことを思いめぐらせるのも
    アルバムを楽しむ要素のひとつでもあります。


    「天使(パレード)が街にやってくる」で始まり
    「天使(パレード)が空へ帰って行く」で終わる。
    一枚のアルバムできちんと完結してあるところも
    とても良いと思います。

    そしてこの最後の歌は特に
    麻生香太郎ワールド全開。
     色彩豊かなメルヘンの世界。

    そして人生の意味をともに考えるような優しさです。

    「泣かせた分だけ愛することが
    どうして僕はできなかったのだろう」

    「出逢えば必ず別れがくると
    どうして僕は気づかなかったのだろう」


    まだ当時の自分は そんなこと
    まったく考えたこともなくて
    知らなかった、というレベルの、
    なんとも人として幼なかった時代。
    まだ何も悟れていなかったけれど
    こういう言葉と出逢っていたことは
    とても大きいような気がします。

    五郎さんの歌声は とても穏やかで
    優しさに満ちていて
    聴いていると なんだか安心する感じ。

    このアルバムの中では
    色んな歌い方もされて ちょっと冒険もされているけれど
    この歌を聴くと
    あぁ この五郎さんでよかった、と
    ほっとするし
    歌声に癒されます。

    「ありがとう ありがとう
    それしか今は言えない」


    このフレーズが とてもいいと思います。
    このフレーズを聴いて
    いっしょに歌う時、
    心に沁み渡り
    心が満たされます。

    ふとした瞬間に
    このフレーズが出てくるときがありますが
    その時は 心がとても穏やかで
    感謝の気持ちが溢れているときです。

    出逢いがあれば 必ず別れがきますが
    さようならの時は
    「ありがとう」と感謝する時なのですね。

    このような
    優しくて穏やかな歌の世界があることも
    とてもうれしいことだと思います。

    収録作品
    01. 天使(パレード)が街にやってくる (作詞:麻生香太郎 作曲:山中涼平 編曲:山中涼平)
    02. 星型爪環(プチネ) (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    03. 海岸通りの人たち (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    04. 青い鳥逃げた? (作詞:麻生香太郎 作曲:野口五郎 編曲:山中涼平)
    05. 夢がさめればブルース  (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    06. 光ある限り君を (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    07. 横須賀タトゥー  (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    08. I Love You  (作詞:麻生香太郎 作曲:野口五郎 編曲:山中涼平)
    09. 三叉路  (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)
    10. 天使(パレード)が空へ帰って行く  (作詞:麻生香太郎 作・編曲:山中涼平)


    Produced by 佐藤寛、五野洋
    Arranged by 佐藤寛

    <参加ミュージシャン>
    野口五郎(g, vo)、渡嘉敷祐一(ds)、林立夫(ds)、
    岡沢章(b)、後藤次利(b)、
    今剛(g)、矢島賢(g)、芳野藤丸(g)、吉川忠英(g)、笛吹利明(g)、
    山田秀俊(key)、大谷和夫(key)、中西康晴(key)、
    浜口茂外也(perc)、岸義和(tp)、数原 晋(tp, flh)、新井英治(tb)、
    Jake H. Concepcion(sax, cl)、EVE(vo)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    でっかいケーキ!!

    のりぴんさん ありがとう~っ
    ご実家にありましたか!!でっかいケーキ!(笑)

    今回復刻されましたが
    中に入っているポスターとか歌詞カードとか
    けっこう大きいですよねっ!!
    オーーっ がんばってくれてるーーっ!!って
    すっごく思いましたっ。

    このアルバムは 五郎さんが楽しんで作られたんだなぁ、って
    すごく感じますね。
    だから 聴いていても楽しいんですよね~。

    なるほど〜

    復刻版で聴いて、すごく好きだなぁと思ったCDアルバムでした。
    ここで皆さんのコメント読んで色々お勉強してます(^ ^)
    で、なんと、実家にあったんですよ、でっかいケーキのLPが‼︎

    風雪のいく年月が経ったのでしょうかねぇ、すっかり忘れてました^_^;
    やっぱりでっかいケーキの方がいいなぁ、、
    でも今はなんでもコンパクト、手のひらサイズですものね。
    TOLの五郎さんも大好きです♡

    若い日々には色々とある。

    ユキユキさんありがとう!!
    レコードジャケットを顔写真にされなかったのは
    正直 ものすごくがっかりしましたね~
    顔が命、の 野口五郎さんだと思ってましたからね~!

    五郎さん、何か怒っていらっしゃるのでは・・・と
    私は思いましたもん。
    何かに対しての抵抗、のようにも感じました。
    でもね~
    田舎で ささやかに応援しているファンにとっては
    なんともさみしかったですね~

    でもまぁ みんな若かったですからね~
    ファンだって 言いたいことを言い過ぎていたかもしれませんし
    五郎さんだって 言いたいことも言えず
    つらいこともいっぱいあったのではないでしょうか。

    「横須賀タトゥ」なんて 
    ひゃー、なんて びっくりでしたけれど
    それもあり、で 今となれば 貴重な世界ですね。

    音楽で昇華していただければ それでよーーし!!、です。

    > 友だちはこれと同じケーキを作って下さいってケーキ屋さんにお願いしたら断られたと怒っていましたよ。

    あはっ
    ユキユキさん そのエピソードおかしい~っ
    笑ったーーーっ!!

    はっちゃけてる。

    季節風さんありがとう!!
    そうなんですよね。
    あぁ 五郎さんらしくてよかった・・・って
    思っちゃうんですよね。

    途中はお祭りっぽく はっちゃけてる~っ!、って感じで
    こういう世界もあるんだな、と
    楽しめばよいと思います~

    香太郎先生は 詩から受けるイメージとして
    優しくピンクに近い紫系のお色のイメージがあります。

    > 最近ケーキがちっちゃくなってCD化されたけどその前に「演歌の世界」や「通りすぎたものたち」などをまだまだお忘れですよー!(誰に言ってるんだ?(笑))

    そうよーーっ(突然マイクにかぶりついて叫ぶ!)
    「演歌の世界」は色々と作品の著作の問題があったにしても
    「通りすぎたものたち」は なんとか早いうちにお願いしますーーーっ!!

    16の季節

    あ、そうか。16って春夏秋冬×4=16の季節ってことかぁ~てっきり16歳の時に付き合ってた二人だと思ってました(笑)

    天使をパレードって読ますのは少し強引に感じましたね^^

    ポートレイトの五郎さんはロングヘアーもバッサリ切ってすごく爽やかですね。

    ケーキがメイン

    そうですよね。
    大きなケーキに驚きましたね。
    あの頃は『横須賀タトゥ』や『三叉路』は衝撃的でした。
    『天使』と書いて『パレード』と読ませるのはなんでだろうと思ったりもしました。
    一部のファンの間ではKさんとの別れを歌った歌という噂もありましたね。
    16の季節ってことは4年もKさんと付き合っていたんだあと妙に納得したのを思い出しました。
    真相はわかりませんが。
    友だちはこれと同じケーキを作って下さいってケーキ屋さんにお願いしたら断られたと怒っていましたよ。
    本当に一生懸命応援していた頃のアルバムなのでどの曲も思い出深く今も大好きです。

    優しくなれます^^

    春か今の季節、秋に聴きたい曲ですよね。
    アルバム『パレード』は、あのジャケットにも収録曲にも「なんだか五郎さんらしくないなぁ」って少し違和感を感じたけど、この「天使が空へ帰って行く」と「天使が街にやって来る」「青い鳥逃げた?」の3曲にその気持ちが救われたような気がします。
    「やっぱり五郎さんはこうでなくっちゃ!」って。
    他の曲が悪いと言ってる訳じゃないんだけど…やっぱり優しい感じで溢れてるこれらの曲の方が聴いていてホッとするし、自分自身も優しくなれるような気がするんです。
    ライラックピンクってどんな色だろう?って辞書で調べたり、愛し合った16の季節よ~で「なーんだまだお互いそんなに若いのかぁ…」なんて思ったり色々思い出深い曲です。
    最近ケーキがちっちゃくなってCD化されたけどその前に「演歌の世界」や「通りすぎたものたち」などをまだまだお忘れですよー!(誰に言ってるんだ?(笑))
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    1021位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    155位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示