「なみだの操」 野口五郎

    「なみだの操」 野口五郎
    作詞・千家和也 作曲・彩木雅夫 編曲・馬飼野俊一
    1974年昭和49年12月21日発売アルバム「野口五郎演歌の世界/風に舞う花びら 」

    昨夜のNHKの歌謡コンサートは「ムード歌謡」の特集で
    「なみだの操」を宮路 オサムさんと、はやぶささんが歌われるのを聞きました。

    この歌は1973年 殿さまキングス名義で発売され
    累計250万枚も売りあげたモンスターヒット曲です。

    まぁ なんといいましょうか、
    詞をよく理解するとこわいのですけれど
    当時の自分には意味はわかりませんでした。

    でも なんとなく 
    ♪ちゃ、ちゃちゃちゃーん ちゃららちゃららちゃちゃちゃちゃん♪という
    イントロも軽快で乗りやすくて ついつい歌ってしまうような心地良い音楽に、
    何もそこまで・・・・というくらい
    納豆の糸ほ引くようなこってこての節回しが 不思議と気持ち良く、
    それにあのインパクトのある宮路さんの顔と声、ときたものだから
    頭から離したくても離れず
    クセになったというか 世の中の人がハマってしまった、という感じもします。

    当時の時代を映すヒット曲だと思いますが
    なぜか いやらしさもなく 妙に楽しくさえ感じられ
    今聴いても 心地良い 不思議な魅力のある作品です。
    こういうのを名曲というのでしょう。

    で、昨日は宮路さんの変わらない歌声を聴いて
    さすが!、と、とてもうれしかったのですが
    コーラスのハヤブサさんが 妙に明るくて、笑顔で、はつらつとしていて、
    楽しさとうれしさがあふれているような「なみだの操」になっており、
    (こういうのもありかもしれませんし 好青年で良いです)
    が、 ム・・・ムードはいずこに~・・・・と 正直がっくりとしてしまいました。

    だめだっ、私には無理っ!と
    五郎さんもカバーしていたことを思い出して
    すぐに 五郎さんの「なみだの操」を聴いて
    心が満たされました。

    このアルバムが出た頃はまだ五郎さん10代でしたが
    甘い愁いを秘めた まろやかな素晴らしい声をしていらっしゃいます。

    この若さで これほどのムードがあるなんて・・・
    今考えたらおそろしいくらいです。

    これほどの甘さとムードがあり豊かな美声を持つ歌手なんて
    これからもそう出てこないでしょう。

    よく一目ぼれする、ということがありますが
    野口五郎さんの歌声は
    一回聴いて 「はっ」として 好きになってしまうほどの
    魔力といいますか 魅力のある声です。

    事実 私はラジオを聴いていて
    野口五郎さんの歌を聴き ファンになったのです。
    容姿も もちろん 素晴らしかったのですが
    容姿が先ではなく この「声」に惹かれたというのが
    まず第一です。

    だから私は五郎さんが歌ってくださることに
    こだわり続けます。
    五郎さんの「声」が好きなのです。

    と、いつまでも話は尽きませんが
    まずこの演歌の世界のレコードジャケットが
    もうこの世の人とは思えないくらい美しいですし

    野口五郎さんの演歌が聴ける、という
    貴重で素晴らしいアルバムです。

    うらみはしません この恋を
    女だから


    この「なみだの操」も五郎さんの演歌のこぶしも巻き舌も聴けて
    聴いていたらすがりつきたい気持ちになるほどです。

    そして何よりこの低音が豊かで 
    しびれます。

    美しい青春の記念碑。

    人間らしくて
    情にあふれていて
    甘くて切ない。

    10代の五郎さんが歌えばこそ
    こんな大人の世界も穢れがなくて感動的です。


    このアルバムがCD化されないのが
    私は不思議でたまりません。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    若いってすばらしい

    季節風さんありがとうっ
    レコードジャケットが素晴らしすぎる~っ
    若いってすばらしいっ
    もう この世の人とは思えないくらい美男子ですね。

    歌謡コンサート見られましたか~
    なんだかなーーー
    もう言葉も出ないです。

    なんか感性が変わってきているのかな。
    この歌をこんな風に 笑って歌う時代が来るなんて・・・
    何を理解して表現しようとしているのかな~
       やっぱり私には無理だーーっ。

    五郎さんは若いけれど
    表現力が素晴らしいですね。

    魅力のある人には 翳りも感じられるものです。
    奥行きをかんじさせられる
    若い野口五郎さんの演歌。

    ものすごく魅力を感じますね!!

    美しい

    と言う言葉がピッタリのジャケットですよね。「野口五郎演歌の世界」
    権利の関係で復刻は難しそうだけどそこをなんとか!って思います。

    「なみだの操」のその歌謡コンサートは僕も見てました。ハヤブサか何か知らないけどあれじゃあの曲の持つ独特のムードやねっとり感も台無しだわ。何十年も歌われて来たベテランの邪魔をするなと言いたい。
    昨日も同番組で布施明さんが「恋のサバイバル」を歌ってだけど側でチャラチャラ踊る若年齢のやつらが邪魔で仕方なかったです(笑)
    五郎さんバージョンはねっとり感はないけど十代とは思えない大人っぽい歌唱でホントに素晴らしい。

    アイドル絶頂期にこのアルバムを出した関係者の方の判断も素晴らしいですよね。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    324位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    45位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック