「グッド・ラック」 野口五郎

    「グッド・ラック」 野口五郎
    作詞・山川啓介 作曲・筒美京平 編曲・高田弘
    1978年9月1日発売A

    トロピカルな雰囲気さえ漂う「グッド・ラック」
    しなやかでおしゃれな作品で
    当時はとても新しい感じがしてうれしかった。

    この年はロサンジェルス通信を出されたり
    秋には日生劇場リサイタルがあったりと
    五郎さんにとっては挑戦の一年。
    いろんなことがもっともっと報われても良い一年だったように思いますが

    正直五郎さんにとっては
    春から嵐のような一年だったように思います。

    この作品の前が「泣き上手」だっただけに
    この作品の男らしさがより際立って
    すごくうれしかったように思います。

    ヒット曲が出る、ということは
    歌手にとってはとても大きいことで
    この作品がヒットしたことは
    報われた感も大きく
    私たちファンも 心が解き放たれたようなうれしさと
    胸をなでおろすような安堵感がありました。

    この曲は五郎さんの低音部をいっぱい聴かせてくれて
    なんだか男らしくてかっこいい、と思いました。
    そしてそれによって、より高音部の伸びやかさが心地良く響いています。

    ごめんよどうやら別れの時間だ
    ひと箱の煙草が終わってしまった


    このクールさがいい。

    時には自分もこんな風に
    さらりとかわしながら しなやかに生きるのもいい。

    すっきりとして気もちがいいし、
    なによりみんなに支持された作品ということが
    ファンとしてもうれしいことでした。

    この一曲は 五郎さんもファンにとっても
    必要な一曲だったと感じられます。
    この一曲があった意味は大きいです。

    心を解き放ってくれた作品のように思います。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    心強いお言葉。

    ユキユキさーーん ありがとう!!

    心に響く歌というのは
    歌詞が「ふっ」と心に入ってゆく歌、だと思うので
    今度の新曲は そんな歌だったらいいなぁ。
    きっと つんくさん
    いい詩を書いてくださると思います!!
    京平先生とはどなたが組まれるか
    なんかそれを想いめぐらせるだけでわくわくーーーっ。
    作詞家さんは誰でしょうね!
    作詞の方がどなたかで
    五郎さんの気持ちも見えるような気がしますね!

    > 幕張のイオンに集まった人たちを見て五郎さんはまだまだイケると思いました。

    おーーーっ
    心強いお言葉っ
    ありがとう!!

    歌手である以上
    ヒット曲を持つことは
    本当に何よりもうれしく頑張れることですものね。

    五郎さんが泣いて喜んでくださるくらいのことを
    私たちもできると良いのですけれどもねーーっ。

    私たちも新曲に向けて
    体調を整え気力を充実させましょうねっ。

    えいえいおーーーーっ。

    遅くなりました。

    季節風さん ありがとう!!
    ちょっと忙しくて失礼しました。
    ユキユキさんとのお話も弾み
    私もとっても嬉しく拝見してました。

    やっぱり歌手である以上
    歌が売れるということほど
    うれしいことはないと思うし
    なにより励みになると思います。

    新曲は 本当に楽しみですよね~っ。
    五郎さんも 45周年ということで
    がんばっていらっしゃるわけですから
    私たちも 出来る限りの努力をしなくては!!

    どんな作品になるか
    本当に楽しみだーーーっ。

    季節風さん

    丁寧なコメントをありがとうございます。
    『愛がメラメラ』のポスターは私も欲しくて季節風さんの様に店の人に言いましたが断られました。
    同じ様な経験をしていて驚きました。
    確かにどの歌も宝物ですね。
    売れても売れなくても大切にしたいですね。

    ユキユキさん

    五郎さんの歌は全部好きなのでどれが何位だったとか、あまり順位は付けたくないんだけどやっぱりチョット気になりますよね(笑)

    今のところ最後にベスト10入りしたのはオリコンでは「グッドラック」で、ザベストテンでは「19:00の街」です。

    「愛がメラメラ」は奮闘して30位まで行った気がします。発売時、レコード店に行くと愛メラのCDが10枚近く並んでて「こりゃ、行くぞ~!」なんて期待したなぁー。 店頭に愛メラの販促用のポスターがあったので店員さんに「コレ、はずす時に譲って貰えませんか?」って聞いたら「それは出来ません」ってあっさり断られて「ケチだなぁ~」なんて思った記憶があります(笑)

    「別れのエチュード」はポリドール時代の最後のシングルですよね。以降TDK、トーラスと移籍しましたが五郎さんと言えばあの赤いロゴマークのポリドールのイメージが強いです(笑)「過ぎてみれば短すぎた~二人だけの愛の暮らし~」良い曲が必ずしもヒットするとは限らないんですよねー。


    でも五郎さんにとってはグッドラックも1900の街も別れのエチュードも愛がメラメラも全て宝物みたいなものでしょう。もちろんファンにとってもね(^3^)

    そうですよね

    今年は45周年ですし新曲がヒットして欲しいですね。
    『19時の街』を最後にベスト10入りしてなかったんですか。
    『愛がメラメラ』は結構ヒットした気がしたんですが。
    『別れのエチュード』もいい曲ですよね。
    みんなで盛り上げてヒットする様に祈りましょう。
    幕張のイオンに集まった人たちを見て五郎さんはまだまだイケると思いました。

    ヒット曲♪

    考えてみればオリコンベスト10入りは今のところこの曲が最後なんですよね。
    何も曲がヒットする云々が全てじゃないけどファンとしてはやっぱり大ヒットして欲しいのが本心。

    今度7月に発売される新曲はこのグッドラックと同じ筒美京平先生の作曲みたいですね。どんな曲なのか今から楽しみ♪そしてここらでまた大ヒットして欲しいなぁ~って思います^^

    新鮮

    のりぴんさんありがとう!!
    ゴールデンウィークは五郎さんの歌をいっぱい聴けましたか?!

    そうそう ただ一曲だけを聴くのではなく
    他の曲と一緒に聴くと
    また新鮮な感覚で耳に入ってくるから不思議ですね~っ

    >いい曲というのはこういうことなんだなぁと、改めて思いました。

    いいことをおっしゃいますね。
    本当にそうなのだと思いました。
    改めて私も納得!です。

    ありがとう!!

    聴けば聴くほど

    今持っているCDの中に3つ入ってまして、それぞれに違う曲の後なんですが、今日は"南十字星"聴いてたら最後のボーナストラックで入ってまして、それまで聴いていた曲の雰囲気となんだかとても馴染んで、新鮮な感じで聴きました。いい曲というのはこういうことなんだなぁと、改めて思いました。

    おぉ マイベストですか!

    ロンシャンさんありがとうございますーーーっ
    イオン幕張に行かれましたかーーーっ!!

    グッド・ラック がマイベストなのですねっ。
    「マイベスト」と言い切っていただける作品、というのが
    うれしいですねーーっ!!
    そして新御三家の三人の、それぞれの良さもきちんとわかって
    その上で この作品が良いと
    言っていただけることが とてもうれしいと思いました。

    当時お三人が並ばれると
    この世のものとは思えないほど
    本当にかっこよくて
    おとぎ話の中の王子様のようで
    惚れ惚れとするようでしたし
    ため息が出るようでしたね~

    考えてみると
    なかなかこれほどまでに素晴らしいルックスの人っていないと思うし
    いまだに・・・いないんじゃないでしょうか。

    そして 何といっても歌手ですからね。
    歌手としても魅力があった、ということですね。

    とくにお三人は 声が良いです。
    そのことを今も感じますね。

    ますます今年は活躍していただきたいなぁ~。

    マイベストです!

    取り上げていただきありがとうございます!カラオケはグッドラック〜序曲 愛と続きます!歌詞的には意味深な繋がりになりますが、単に歌いたい順なんです(^∇^)!
    この曲の1978年秋は、GOROのグッドラック、ひろみのハリウッドスキャンダル、秀樹のブルースカイブルーと、3人とも新しい魅力的な曲が揃い、何れも素晴らしく、アイドルを遥かに超えたスターの歌唱でした!
    最近はコンサートに行って無いのでわかりませんが、歌われているのでしょうか?奥様の手前、歌いにくい歌詞かも?
    5月6日はGOROにちなんでイオン幕張新副都心でステージ!!行ってきまーす!

    ありがとうございます。

    ファヴォリ さま
    書き込み 誠にありがとうございました。

    人生は色々とありますが
    まだわたしも 人にアドバイスできるほど
    修行を積んでいませんので
    お詫び申し上げます。

    長崎でもおっしゃっていた五郎さんのお言葉を
    ここに書かせていただきますが
    きっと その言葉がファヴォリさまの力になるのでは、と思いました。

    「死ぬこと以外は かすり傷」
    と五郎さんがおっしゃっていました。

    あと私が思いますのは
    「清く正しく美しく」を心掛け
    生きていけば こわいものなし、だと思います。
    正しい行いをしていれぱ
    今は結果が出せなくても
    きっと良い方向に向くと
    私は考えます。

    この程度しか
    お話できることもない自分ですが
    五郎さんの歌を通して
    語り逢えることがあれば
    どうぞお気軽に
    作品について語っていただければと思います。

    自分を幸せにできるのは
    自分自身です。
    「すべては心の決めたままに」
    という歌がありますが
    その心が決めることですので
    どうか 頑張ってくださいね。

    丁寧な書き込み
    ありがとうございました。

    初コメ失礼します♪

    最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

    ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
    のりえさんのブログ良いですよね。
    読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします(*´∀`)

    だからもっとお話させてもらえたらなって(*´ー`)
    そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

    のりえさんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
    ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

    このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
    嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

    突然すみませんでした。
    連絡もらえるの待ってます\(○^ω^○)/

    男のロマン路線!!

    季節風さんありがとうっ
    きっと男性にしてみれば
    こんなカッコ良さって憧れの対象になるのでは?と思いました。

    ほんとねっ
    ブラインド降ろし・・・
    これが
    カーテンを閉じて・・・だったら
    なんか 急に 「つぐない」っぽい世界になるものね。
    そういうところに気づく 季節風さんってすごいなー。

    カバーされるということは
    みんなが元の歌を知っている、という前提があってのことだと思うから
    とってもうれしいですね。
    比較して聴いていただけることも
    うれしいことのひとつです。

    男のロマン路線・・・に行きたかったけれど
    なかなか ファンの気持ちも大事にすると
    難しかったのでしょうね。
    「送春曲」は阿久先生の詩が
    深すぎて当時は難しかった、というのが
    正直なところですが
    でも五郎さんへの深い想いも感じられる一曲で
    それぞれに 大切な宝物、という感じですよね。

    すっきりとしてる

    マーサさんありがとう~っ

    あの頃の五郎さんが歌われたから
    すごく新鮮だったように思いますね~

    「行かせてくれよ~」
    なんて さらっと言って
    去っていくのも よろしいんでは~

    歌詞には まったく出てこない
    「グッド・ラック」というのが
    重くならなくて良いですね。

    でも こんな感じで去って行かれたら
    女性は
    「グッド・ラック、ってなによーーーっ!!」って
    感じかと思いますけれどもねっ。
    悲しい別れにしない
    このしなやかさが ニクイですよね~。

    なかなか こんな別れは描けないですから
    貴重な世界ですよねっ。

    キラキラ・

    五郎さんのシングル曲の中では一番キラキラして洗練された名曲だと思います!愛よ甦れの「ブティック」そしてこの曲の「ブラインド」と言う言葉になんだか都会的な新しさみたいなものを感じたなぁ~。「紙の袋にこぼれそうなミカン」のあとだから余計そう感じたのかも知れません(笑)この曲は確か稲垣潤一さんもカバーされてたと思います。それだけ今聴いても全く色褪せてないって事ですよね。

    五郎さんのボーカルも実にキラキラしてて素晴らしい!程よい低音に程よいビブラート…何度聴いても心地いい(^^)
    願わくば暫くこう言う男のロマン路線で行って欲しかったかな。次の「送春曲」でまた大人しい雰囲気に戻っちゃって正直チョットだけ残念だった記憶があります。
    「送春曲」もロマンチックで素敵な曲ですけどね^^

    男って・・・

    この曲は男性も好きだと言われる方多いんじゃないですか!?
    最近では、坂本慎太郎さんと言う方がカバーされていて聴きましたが、
    何とも言えない脱力感が心地よい曲に仕上がっていて、これもアリかなと。
    ギターアルバムの中の「グットラック」は、男らしい感じでガンガン弾かれてましたよね。

    作品的には割と短かくて、クールにカッコよく終わる・・・
    女性から見たら自分勝手な男だわね!と不満を買うような、
    でも、筒美先生の曲の明るさが打ち消してくれてたんじゃないですかね^^;

    まあ、いい作品は時間が経っても輝きを失わず、益々好きになる作品でもありますわね(*^-^*)
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    自由テキスト
    リンク
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    863位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    121位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示