「最後のクラクション」 野口五郎

    「最後のクラクション」 野口五郎
    作詞 : 松本一起 作曲 : 佐藤健 編曲 : 佐藤準
    1986. 2.23  B面 

    三月になって この歌について
    書こう書こうと思いつつ
    目の前の行事をこなすだけでヘロヘロになっていました。

    一曲ずつ なんとか書いて行って
    すべてを語り尽くしたいと思うけれど
    道は果てしないです。

    さて なぜこの曲を書こうかと思ったのかというと
    この歌の歌詞が
    この季節にぴったりだと思うからです。

    哀しいハーモニーが 聴こえる雨上がり
    街は明日から 春だね


    三月には 別れが似合う。
    孤独も似合う。

    旅立ちも似合う。
    涙も似合う。

    あぁ なんて三月って
    さみしい月なんだろう。

    これが春でなかったら
    誰も耐えられないかもしれない、って思う。

    この歌詞の「街は明日から 春だね」というのが
    ものすごく素敵だと思います。

    正直 このフレーズが この時 世に出なかったのが惜しい!
    歌詞がとても素晴らしいのに、B面なのはもったいなかった、って
    私は思います。

    春って ある日 突然
    「今日から春なんだな」って
    人に感じさせる季節だと思う。

    私は毎年 
    「あっ 今日 春になった」って
    ちゃんと感じていますから。

    Jポップで「明日 春が来たら」という歌があるけれど
    この歌はその11年も前の作品です。

    色んな場面で
    この歌の歌詞がふっと出てくる。

    生きてく夢も 輝いた汗も 明日を開く扉も失くした
    馬鹿だね僕は最後まで馬鹿さ
    ついに貴女さえ 失くしてしまった


    これだれは失いたくない、と思っていたものを
    人は失くす時があります。
    きっと誰だってそんな想いをすることはあると思います。
    その エンプティな感覚の時
    この歌はふっと出てくるのです。

    A面にしていただきたなったなぁ~、と
    私は思う一曲です。

    そして 音楽的には 80年代的な演奏ですが
    またアレンジを変えて
    ステージなどでも
    歌っていただければなぁ、と思う作品です。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: そうなんですよぉ

    ユキユキさんありがとう!!
    大変な思いをしてチケットを取られたことも
    青春の素晴らしい思い出ですね。
    いいなぁ~

    だけど五郎さんは
    今でも変らずに歌い続け、
    コンサートを開き
    舞台に立って歌い続けてくださる。

    私たちは
    本当に幸せですよね~っ。
    これから思い出を
    作っていけますものねっ。

    昔は ひとりで応援していました。
    まわりに五郎ファンがいなかったのです。
    でも今は みんなといっしょに
    語ったり応援したりできます。

    なんてうれしいことなのだろうっ、って
    すごく思います!!

    そうなんですよぉ

    今はコンサートのチケットはどこで買っても席を選べたりして希望する席を買えるのですが昔はプレイガイドにチケットが割り振られていてどこのプレイガイドが前の方の席をたくさん持ってるとか情報が飛びかっていて発売日に始発電車で人気のプレイガイドまで買いに行きました。
    千葉から始発に乗っても着く頃には長蛇の列で買えなくてプレイガイドをはしごしたこともありました。
    立ち見席さえ買えないこともありました。
    それを思えば今はネットで買えるので便利になりました。
    ファンクラブに入ればいい席が取れると思ったのですがファンクラブで先行販売でとったチケットが最悪の席だったのでチケットは自力で購入してました。
    今は懐かしい思い出です。

    がんばりが報われている

    ユキユキさん
    貴重なお話をありがとう。
    私などは
    田舎に住んでいたことと、車酔いで出ていけなかった、ということがあり
    あの時代、コンサートはほとんど行けたことがなく
    本当に雲の上を見上げるように
    歌を聴いたりテレビを見たりすることしかできなかったので
    ほぼ現実とは向き合わないまま
    ただ自分の世界の中で
    五郎さんという人物と歌を広げていましたので
    ユキユキさんのリアルなお話は
    深く考えさせられるものがあります。

    あれだけ熱狂的で嵐のような時代を経験することなど
    ほとんどの人はできません。
    でも五郎さんは 経験されたのですものね。

    正直 人の心なんてそんなものか、と
    問いたくなるほどの
    無情さも感じられたのではないかと思います。

    でもそういうものなのだと知ったことも
    貴重な経験です。

    だからこそ ずっと変わらずに
    そばにいてくれた人の 優しさや思いやり、
    そして自分に注がれる愛情を
    きちんと知ることもできたのでは、と思いますし
    感謝できたのではと思います。

    正直私には想像もできませんが
    怒涛のあの時代には
    とても口に出して言えないこともいっぱいあったでしょうし
    絶頂を極めた分
    試練も山のようにあったことでしょうね。

    よく乗り越えてこられました。

    だから人に求めるのではなく
    自分が進化することを
    まずかんがえられたのではないでしょうか。

    がんばったことは決して無駄ではない。

    あぁ 野口五郎という歌手は
    本当にすてきな人だ。
    やっぱり野口五郎の歌が好きだ、と
    今しみじみと感じていらっしゃる方が多いから
    コンサートもいっぱい人が入っていらっしゃるのではないでしょうか。

    当時は きっと 現実を受けとめることで
    五郎さんも精一杯だったのでしょう。
    そんな言葉が出てくるということは
    黙って通りすぎることが出来ないくらい
    心の傷に触れたのでしょうね。

    そんな五郎さんも愛おしい感じがしますね。

    報われないと感じることが
    生きているとありますが
    でもいつか先で
    あぁ報われたな、って
    実感出来る時が来ると
    五郎さんの生きる姿に 教えられますね。

    何より楽しんで
    やりたいことをされていることが
    私たちにはうれしいですね。

    ユキユキさん
    貴重なお話をありがとう。

    感涙

    季節風さんありがとうございます。
    本当にもっと売れてよかったと思える歌がたくさんありますよね。
    時代という変化球にヒットを打てなくなってしまったという話はなるほどと思えます。
    でもたとえヒットを打てなくてもずっとバットを振り続けてくれた五郎さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
    コンサートのチケットがなかなかとれなくて立ち見席で見ていたのが当日でもいい席がとれるようになって嬉しいような淋しい様な時もありました。
    千葉のコンサートの時は二階席がガラガラでせっかく来てくれたのに申し訳ない気持ちになりました。
    そのコンサートで誰かが
    「五郎頑張って。」
    と叫んだ時
    「僕はいつも頑張ってます。頑張っているのに頑張ってと言われるとこれ以上どう頑張ればいいのかわからなくなります。励ましているのでしょうが頑張っているので頑張ってとは言わないで下さい。」
    というようなことをおっしゃって
    「今日も頑張っている野口五郎です。」
    と挨拶したような気がします。
    本当に五郎さんは頑張ってるんだなあと思いました。
    その頑張りが報われないこともあり辛い思いもしたんだろうなあ。
    秀樹さんにハグした記事を読んで感涙ものでした。








    世が変わった

    季節風さんありがとう~

    考えてもみると あの時代
    アイドルと言われた人たちは
    本当に厳しい時代を生き抜いてこられたと思いますね。

    だって水泳大会、運動会・・・
    (女性なんて有無を言わさずビキニだったし・・・)

    歌手なのに 水泳で競い 徒競争で競い・・・
    歌のショ―レースで競い・・・・

    雑誌の人気投票、
    ブロマイドの売上、
    レコードの売り上げ・・・
    すべて順位がついて・・・

    雑誌の取材
    ラジオのディスクジョッキー
    毎日のようにある歌番組のはしご
    レギュラー番組の収録
    3か月おきの シングルレコードのレゴーディング
    土日は全国各地で 一日2回ステージ!!


    本当に 今の時代では考えられないような
    過酷な日々を
    よくぞ 乗り越えてこられたなぁ、って
    今日はしみじみと考えていたんです。

    秀樹さんの還暦に五郎さんがサプライズ登場されて
    秀樹さんに「抱いていい?」と
    ハグされていましたが
    これほどの過酷な青春時代を
    共に乗り越えてきた仲間ですからね。
    万感胸に迫るものがあったのでしょう。

    季節風さんが教えてくださった五郎さんの言葉
    私は初めてお聞きしますが
    きっと 70年代は 歌謡曲という音楽の
    娯楽しかないような感じだったのが
    多様化していった、ということが大きいのでしょう。

    だけど 良いものは必ず残って行く。

    私はそう思います。

    だからこそ 五郎さんもこうして
    今も熱い支持を受けられているし
    自分が好きなことをされていても
    みんな それを受け入れていらっしゃいます。

    何より大きいのは
    五郎さんが「歌い続ける」と
    この頃は 歌うことを何より大事にされていることが
    大きいと思います。

    苦しいことがあったとしても
    45年というキャリアは
    五郎さんの背中をきっと押してくれる。
    そして しぶとく(笑)何があってもついて行くんだ、という
    ファンのガッツも しっかり伝わっているはずだし
    そのことも大きな力になっていると
    私は信じたい。

    五郎さんは五郎さんのペースで
    やりたいことをやればいい。

    そんな気がしますよね。

    名曲は名曲^^

    サヨナラだってもっと売れてよかったんだよ~。
    僕も同感です。
    「サヨナラ」に限らず「氷をゆらす人」や「涙のチケット」なんかももっと売れても良かったんだよ~!

    いい曲が必ずしもヒットするとは限らないんですよね。

    当時、何かのインタビューで五郎さんが、好きな野球に例えて「昔はチョットバットを振るだけで簡単にヒットを打てた。でもいつしか時代と言う変化球が飛んで来るようになって、なかなかヒットを打てなくなった…」と言うような事をおっしゃってました。五郎さん自身、当時はヒットを出したいと言うジレンマやプレッシャーがあったのでしょうね。

    でも、ここ最近の五郎さんは自身のペースを掴めたようで伸び伸びと歌を聴かせてくれてるのでとーっても嬉しい限りです^^

     貴重な話!

    ユキユキさんありがとう!!
    リアルタイムでレコード買ったのだけれど
    この時期は コンサートも行けてなければ
    自分の日々のことに追われていて
    こんなお話し、
    まったく知りませんでした。

    五郎さんが話されたことを
    よくぞ覚えてくださいました!!
    貴重なお話しをご披露くださってありがとう~っ

    ほんとだっ
    犠牲という言葉が両方入ってますね。

    「サ・ヨ・ナ・ラ」は
    五郎さんと重なりすぎることろがあって
    なんとも切ない、って感じがしたのですが
    こちらの方は 音楽が軽快で
    痛みも薄れる感じがして好きですね。

    ただ80年代、この時代のアレンジは
    五郎さんの歌唱力があればこそ、という感じがします。
    また ニューアレンジで
    ステージなどで歌っていただきたいですね~

    大好きな曲です

    B面とわかっていても何の曲のB面かわからないことが多いのですがこの曲はサヨナラのB面とすぐわかります。
    なぜならコンサートで五郎さんが
    「A面B面ともに犠牲という言葉が入っています。」
    と教えてくれたからです。
    そして
    「A面の愛のためになんだって犠牲にしてたというのはわかるんですがB面の自分の弱さあなたを犠牲にしてたというのはちょっとわからないですね。あなたを犠牲にするって人柱みたいなイメージで何かよくわからないんですよね。まだ本当の愛を知らない僕にはむずかしいかもしれません。」
    というようなことを言って最後のクラクションを歌ったような気がします。
    〜煙草消した指についた灰をはらえば〜とか細かい表現が好きです。
    この曲もA面にならないのが不思議なほどいい曲ですがサヨナラと比べるとやっぱりサヨナラの方がA面っぽい気がします。歌詞に英語を入れるのが流行ってましたしね。
    サヨナラだってもっと売れてよかったんだよ〜。
    のりえさんと一緒で春を感じるとつい口ずさんでいます。
    朝のりえさんの最後のクラクションを読んだので職場に向かう自転車をこぎながらずっと歌っていました。やっぱり名曲ですね。

    あちゃー

    のりぴんさん ありがとうっ
    そっかーーっ B面というのは
    知らない人の方が多いですものねっ。

    最近シングル盤のB面を書くことが多かったですものね~
    次はA面にしますねーー!!

    今年もたくさんの作品が復刻されましたけれど
    また 復刻されるといいですね~っ

    できれば 毎月一枚ずつ出していただくと
    主婦は助かりますね~っ

    あはっ。

    知らない曲が続きます・・

    よさそうな曲ですね。のりえさんと共感したいのに、聴いたことなくって残念です。

    ほんとに、いつか、B面だけでなく、
    あまり世間の人は知らなくても、ファンに人気の曲ばかりを集めたようなCD出してほしいな~~~v-353
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    1161位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    190位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示