FC2ブログ
    2015
    02.26

    「人生の並木路」 野口五郎

    「人生の並木路」 野口五郎
    作詞・佐藤惣之助 作曲・古賀政男 編曲・馬飼野俊一
    1975年発売「野口五郎演歌の世界」

    歌い続けられる歌は
    詩とメロディが自然と重なり
    この心や身体に沁み込みます。

    人間というものは
    嬉しい時よりも 悲しい時にこそ
    音楽を聴き、涙を流し
    悲しみから這い上がるのではないでしょうか。

    時は確実に流れていきますが
    幼い頃に自分を励ましてくれた歌というのは
    ずっとこの唇にあって
    ふとした時に口からこぼれるものです。

    五郎さんは 演歌でデビューされ
    ポップス歌謡で火がついて
    スター街道を突っ走られたわけですが
    たぶん ファンの多くは
    演歌も歌える五郎さんだから
    好きなのではないかな、と 私は考えます。

    そっとそばに寄り添い
    心の痛みを感じてくれる。

    いいよ 黙っていて。
    ちゃんとわかるから・・・。
    だからそばにいてあげるよ。

    「野口五郎演歌の世界」を聴くと
    五郎さんが そう言ってくれているような気がします。

    そしてこの
    「人生の並木道」は古賀メロディで
    たくさんの大御所も歌ってこられていますが

    若い五郎さんが歌われる
    この「人生の並木路」は
    おもわず泣けてしまうくらい
    素晴らしい「人生の並木路」なのです。

    遠いさびしい日暮れの路で
    泣いて叱った兄さんの
    涙の声をわすれたか


    弱い私を励ましてくれる。
    前に進めないとき
    これくらいのことで負けちゃだめだ、と
    語りかけてくれる。

    べそをかいて
    泣きじゃくりながら
    その顔を見上げると
    自分以上に涙を流しながら
    自分のそばで耐えている人がいる。

    そういう 優しさと強さを
    五郎さんの歌で感じることができます。

    五郎さんのこの歌に
    励まされて生きた
    まだ幼い自分が
    目を閉じれば見えてくるような気がします。

    生きていこうよ 希望に燃えて
    愛の口笛 高らかに
    この人生の並木路


    しみじみといい歌です。

    本当にたくさんの人に紹介したいと思う
    五郎さんの演歌の世界です。

    収録曲
    1.風に舞う花びら
    2.ながれもの
    3.港町別れ船
    4.女のあきらめ
    5.別れの乾杯
    6.博多みれん
    7.なみだの操
    8.命かれても
    9.年上の女
    10.夜空
    11.冬の旅
    12.人生の並木路


    関連記事
    スポンサーサイト




    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/273-96db3710
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する