FC2ブログ
    2015
    01.27

    「"あしたのジョー"以後」

    「"あしたのジョー"以後」 野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作・編曲 佐藤寛
    1976年12月21日アルバム発売
    Produced by 佐藤寛、野口五郎
    Horns & Strings Arranged by 馬飼野俊一

    アルバムが復刻されて
    毎日とっかえひっかえ聴ける楽しみに
    気分も盛り上がります。

    今タワーレコードさんのページを見たら
    もう「GORO LOVE IN LONDON」は売り切れてました。
    すごい~

    いやぁ 本当に復刻はうれしい~。
    買える時に買っておかなくては
    きっとなくなってしまう、と思うから
    一度に5枚、私もがんばりました。

    さて「ときにはラリー・カールトンのように GORO & HIROSHI II」

    たそがれ時がピタリと来るような
    .「"あしたのジョー"以後」
    リアルタイムでも 良く聴いたなぁ~

    「あしたのジョー、あさってのゴロー」
    五郎さんが 当時、トークで言われてた(笑)

    若いとか 弱いとか そんなこと
    僕は言わせない だれにも


    ここのところが好き。
    なんか胸をぐっと掴まれる。

    さみしい時によく聴いてた。

    青春の途中には
    ダウンしそうな時はいっぱいあった。

    ちょっとさみしいこの曲だけれど
    次の曲「少し太ったかもしれない」で
    なんか気が楽になった。

    立ち上がれる気がした。

    曲順もよかったな。

    五郎さんとお兄さんの
    素直な心情も込められていると感じるアルバムです。

    2015/01/21
    タワーレコードより このアルバムが復刻されました。

    タワーレコードさんのページはこちら↓
    ときにはラリー・カールトンのように GORO & HIROSHI II<タワーレコード限定>


    収録作品
    01. ときにはラリー・カールトンのように 
    02. K君へ 
    03. 多摩川 
    04. ロサンゼルスに雨は降らない
    05. 透きとおった世界に 
    06. "あしたのジョー"以後 
    07. 少し太ったかも知れない  
    08. 知人岬(しるひとみさき)
    09. ユートピア牧場にて
    10. 髪
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/266-14dbfef6
    トラックバック
    コメント
    こまちゃんさん ありがとう!!

    親の入院と書かれていましたが
    大変でしたね。
    早く良くなられますようお祈りしています。
    こまちゃんさんも無理をされませんように。

    なんとっ
    もう三枚が売り切れー!!
    びっくりです!!
    すごいですね。早すぎますーー。

    やっぱり予約しておかないと
    難しくなりますねーー。
    ミュージシャンの名前がクレジットされてる、ということは
    大事なことなんですね・・・。

    とりあえず しばらくはタワーレコードさんのページを
    こまめにチェックしてみてくださいね。

    友達にプレゼントされた想い出のあるアルバム・・・・
    ゆったりと良い音で聴いて
    楽しんでくださいね。

    こまちゃんさんありがとう!!
    のりえdot 2015.01.30 09:19 | 編集
    この曲が入っているアルバムLPは、友人にプレゼントして貰ったと言う
    うれしいおまけ付きでしたので、色んな思い出の残る1枚でした。
    中でもこの曲は、イントロと言いメロディと言い、とてもインパクトのある
    衝撃的な一曲でしたよね。
    リアルタイムでは、B面にして貼りを下ろしたときに再生されるあのイントロ・・・
    本当に音楽家集団だって思いました。


    今回の復刻盤、親の入院でうっかりロストしていて、
    注文できたのがこの1枚と樹海でした。

    前回のUSAみたいに、再発売開始で予約したのに結局入手できない…
    ってのがトラウマになってるのに、縁が無い気がしてショックです。e-259
    しかしタワレコのCDって、無くなるの早すぎますよね・・・
    (うっかりしていた自分が悪いんでしょうけど)
    こまちゃんdot 2015.01.29 21:12 | 編集
    この曲は少し重い感じがしましたね。
    聴いていて気持ちも入りやすかったような気もします。

    あぁ あれから夢のように
    季節は過ぎた

    この歌詞も
    なんだか過ぎ去った季節をながめているような気分になりました。

    次の曲で救われた、っていう感じもあります。
    沈んでも浮かび上がれた、っていうのかな。

    「少し太ったかも知れない」が
    私はこのアルバムで一番好きかも・・・・。

    「多摩川」も好きですね。
    なんだか心が ほっかりとできました。
    陽だまりを感じる、っていうのか
    体から 余計な力が抜ける感じがしましたね。

    五郎さんの作曲作品が聴けるというのも
    うれしかったですね~
    のりえdot 2015.01.29 15:42 | 編集
    若いとか 弱いとか 僕は言わせない 誰にも…僕もこの部分が好きです。青春時代って多感で傷付きやすいときでしたからこの歌詞は何だかぐっと来ました。 ちょっと重いイメージの曲だけど次の「少し太ったかも知れない」で確かにホッとしましたよね(笑)
    同じように「K君へ」のあとの「多摩川」も当時聴いててホッとしたもんです。やっぱり曲順が良かったんですよね。
    「透きとおった世界に」や「髪」の最後の素晴らしいギターソロがCDのいい音で聴けるなんて、まぁ有り難い事です^^
    季節風dot 2015.01.29 08:22 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する