「K君へ」野口五郎

    「K君へ」 野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作・編曲 佐藤寛
    1976年12月21日アルバム発売
    Produced by 佐藤寛、野口五郎
    Horns & Strings Arranged by 馬飼野俊一

    このアルバムの作品の中で
    リアルタイムで気に入って、繰り返し、当時一番、聴いたのは
    「K君へ」だったかもしれません。

    当時の自分には この哀愁を帯びたメロディが
    特に心に響いたような気がします。

    歌詞も
    「何年ぶりだろう
    手紙をありがとう」
    と語るように歌われていて
    すぅっと 言葉が心に沁みました。

    若い日々にはわけもなく
    泣きたい時もいっぱいありましたが
    この五郎さんの歌声を聴くと
    肩に手を置かれ
    互いの痛みを分け合えるような気がしたものです。

    今聴くと ノスタルジアをおぼえます。

    麻生香太郎先生の詩、深くて沁みます。

    いろんな想いがぎゅっと詰まっていて
    あふれ出している。

    越えてきた日々の切なさが
    聴いているだけで胸を熱くする。

    深いドラマが
    心のスクリーンに映し出される。

     (いや、私だったら無理だ。
      こんなつらいこと。
      手紙なんて受け取りたくない。
     そっとしていてほしい。
      けれどこうして読めたのは
      随分と時間が経ったということなのでしょう)

    「あぁ 友よいま なにをか語らん」

    すべてはこの一行に凝縮されている。
    私は このひと言で泣けてくる。

    まだ子供だったけれど
    この深さはわかった。

    今ならなおのこと わかる。

    聴く人の心に問いかける。

    誰しも傷を持って生きている。
    秘かに傷口に沁みている。
    だけど 生きてきた証である、と感じる。

    そしてそして
    この歌を歌う、五郎さんの
    高音もとてもいいし、
    語りかけるようで泣けます。

    ついに2015/01/21
    タワーレコードより このアルバムが復刻されます。
    しみじみと 良い音で 聴いてみたいです。

    楽しみに待ちたいと思います。
    タワーレコードさんのページはこちら↓
    ときにはラリー・カールトンのように GORO & HIROSHI II<タワーレコード限定>


    収録作品
    01. ときにはラリー・カールトンのように 
    02. K君へ 
    03. 多摩川 
    04. ロサンゼルスに雨は降らない
    05. 透きとおった世界に 
    06. "あしたのジョー"以後 
    07. 少し太ったかも知れない  
    08. 知人岬(しるひとみさき)
    09. ユートピア牧場にて
    10. 髪
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: フォーリーブスのコンサート

    ユキユキさんありがとう。
    楽しいお話で笑ってしまいました。
    『ハワイ』なんてなかなか出てこないわ。
    笑った~っ。

    いろんな人のコンサートに行くと
    また それぞれの良さもわかるのでしょう。
    フォーリーブスも ものすごい人気がありましたものね。

    あとはフィーリングなのかな。
    この心が 好きなものをちゃんと決めているから
    不思議ですね。

    フォーリーブスのコンサート

    とにかく音が大きくてズーンと身体中に音が入って来る感じで驚きました。
    歌って踊って喋ってあっと言う間に時間が過ぎました。ファンの人たちは思ったよりおとなしくステージに見とれてる感じでした。おしゃべりの時は客席から色々な声が飛んでました。
    「今日はみなさんどこからいらしたんですか?」
    とフォーリーブスの誰かが言うと
    「東京」「大阪」「ハワイ」
    などと客席のファンがあちこちで叫び
    「ハワイ?ハワイから来た人?」
    とフォーリーブスがきくと誰も手をあげなくて
    「嘘つきがいる」
    と言い会場が笑いに包まれました。
    友達にフォーリーブスのファンがいたので2回ほどフォーリーブスのコンサートに行きましたが2回とも1部はミュージカルで2部が歌と踊りとトークでした。内容はあまり覚えていませんがとても感動して最後はみんな号泣だった気がします。
    五郎さんのコンサートしか知らなかったので盛りだくさんの内容とセットの素晴らしさに感動しました。五郎さんが歌を聞かせるコンサートならフォーリーブスはファンの人たちを知らない世界に連れて行ってくれるような幻想的なコンサートと言っていいと思います。4人とも歌も踊りも素晴らしくていいステージでした。
    でもやっぱり五郎さんのコンサートが好きです。

    知らなかった

    マーサさん教えてくださってありがとう。

    >北さんの家族と対面したそうで、娘さんを抱きしめ号泣してしまったと。

    うううぅ
    なんか胸が詰まりますね。
    それくらい 公ちゃんに対しての想いがあったということですね。

    ><楽しい人生です。命のある限り歌い続けます>

    そうなのですかっ
    なんてうれしい言葉なのでしょう。

    命ある限り 私たちも
    五郎さんの歌を聴き続けることでしょう!!


    私たちも残念なにことに
    年を重ねていきますから
    あの若い頃のようにはいきませんが(笑)
    まっ、五郎さんも同じように年を重ねられるわけですから。


    彼らの分まで
    五郎さんが頑張ってくれていますから
    私たちも根性で元気でいて(笑)
    応援しなくてはいけませんね。(鼻息)

    詳しいことは^^;

    多分、お葬式の時に書かれたコメントかなんかで読んだ記憶があるだけなので
    北さんの家族と対面したそうで、娘さんを抱きしめ号泣してしまったと。

    ター坊の「死んでも歌いたい」ではないですが、
    公ちゃんはター坊が大好きだったそうです。

    今年のオーチャードでのゴローの言葉
    <楽しい人生です。命のある限り歌い続けます>

    ホントに、彼らの分も元気で歌い続けて欲しいと思いますよね!!

    同じ時代を生きた仲間

    マーサさんありがとう。

    公ちゃんの葬儀のニュースをもう一度見たのですが
    「焼香を終えた野口は人目もはばからずに号泣」
    と書いてありました。
    なんか こちらまでもらい泣きしてしまいそうです。
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/27/kiji/K20120227002714260.html

    ター坊が亡くなられた時の通夜での
    五郎さんのコメントもこちらにありますね。
    http://www.oricon.co.jp/news/62748/full/
    本当に歌がお上手でした。
    「フォーリーブスというとター坊の声でした。」
    このひと言に 五郎さんの気持ちがよくわかりますね。
    兄貴としてリスペクトされていたと思います。

    >娘さんを抱きしめた話を聞いて

    このお話
    もう少し知っていらっしゃる限りでいので
    教えていただけませんか。

    五郎さんが とにかく元気で
    歌い続けてくださることが
    私たちにとっては 大きな喜びですね。

    みんな元気でがんばりましょうねーーっ!!

    みんな知ってるー

    ユキユキさんありがとうっ。
    私たち、みんな同世代だから 知ってるかな(笑)
    フォーリーブスのコンサートにも行かれたことがあるのですね。
    ファンのノリが違うって聴いたことがありますが
    それぞれにファンも雰囲気が違うでしょうか。

    公ちゃんは 見た目は 大人しそうだったけれど
    「自分」というものを きちんと出して
    みんなにわかってほしい、と思っていた人ではないでしょうか。
    詩もいっぱい書いてらしたし、
    作品を見て、そう思ったのですけど。

    五郎さんの前では
    とってもおしゃべりでいらっしゃったのでしょう。
    親友、と言っていただけたことは
    うれしいことでしたね。

    あの頃

    ゴローはよくジャニーズ事務所に入り浸っていたって・・・
    ター坊のことも歌い手として尊敬してたみたいで、年上だけどター坊って
    呼ばせてもらってたと読んだことありましたが、

    >違う人生をそれぞれが生きていらっしゃったのかなぁ・・・と。

    確かに、のりえさんが言われるように違う人生だったかも知れませんが、
    公ちゃんのお葬式の時と娘さんを抱きしめた話を聞いて、
    本当はいつも「こころ」は繋がっていたのかも知れないわねと思いましたよ。

    公ちゃん

    フォーリーブスの北公次さんが公ちゃんとわかっていただけて嬉しいです。
    フォーリーブス?誰?と言われたらどうしようかと。
    公ちゃんが出した本に五郎さんが親友と紹介されていたのは知りませんでした。
    若い頃フォーリーブスのコンサートに行った時に
    「フォーリーブスのメンバーの名前には数字が入っていない。」
    という話になり
    「有名人は数字が入っている人が多いですよね。例えば千まさおさん。」
    「八代亜紀さん」
    という風にメンバーが次々数字がつく芸能人をあげていった時公ちゃんが
    「野口五郎さん」
    とこたえていました。
    公ちゃんは何年も前に亡くなってしまいましたが五郎さんには公ちゃんの分も長生きして欲しいです。

    五郎さんが輝いてる

     マーサさん さっそくありがとう!!

    五郎さんのインタビュー記事
    おもしろかったですね。

    五郎さんがきらきらと輝いています。

    あの五郎さんのお話しを読んで
    うんうん そうそう やっぱりねー!!、って
    わかる人間であればいいんだけどなーーっ

    ギター小僧さんには
    めっちゃうきうき読める記事だと思います。

    五郎さん自身 こういう話が
    おもいっきりできる相手と
    ずっと語りあいたいというのが
    本音でしょうね~

    本当に少年のような五郎さんでした。

    最近は男性ファンも多いし
    こういう話題で盛り上がれる方々も

    いっぱいなんでしょうね~っ

    うれしいことだと思います!!

    すいませんm(__)m

    特集 野口五郎 インタビュー記事について紹介しようと思ったら
    もうGORONETで挙がってましたわね(>_<)

    いや~
    ユキユキさんのK君の公ちゃん話
    まったく思い浮かばなかったわー!
    そう言えば、昔、公ちゃんが出した本に
    ゴローの事親友と書かれてあったなと・・・
    その本もまだ実家の何処かにはあると思いますが^^;

    知らなかった

    ユキユキさんありがとう!!

    そうなのですね。
    私は まったく公ちゃんの顔も
    浮かばなかったです。

    温泉に行かれたことは
    コンサートでも話されていたそうですが
    その後のことを考えると
    違う人生を
    それぞれが生きていらっしゃったのかなぁ・・・と。


    ユキユキさん 楽しいお話をありがとう!!
    有名人はつらい、というお話しですね(笑)

    それから
    ・・・
     確か マーサさんの書き込みがあったと思ったのですが・・・
    ごめんなさいっ
    ちょっと バテてまして
    お返事書くのが遅くなって 
    今見たら消えてましたっ。

    五郎さんの記事について書いてあったのですが
    もう一度その部分だけでも
    マーサさん お願いしいますーーーっ

    マーサさんどうぞよろしくーーーっ!!

    K君は

    本当にこの歌は深いです。
    恋敵と時が経てば和解できるものなのでしょうか。
    このK君は誰か?
    歌詞の内容とは関係なく当時仲良しだったフォーリーブスの北公次さんのKを使わせてもらったと聞いた様な気がします。
    当時北公次さんとはお風呂に一緒に行くほど仲良しである日2人でお風呂に入っていたら人が入って来て慌てた2人が同時に隠した場所はなんと顔だったそうです。

    恋敵~!

    季節風さんありがとうっ

    恋敵!!
    なんか刺さってくる言葉だーーっ。

    私だったら
    好きなひとを奪って行った恋敵からの
    手紙なんていらないわ~(笑)

    私にとっては
    「ああ友よ今 なにをか語らん」
    このフレーズがすべてだったかな~

    この詩の世界が
    本当に・・・・
    悲しいくらい大人ですよね!!

    この歌の

    お前がまさか恋敵~♪この「恋敵」と言う言葉が当時中学生だった自分にはすごーくオトナの恋愛の歌に聞こえました。そしてK君って誰なんだろう?なんて考えたりもしましたよ(笑)
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    1019位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    153位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック