「白い小鳩」野口五郎

    「白い小鳩」野口五郎
    作詞・島田まりこ 補作詞・大日方俊子 作曲・筒美京平 編曲馬飼野俊一
    1972.10.10発売アルバム「青春の旅路」

    最近次々と 過去の作品がCDとして復刻発売されており
    大変うれしく楽しみに感じています。

    今月も5枚のアルバムが復刻されます。
    45周年を迎え
    野口五郎という歌手の勢いも止まりません。

    とにかく精力的に活動されており
    コンサートもそうですし
    歌もギターも この年齢になっても
    さらにパワフルに磨きがかかっているという
    すごい方です、
    野口五郎という方は。

    そして 私たちも・・・・ 
    まぁ なんていうか
    とにかく元気でエネルギーにあふれているかもなぁ・・・と
    しみじみ思えるのは
    私たちが音楽にパワーをいただいているからかもしれません。

    今日は まだ復刻されていないアルバムから一曲。
    「白い小鳩」
    素直で語りかけるような優しい歌声。
    少年のあどけなさ。
    飾ることのない素朴な魅力というのでしょうか、
    このアルバムも本当に大好きなアルバムです。

    人間は年を重ねていくと
    過ぎた日々のことは忘れてしまう。
    けれどこのアルバムを聴くと
    幼い自分が微笑んでそこにいるように感じられる。

    幼い心にも しっかりと 伝わる世界でした。

    街角にいち羽の白い小鳩よ
    雨にうたれながら ぬれている白い小鳩よ

    雨に濡れている鳩に
    自分の姿を重ねる。

    鳩を思いやり、励ましたくなる気持ちは
    自分に対する気持ちでもある。

    純粋な思いが
    五郎さんの歌声にあふれている。
    だから聴く人の心に すぅっ~と沁み込む。

    このアルバムは 人生を旅と重ねていて
    当時、幼い自分にもよく理解ができました。

    どんなに苦しくても
    まだ見ぬ風景やまだ見ぬ出逢いを思うと
    希望が感じられました。

    この素直さ、素朴さ、
    そして若さ。
    あまりにも貴重で
    宝箱のようなアルバムだと感じます。

    「新しい汽車」
    「孤独な旅路」
    「小さな君に」(1)(2)
    「最初の恋」
    「愛のエレジー」
    「雨の妖精」
    「白い小鳩」
    「悲しみの海」
    「夏の終わり」
    「沈んだ時計」
    「ある日のひとり旅」
    「愛のすがた」
    「ひとり愛を連れて」
    「青春の旅」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    500位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    71位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示