「招待」野口五郎

    「招待」野口五郎
    作詞・山上路夫 作曲・佐藤寛 編曲・馬飼野俊一
    1976年3月10日アルバム「通りすぎたものたち」発売

    「私は野口五郎ファン」という自覚を持つようになってから
    発売されたアルバムがこの「通りすぎたものたち」でした。
    始めてリアルタイムに聴く、その時の五郎さんというものを
    この感覚すべてで知ろうとして聴いたアルバムです。

    私は特にタイトルナンバー「通りすぎたものたち」と
    「二人の朝食」が当時から自分の中ではお気に入りで
    何度も何度も繰り返し聴いていました。

    寝る時もこの音楽を聴きながら眠りに入っていたように思うのは
    「通りすぎたものたち」と「愛の肖像」。
    もう 眠りに着く瞬間まで聴いていたかったことを思い出しますが
    とにかくこのアルバムは大好きでした。

    素直さと 優しさ
    儚さと 切なさ

    人生の意味もわからない
    幼い自分でしたが
    人を愛したかったし
    愛されたかったし

    出逢いも別れも
    ほとんど知らなくて
    このアルバムを聴いて
    大人になりたいと夢見ていた頃。

    この「招待」を聴くと
    なんだか少し照れてしまいましたが
    とても幸せな気持ちになれました。

    君が来てくれれば 小さな家も
    もっと明るく にぎやかになるよ


    幸せを頭に描き
    愛されることを
    ひたすら夢見た日々。

    この時すでに私は
    寝ても覚めても野口五郎状態。

    もうどうにも止まらなくて
    だれにも止められない状態の私。

    誰が何と言おうと野口五郎。
    これしかないのよ野口五郎。

    すでにそんな状態でした。

    山上路夫先生の詩も
    すぅ~~っと入ってきて
    キュン、ってさせてくれる詩で
    私はとても好きでした。

    幼くても
    きちんとわかる言葉、というのでしょうか。
    幼くても理解できてイメージでき、
    ちゃんとその気持ちを感じられる詩を書いてくださいました。
    だから 野口五郎という歌手の魅力がよくわかった、
    というのもあったと思います。

    このアルバムは
    私にとっては忘れられない一枚。

    歌を聴いていると
    当時の自分が見えてくるくらい
    聴いたアルバムのひとつです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    素晴らしいキャッチフレーズ

    mm.さん ありがとう!!
    「私は野口五郎で出来ています」
    これ、最高です。
    いやーーーまいったーーーっ。
    すばらしいっ。

    アルバムがなくなったのですかっ
    それはショックですねーーっ。

    次はこのアルバムが復刻になるといいですね。

    今 考えるのですが
    最近 よく カラオケの得点を競う番組とか
    歌が上手い人を選ぶ番組とかあって
    何気に見るのですが

    まず言いたいのは
    歌が上手い、という以前の資質の問題で
    野口五郎という歌手は「声」がいいです。
    心を震わせる声、というのでしょうか
    胸が熱くなる声、をお持ちです。

    このことは 今一度 マイクを持って叫びたいところです。

    そして なにしろ 顔が美しくて
    スタイルが良い。

    見る人の心を鷲づかみにするような
    甘いルックス。
    釘付けになったように思います。
    こんなかっこいい人がいるんだーーーっ。(衝撃的でした)

    もっと聴きたい。もっと知りたい。
    もっともっと・・・と
    引き込まれていったように思います。

    いやーーほんと
    まさに
    「私達は野口五郎で出来ています」
    新聞の一面を使って
    なんか宣伝広告でも出してみたいですね。(笑)

    あぁ なんか
    考えただけで楽しかった~っ。

    純粋な心が甦る

    季節風さん ありがとーーっ。
    そうそう すべて初めて聴く曲、というのは
    うれしかったですね。

    全部歌詞カードなしで歌える状態になっていたのは
    私の頭が特別によかったから、と・・・・言いたいところですが
    ひたすら繰り返し繰り返し聴き続けた結果のことですね。(笑)

    これくらいの勢いで
    日夜勉強していたら
    どれほど素晴らしい結果が出たかわかりませんが
    五郎さんの歌に関しては
    朝から晩まで聴いても聴き足りなかったですね。

    このアルバムの素直さというか
    素朴さもよかったです。

    このアルバムを聴くと純粋な当時の自分になれるような気がします。

    「おやすみ」は
    "あの日の僕の言葉は嘘ではなかったが
    約束君とした日は 今では遠いことさ"
    という歌詞が
    なんというか 出逢いと別れを繰り返す人生を映すようで
    とても好きです。

    ずっとそばにいたかった。大好きだった。
    ・・・・けれども人生には 別れがやって来る。

    そういうことも生きていれば 知るわけですが
    この歌で そういうことも
    幼いながらに覚悟していたように思います。

    辛い時や 悲しい時は
    初めてリアルタイムに聞いたこのアルバムに戻ってくるといいですね。

    「これしかないのよ野口五郎」
    この言葉、なかなか気にいってますーーーっ。(笑)

    このアルバムは

    このアルバムは「私は野口五郎で出来ています」みたいな時期に発売され
    すぐに買って何度も何度も聴いた、聴きこんだアルバムです。

    残念な事にあの頃買ったアルバムが数枚無くなっていて、とても苦しくて
    その内の一枚がこの「通りすぎたものたち」です。
    「招待」はのりえさんが書かれた歌詞をみて思い出し胸のつかえが少し楽になりました。
    大好きな曲がいっぱいで、ファンとして勝手に自分を当てはめてドキドキしたのを覚えています。
    何故かこのアルバムのポスターがパネルになった物を部屋に飾っていたんです。あの日の自分を見てみたい、そんな気がしました。
    ムリなんですけど…。
    アップ有難うございます。

    よく聴いたなぁ~

    アルバム『通りすぎたものたち』は五郎さんのファンになりたての頃に買って、当時よく聴きました。と言うか聴き込みました。今でも全曲、口ずさめますよ^^
    初めて買った五郎さんのアルバムは2枚組の『ゴールデンヒットアルバム』。こちらはベスト盤だったので、オリジナルアルバムは『通りすぎたものたち』が初でした。知らない曲ばかりのこのアルバムを聴いたとき、とても嬉しくて感動したのを覚えています。それからは遡って他のアルバムもどんどん買い揃えて行き、まさに、これしかないのよ野口五郎って感じになって行きました(笑)
    タイトル曲や「二人の朝食」もいいけど「おやすみ」もいいですよね。今でも聴くとうるうるして来ます。もういい歳になったけど純粋だったあの頃の気持ちはずっと忘れないでいたいですよね。さぁ、今日という一日を頑張ろう!^^
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    自由テキスト
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    958位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    143位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示