【番外編】質問。 この曲を聴いたら、私は普通でいられなくなる、という五郎さんの歌は?

    今日は みなさんに質問させてください。 
    Q.あなたにとって、「この曲を聴いたら、私は普通でいられなくなる」
    または、「この曲を聴いて、私は普通でいられなくなった」
    、という五郎さんの歌は何でしょう。

    さきほど季節風さんからのコメントのお返事を書いていて
    昔のアイドルはすごかったなぁ、と 懐かしく思い出しました。
    コンサート等でファンが 失神することも多かったですし
    (中には ご自分が失神されるアイドルの方もいらっしゃいましたが)
    とにかく すごかったですよね。

    それで つい みなさんに どの曲を聴いたら失神しそうですか?と
    質問してみたくなったのですが
    それもあんまりな質問ですし、私も さすがに失神したことがありませんので
    「この曲を聴いたら、私は普通でいられなくなる、という曲は?」
    ということで もしよかったら コメントお願いします。

    実際 あまりの素敵さに失神しました、というコメントいただいてもうれしいのですが
    まぁ・・それは・・・ねぇ~。

    私が普通でいられなくなる歌は・・・?と
    考えると まず すぐに涙腺が壊れて泣けてしまうのは「箱舟の帰還」でしょうか。
    イントロを聴いた瞬間から うっ、としてしまいます。
    これは もう 自分でもどうすることもできません。
    ひざまづいて泣きたくなるくらい・・・・好きです。

    あと 自分でも すごく驚いたことがあったのですが
    五郎さんがディナーショーの最後に「愛のラルゴ」を
    思いがけず歌ってくださっていた時には
    あまりの感動で 固まってしまい
    「はっ!!」っと気がついたら 
    すべて終わっていた・・・というのがあります。

    それから 結婚子育てで離れていたあと 
    ファン復帰して博品館で「序曲・愛」を聴いた時には
    東京、博品館から千葉の姉ヶ崎の当時のわが家まで帰るのに
    ずっと「序曲・愛」が頭を流れ
    人の目もあるのに 電車の中、ずっと泣き続けて帰ったという記憶があります。

    ・・・それから・・・などと
    書き始めたら きりがなくなってしまいますが

    もし みなさまにとって普通でいられなくなる歌、がありましたら
    ぜひ 教えていただきたいと思います。

    さぁ また これからは
    普段通りのレビューにもどることに致します~っ!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ほんとだっ

    シングル一覧、見たら消えてましたーーっ。
    教えてくださってありがとうっ
    また時間がある時にきちんと直しておきますね。
    ほんとうにありがとう!!

    多感な時期には
    いろんなことを受けとめることがつらいこともありますね。
    特によく聴く音楽に
    自分の感情が焼き付いてしまうのですよね。

    克服されてほんとうによかったです。

    人は生きている限り
    どんなことも乗り越えていかなくてはなりませんね。

    こうして五郎さんが歌い続けてくださることが
    私たちには大きな力になります。

    これからの人生は楽しく笑顔で~。
    ・・・そう思いますね。
    五郎さんの歌とともに 前にすすみましょうね。
    ありがとう。

    今更ですが

    私のお誕生日にのりえさんが書いたものだったのでコメント書かせていただきます。
    今は克服しましたが「愁雷」です。(五郎さんのシングル一覧にこの曲がぬけてました。さすらい気分の次あたりです。)この曲の頃とても嫌な出来事がありテレビでこの曲を聞いただけで過呼吸を起こし倒れていました。多感な時期だったんですね。しばらくこの曲は私の中で封印してありましたが最近は普通に聞ける様になりました。苦い思い出の曲でもあります。

    よかったですねーーっ

    のりぴんさんありがとう!!
    お休みの日はなかなかパソコンの前に座れなくて
    遅くなってごめんなさいね。

     コンサート!!
    生まれて初めてなのですね!!
    ヽ(^o^)丿
    良かったですねーーーっ
    やっぱり五郎さんの歌声はいいですよねっ。
    生きる力になりますよねっ。
    パワーアップされたことでしょう!!

    「箱舟の帰還」
    最高ですよねっ。
    本当に大好きですよ~
    泣きますよ。聴くたびに。

    たくさんの人に聴いて頂きたい一曲ですよね。

    のりぴんさん
    どうぞ余韻をかみしめながら
    年末もがんばってくださいね~っ

    ありがとう!!

    箱舟の帰還

    のりえさん、こんにちわ。
    この前、うまれて初めての、野口五郎コンサートに行ってきました。
    内容がすばらしかったのはもちろんですし、まさかの出会いもあったり、握手もしていただけたりと、、忘れられない一日となりました。
    で、”箱舟の帰還”、よかったです~~☆
    深いですよね~。
    すばらしい曲ですね。
    つい今まで、”21世紀箱舟の出帆”と、勘違いしてて、ネットでいろいろ調べまくりましたよ^^
    ファンの方たちにとってはいまさら言うまでもない、おなじみの曲だったんですね。
    異常気象や、震災、も経験したこの時代、この年代だからこそ伝わる、深い愛に満ちた曲だと思いました。
    五郎さんの曲は、若い頃の曲でも、今に通じる内容がたくさんありますね。

    コメントありがとうございます!!

    kemiさま ありがとうございます。

    読んでくださるだけでもうれしいことですのに
    コメントまで書いてくださって
    ほんとうにうれしいです。

    私も長くホームページやブログをやっていますが
    最近では 通り過ぎて行かれてしまうことに慣れてしまったという感じがします。

    だから一言でも書いていただけると
    ものすごく感激ですし
    このように 語っていただけますと
    うれしくて もっともっとお話しできたらなぁ、なんて思います。

    kemiさんも あの「箱舟の帰還」が
    深く心に残っていらっしゃるのですね。

    私も初めて行ったコンサートで
    この歌を聴いたのです。

    正直、私は本当に外に出たことがなくて、
    五郎さんの人気は わかっていたつもりでしたが
    会場前に並ぶ、
    若いきれいなお姉さんのものすごい数に
    衝撃を受けました。

    なんて五郎さんは遠い人なのだろう、って
    そのとき 初めて現実を知りました。

    そしてこの「箱舟の帰還」を聴いたわけですが


    この「箱舟の帰還」は
    私をしっかりと抱きしめてくれるような
    大きな愛を感じました。

    遠い五郎さんでしたが
    歌で自分を見たこともない世界につれて行ってもらえた気持ち。

    「君たち」
    ではなく
    たった一人の「あなた」

    たったひとりの ちいさな私に
    歌ってくださっていると信じられる
    素晴らしい世界でした。

    誰もみな
    長い人生の中では
    ふるさとを離れ
    遠く旅もします。

    だけど
    帰る場所がきっとあるはず。

    五郎さんって 優しいですよね。

    「やぁ おかえり」
    って 
    言ってくれる人だと 私は思うんですよ。
    だから みんな帰ってこられるのでしょう。

    帰れる場所があるってすてきなことです。

    五郎さんがいてくださってよかったな~、って
    私はいつも思うんです。

    歌は人生だなぁ~って。

    もしよかったら
    またお越しください。

    どこでも書いていただければ
    お返事します。

    ほんとうにありがとう!!
    うれしい~っ。

    No title

    突然失礼します。
    ふと思い出した「箱舟の帰還」で検索をしていて、こちらに辿り着きました。
    好きだった歌は数多くありますが、ただ一曲だけ選ぶなら、「箱舟の帰還」です。

    高校時代に初めて行ったコンサートのオープニング。
    白い羽のような衣装で登場した五郎さんが歌う世界観に、衝撃を受けた事を覚えています。
    時空を超えたところまで連れていかれるような、魂の奥までゆさぶられるような、音楽にそんな力があるなんて・・・。
    以来、転げるようにのめりこんでいき、その後の私の人生は大きく変わりました。

    しばらく離れていた、あの頃夢中になっていた歌の数々にもう一度浸りたくなりましたし、この思いを分かち合える人と語り合いたくなりました。

    今も五郎さんについて語り続けている、のりえさんに敬意を表したい思いです。
    また、こちらに訪問させていただきます。

    ようこそ。

    ちぃちゃんさん はじめまして、でしょうか。
    コメント ありがとうございます。
    「好きなんだけど」なのですね。
    あはは、封印はされていないと思いますよ~。

    デビューされて間もない頃の歌で
    きっと五郎さん、歌われると照れられるのでしょう。
    詩の世界が幼いですからね。

    でも とても貴重な世界ですよね。

    みんな 
    恋を知らない頃に五郎さんに出逢って
    胸がキュンキュンしたものですね。

    この頃の五郎さんを知らない私には
    この時代をご存知の
    ちぃちゃんさんがうらやましいなっ。

    また歌っていただけるといいですね~。

    ありがとうございます。

    この曲を聴いたら普通でいられなくなった

    わたしは普通でいられなくなった曲は
    [好きなんだけど]です♪
    当時この曲を聴くだけで
    胸キュンキュンしました。
    でも五郎さん何故かこの曲封印されてしまった感じ~~
    その頃ピンクレディのケイちゃんとの恋が終わって歌えなくなったのかなぁって~~
    勝手に想像してしまいました。
    大好きな曲だのにコンサートでは
    まったく歌われません。
    寂しいです(((^^;)
    是非また復活願うばかりです♪

    ファンの叫び声もすごかった

    マーサさんありがとう。

    > ワー、キャーの時代です。
    > でも、ゴローはシッカリ歌ってましたね!

    ファンもすごいパワーがありましたね。
    歌も聴かず叫び続けるのはどうかと思いましたが
    叫ばずにはいられなかったのでしょうね。

    私がファンになった頃には
    もうかなり静かに五郎さんの歌を
    ファンも聴かれるようになられてました。

    > 「アンジー」はあの甘い声がピッタリと合っていて、今でも思い出せるんですよ

    わぁ~ 甘く囁かれてみたい。
    自分は「アンジー」だとすぐに思い込んでしまいそうです。

    > 「トライ・ア・リトル・テンダネス」
    > スリードックナイトの歌ですが、他に「ワン」と言う歌もゴローは歌っていて、
    > 「ワン」の方が馴染みがあるかも。

    こんなお話しをしていたら
    洋楽のカバーアルバムも出していただきたくなりますね!

    > すぎやま先生のお名前を一曲どこかで見た気がするのですが、
    > 作曲じゃなく編曲とかでなかったですかね?

    うーーん 私も あったのでは?と思ってさがしたのですが
    見つかりませんでした。
    やっぱりなかったのかな。

    いろいろと 五郎さんの音楽を聴いていると
    話題も尽きませんね。

    ありがとう。

    あの頃は

    コンサートなんて夢の夢だった。
    テレビさえ 見たくても我慢していた時代だったから。
    あの90分番組のテレビ、みたかったなぁ。
    コンサート・・・夢でしかなくて・・・
    なにしろ ひと区間もバスに乗れなかったから・・・
    乗り物に乗った瞬間から酔って・・・
    五郎さんのコンサート・・・行きたいと考えることもできなかったなぁ。
    思い出すと 悲しくて泣きそう。
    五郎さんは 夢の人だった。

    洋楽のカバーもこの頃はけっこう激しかったのですね。

    私は 五郎さんが歌う スタイリスティックスの歌とか
    好きだったなぁ。

    すぎやま先生の作品もあってほしかったですね。

    本当に若かったですわ^^;

    ワー、キャーの時代です。
    でも、ゴローはシッカリ歌ってましたね!

    「アンジー」はあの甘い声がピッタリと合っていて、今でも思い出せるんですよ
    私もまた聴きたい~~(>_<)

    「トライ・ア・リトル・テンダネス」
    スリードックナイトの歌ですが、他に「ワン」と言う歌もゴローは歌っていて、
    「ワン」の方が馴染みがあるかも。

    すぎやま先生のお名前を一曲どこかで見た気がするのですが、
    作曲じゃなく編曲とかでなかったですかね?

    小六禮次郎先生は、すぎやま先生の弟子なんですよね^^

    マーサさん^^

    1974年って、まさに五郎さん絶頂期じゃないですか!そんな頃にリアルタイムで五郎さんのライブを体験出来たなんて羨ましい限りです。ね?のりえさん!

    五郎さんとストーンズは結びつかない気もするけど、アンジーなら何となくわかる気がする。きっと甘~い甘~いアンジーだったんだろうなぁ。

    すぎやま先生作の五郎さんオリジナルはないと思いますよ!

    ありがとう。

    1974年 5月・・・なのですね。
    教えてくださって ありがとう。
    やっぱり 直接コンサートに行って
    感じたものというのは
    大きいですね。

    洋楽のカバー、
    あの頃の歌手は 必ず歌われていましたものね。
    いい歌ばかりですね。
    五郎さんの「アンジー」聴いてみたいなぁ。

    ところで先日 すぎやまこういちさんの話題が出ましたが
    五郎さんの作品で すぎやま先生のオリジナル曲って
    ありましたでしょうか。
    考えても思いつかないのです。残念だなぁ。
    もしあったら教えてください。

    多分

    1974年5月6日、東京の文京公会堂でのコンサートかしら?
    前に、「落ち葉のコンチェルト」を聴いた時と同じ・・・

    他にも、「トライ・ア・リトル・テンダネス」「ジャニスの祈り」「ジョニ・B・グッド」など
    ギンギンロックの世界、ミック・ジャガーの「アンジー」も歌われてましたわね(^^♪

    こんど出る「ロックの世界」のA面は、どちらかと言えばソフトロックな感じで、
    激しさより何か穏やかに聴けると言うか・・・^^;

    あと、STBでも歌われた「MUSIC」は、
    70年代John Milesの原曲もそうですが、ノリが普通でいられないくらい心躍る
    カッコイイ曲で、改めて聴いて良さを再発見しましたわ。

    黒い炎~っ?!

    マーサさん ありがとう
    本当に五郎さんの洋楽のカバーにはしびれますね。

    > 特に、チェイスの「黒い炎」は本当にカッコよくて、よくぞ若くてここまで歌えたな~
    > と、感心しきりでしたわ~^^つまり、失神しそうなくらい^^;

    まじですか。
    いつ歌われたのでしょう。
    よかったら教えてください。

    「箱舟の帰還」
    私はあのイントロを聴いただけでダメだーーーっ

    > ”普通でいられなくなる”
    > 「愛の肖像」・・・初めて聴いた時はその世界に引き込まれ
    > 「マジシャンズ・ホリディ」・・・ドラマチック
    > 「されど青春」・・・何故かウルウルする
    > 「アラビアのロレンス」・・・その世界観が好き

    本当にね・・・・
    私も「愛の肖像」を聴いたときは、私、もうだめ・・・・って感じでした。
    今も歌詞カードなしで全部歌える。
    本当に擦り切れるほど聞いた作品ですし

    書いてくださった作品どれも好きですね。
    「マジシャンズ・ホリディ」も
    ファンの中では人気がある、隠れた名曲です。

    そして歌は
    その当時の自分を焼き付けていますから
    こんなに愛おしいのでしょうね。

    あははー!

    季節風さん ありがとう・
    おーーっ「帰らざる時代」ですか!
    あの歌は おもしろい歌ですねっ。
    京平先生の曲は、遊び心があるというか、
    「そっと呟く人とともにぃ~~っ」
    おーーっ高いっ!難しい歌だーーっ!!っていきなりあせる、っていうか(笑)
    でも 阿久先生の詩は 大真面目で
    人生を諭す詩ですからね。
    あのアルバムは そこが面白いし
    たまらないのですよね。

    あとはギターの曲と・・・
    語る歌・・・ですね。

    本当に 生で聴いた人は
    きっと衝撃を受けられるでしょう。

    あ~
    またディナーショーないかなぁ。
    聴きたいですね。

    昔々は

    ゴローは外国のカバー曲を結構歌っておりましたね。
    「キープ・ミーハンキング・オン」「クレージーラブ」「トラベリング・ボーイ」等・・・
    特に、チェイスの「黒い炎」は本当にカッコよくて、よくぞ若くてここまで歌えたな~
    と、感心しきりでしたわ~^^つまり、失神しそうなくらい^^;

    「箱舟の帰還」って、聖書を知っている人にはおなじみの話でも
    それが歌となって表現されたのを聴いて、壮大さに圧倒されましたよね。
    最近では映画「ノアの箱舟」が公開されたように、時代が追いついて来たのかしらね。

    ”普通でいられなくなる”
    「愛の肖像」・・・初めて聴いた時はその世界に引き込まれ
    「マジシャンズ・ホリディ」・・・ドラマチック
    「されど青春」・・・何故かウルウルする
    「アラビアのロレンス」・・・その世界観が好き

    ・・・書ききれませんね(>_<)

    普通じゃいられなくなる

    …までは行かないけど聴いていてテンションが急上昇するのは「帰らざる時代」です。もう初っぱなの「もうこれでおしまいねと そっと呟く人とともにぃ~~っ」だけでワクワクドキドキ、「あぁぁ川の水のよぉぉ~にぃ~」ぐらいまで来たらもうイッたぁ~(変な風にとらないように(笑))って感じです。
    って言うかアルバム「ラストジョーク」自体聴いていてテンショングイグイ上げてくれます。
    あとは生で聴いて鳥肌が立ったのは「スマイルアゲイン」。ラストのギターソロにやられました。五郎さんの弾くエレキギターの音色ってほんとに心地いい。「トラベリングボーイ」のギターソロも素晴らしい。
    涙腺がユルユル~になるのは「オールバイマイセルフ」です。ただ、この曲を歌ってる五郎さんを見るたびに「ダメダメ、血管切れるよぉ~無理しないで」って思います。いつも全力投球の五郎さん。でも無理だけはしないで欲しいですよね。

    ありがとう!!

    のりぴんさんありがとうっ
    教えてくださってうれしいなっ。

    > 『愛してると言うまえに』

    五郎さんにぴったりの
    素晴らしい作品ですね。
    もっと たくさんの方に 教えてあげたいなぁ。

    のりぴんさんは コンサートで聴いてきてくださいね。
    ぜひ その時は感想もよろしくね。

    > 『好きなんだけど』

    わぁ そうなんだーーっ
    当時のこと まったく知らないからうらやましいー。
    この歌でドキドキされて 今があるのですね。
    とっても幸せなことだなぁ。
    本当にありがとう!!
    うれしい!

    ドキドキします

    思いつくのは二曲あります。

    『愛してると言うまえに』

    すっごく素敵ですよね…
    ドキドキしますよね…
    どうしてテレビで歌わないんだろう、って思うけど、がちゃがちゃした演出もイヤだし、深夜のラジオが、やっぱり良かったです。

    もう一曲は、

    『好きなんだけど』

    高校生の頃ラジオでこの曲聴いて、人生初めてのドキドキ💗
    普通じゃいられなくなりました😊
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    779位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    113位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック