FC2ブログ
    2011
    06.29

    「あいつの女房がおいらの恋人」野口五郎

    「あいつの女房がおいらの恋人」野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・東海林修 編曲・東海林修

    1976年10月24日~1121日  秋の五大都市コンサート~針葉樹~ 初演
    1977年1月29日~3月6日   GORO IN CNCERT~明治


    野口五郎さんは 歌手であると同時に
    ギタリストとしても高い評価を得ていますが、
    当時 アイドルがギターを弾きながら歌を歌うということは
    とてもめずらしく 
    あまり受け入れられないことだったように思います。

    ファンもどちらかというと 音楽的なことより 
    王子様のようなアイドル野口五郎に夢中で
    あまりに熱狂的だったために 
    音楽的な素晴らしさをかみしめる余裕もなかったのですが
    五郎さんのコンサートは 
    バックミュージシャンも一流で
    東海林先生の曲やアレンジもとても素晴らしく 
    贅沢なステージだったことを痛感します。

    あまりギターのことはわからなくても 
    この「あいつの女房はおいらの恋人」のギターは
    とにかくカッコよくて
    最初から最後までノリノリで聴くことができます。
    とにかくしびれます。

    矢島賢さんとの掛け合いも息もピッタリでカッコ良すぎます。
    ノリノリのギターです。
    パーカッションのリズムから始まり 
    音が重なっていく楽しさ スピード感あふれるギター、
    賢さんとのからみもごきげんで 
    本当に楽しんでギターを弾いている五郎さんが見えてくるようです。

    「かっこいい~~っ!」と思わず叫びたくなります。
    聴き終わったときは もうスカッ!っとして満足感でいっぱい。

    できるならば今の五郎さんに 
    もう一度ギターで弾いてほしい一曲。
    今の五郎さんならどんな風に弾かれるのか
    ぜひ聴いてみたい作品です。
    素晴らしいアレンジ。
    他のギタリストと ぜひこの曲をもう一度、と思ってしまう一曲です。

    この作品は テープでしか聴くことが出来ません。
    テープは聴きすぎて 伸びて切れてしまいました。(涙)
    CD化を希望したい作品の一つです。
    関連記事
    スポンサーサイト




    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/23-89b99f78
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する