FC2ブログ
    2012
    12.09

    「 楽天家たちの島 」野口五郎

    「 楽天家たちの島 」野口五郎
     作詞 : 伊藤アキラ 作曲 : 野口五郎 編曲 : 富樫春生

    1981年10月10日発売 アルバム「ON THE CORNER」

    最近 気がつけばこの歌を歌っていて
    これは 書かねば!と思いました。

    正直このアルバムの作品について
    あれもこれも語ったつもりでいたのですが
    変だな〜っ
    見当たらないっ

    当時の私は 
    まずこの黄色いジャケットと
    五郎さんの髪型に衝撃を受けました。

    当時の自分には
    音楽的には難しいなぁ、と感じたのですが
    五郎さんとしては
    自分が作りたい音楽が作れたアルバム、
    だったのではないかと思います。

    周りの人は
    それまでの五郎さんのイメージからの
    脱却を図られたかったのかな、と
    思われた方もいたかもしれませんが

    五郎さんは 特にそうではなくて
    自分の作りたい音楽を作った、という
    ことだったのではと
    私は思っています。

    ここが なんて島なのか
    島の者たちは知らない
    それはよその国の者が
    決めりゃいいことさ 御勝手に


    五郎さんがこんな歌詞の歌を歌われることにも
    当時は驚きましたけれど

    最近は こういう世界も
    すごく楽しいし
    心が楽になるし
    こういう曲を書かれるというのも
    とてもすてきだなぁ、なんて思うのです。

    すべてをきちんと把握して
    日々規則正しく
    こうでなければならない
    ああでなければならない

    そういう日々で
    自分を追い詰めるときは
    この歌が心を軽くしてくれる。

    そして野口五郎、という歌手も
    こうでなければならない、ということはない。

    あれもこれも
    なんでもできる五郎さんなのだから
    なんでもあり、で「OK」なんだと
    この歌が なにげに
    語ってくれたように思います。
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/196-6880582c
    トラックバック
    コメント
    ゆきゆきさん ありがとう。
    今までにない!、世界でしたね。
    あの「おいで」というのも
    なんともいえず 良いですよね。
    あはは、そこだけ何度も・・
    テープ伸びちゃいますね^^

    >嘘に泣くよりも嘘に騙されて笑おうぜという歌詞も好き^o^。

    ほんとうね。
    人生そうでありたいですね。
    のりえdot 2015.02.12 01:14 | 編集
    初めてきいた時の感動。歌詞も曲も今までにない感じで何回も聴きました。特に五郎さんがおいでと 言うところが大好きで巻き戻して何回も聞いてはニタニタしていました。踊ろうよりもおいでがたまらなく好きでもうもう虜でしたね。
    嘘に泣くよりも嘘に騙されて笑おうぜという歌詞も好き^o^。

    ユキユキdot 2015.02.10 21:25 | 編集
    初めてこの曲を聴いた時の率直な感想です。でも、今聴いてみると五郎さんのチョットした遊び心や「こんな曲なんてどうかなぁ?」と言う音楽に対しての探究心が伝わって来て、そんなに悪くないから不思議ですね。でも当時は「風のホテル」や「イフユーリーブミーナウ」が一番五郎さんらしくて好きでしたけど(笑)
    あと当時のヘアースタイルは個人的には似合ってて好きでした♪
    季節風dot 2012.12.11 08:07 | 編集
    季節風さんありがとうっ

    きっと 時には 肩の力を抜いて
    やりたいことをやってみたくなられたのでしょう(^^)

    自由でなければ
    世界は広がりません。

    けれど守り抜くイメージも大事です。

    こんな中 人は迷うけれど

    最後に救ってくれるものは
    重ねていく歳月なのだなぁ。

    40年以上続けて来られたのだから
    五郎さんらしく 何でもやりたいことをされればいいと思います。


    私も「風のホテル」の大人の雰囲気が
    当時は好きでした~っ

    のりえdot 2012.12.15 22:56 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する