「君こそわが青春」野口五郎           


    「君こそわが青春」野口五郎           
    作詞・阿久悠 作曲・筒美京平 編曲・筒美京平
    1979年7月21日発売アルバム


    阿久悠先生の作品を続けて書いてみて
    あぁ やっぱり阿久悠ってすごいな。
    五郎さんにも たくさんいい作品を残してくださったんだなぁ・・と
    しみじみと思い 胸がいっぱいになりました。

    みなさんに 提案したいことは
    このブログで
    ブログ内検索、というところがあるのだけれど
    たとえば 阿久悠 と入れれば
    私が書いた阿久悠先生の作品が全部出てきます。

    時には
    そういう風に作家別に並べて読んでいただけたらうれしい。
    私たちは
    五郎さんを育て 慈しみ
    素晴らしい作品を残してくださった
    作家の先生方に対して
    感謝の気持ちを忘れずにいなくては、と思う。
    そういうリスペクトの気持ちがあればこそ
    私もこうして レビューを書いているのだと思っています。

    五郎さんが
    どれだけ作品を作ってくださった先生方に
    かわいがられ 
    思いを託され 
    期待されてきたか

    そういうことを感じるとき
    やっぱり「野口五郎」という歌手は
    本当に恵まれた幸せなアーティストだと思うし
    五郎さんに曲を提供された先生方にとっても
    誇りにしていただけたらうれしい。

    たとえば
    山上路夫先生の代表曲で
    五郎さんの「私鉄沿線」という歌が
    常にあげられることは
    あまりにも名誉で 誇らしいことです。

    そして やっぱり 阿久悠先生にも
    五郎さんの素晴らしい作品がたくさんあること
    私は世の中の人にご紹介したい気持ちでいっぱいです。

    この作品は シングル作品ではないけれど
    やっぱり 阿久悠先生が作ってくださった中では
    最高の愛の歌ではないかなぁ・・・と
    私は思います。

    歌詞のひとことひとことが
    とても深いのです。

    どの言葉も
    この胸に人生を問いかける。
    そして 貫く愛を教えてくれる。


    にがさもあれば夢もあり
    夢をすべてと信じこみ
    時代が一つ終わるまで
    君を君を愛した

     君こそ青春
     わが青春
     そして運命(さだめ)
     わが人生


    時代には終わりがくる
    いい時代もあれば
    そうでないときもある

    人は誰しも年をとり
    若き日の輝きも
    おそれを知らぬ勢いも
    いつか失くしてしまうかもしれない


    けれどけれど
    貫けるものがある
    この心はぶれてはいけない。
    貫ける愛があるのだから。


     君こそ青春
     わが青春
     そして運命(さだめ)
     わが人生


    五郎さんの歌とともに成長してきた。
    そのことを誇りにしたいです。

    感動で胸がいっぱい。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    歌詞の力

    おはようございます。
    一年ぐらい前、のりえさんが地元で五郎さんを待たれている姿勢に感動して、お邪魔して以来のコメントになります。

    私は音楽は音で聞く人でした、ほんの一年ちょっと前ぐらいから、五郎さんのライブで歌詞の力を教えていただきました。この歳になってやっと歌詞に目覚めた私は、歌詞の理解力がまだまだなくて、のりえさんの歌詞への思いを書かれているこのブログで、感動をいただいています。

    五郎さんの歌われてきた曲は、歳を重ねてきた今聴いても、いや歳を重ねてきたからこそ、心に響いてくる曲がたくさんあるように思います。

    今年STBで「僕からみなさんへの愛の歌」と言って唄われた「君こそわが青春」は、ホントに感動しました。のりえさんのおっしゃるとおり、“最高の愛の歌”そう感じました。

    のりえさん、これからも五郎さんのたくさんの曲・歌詞を教えてくださいね。


    ありがとうございます!!

    ももさん ありがとうございます。
    日々書いていると 鼻息も荒く
    熱くなりすぎてしまいます。

    一年も前から
    私の拙い記事を読んでいただいているのですね。
    ありがとうございます。
    共感していただけることがあったら
    本当にうれしいです。

    人の感じ方は それぞれに違っていてもいい。
    けれど 「好き」という気持ちを共有できること
    大事にしたい。
    それぞれの「好き」を
    それぞれの言葉で語れたら
    五郎さんは より輝くと私は思っています(*^^*)

    夢中になっている頃は
    なにがなにやらわけもわからずに
    とにかく熱くなる胸の感覚だけで
    突っ走ったけれど

    すこしずつ少しずつ
    年齢を重ねることで見えてくるものもありますね。
    だから 年をとることも楽しいな、って
    私は思えます。

    こうして 私たちが 語り合えるのも
    五郎さんが歌い続けてくださっているおかげですよね。

    今後ともどうぞよろしくお願いします。

    うれしい。

    物悲しさ

    この曲を聴くたび、あぁアルバムが終わるぅ~ 夏が終わるぅ~ と、とても物悲しい気持ちになったものです。この曲はライブでもよく歌われるので、ライブが終わってしまう~と言う物悲しさも。でも物悲しいだけでない「情熱」をとても感じます。「光があれば陰もあり 陰を全てと信じ込み 体に熱のある限り 君を君を愛した~」この部分が一番好きです。名曲を残してくれた阿久先生に感謝、ですね。

    ↓スミマセン

    光があれば陰もあり 陰に心を曇らせて 時代がひとつ終わるまで君を君を愛した~…だったかな?スミマセン少しうるおぼえです

    対比するもの

    季節風さんありがとう

    阿久悠先生の詩の言葉で 
    阿久先生の感性やメッセージをすごく感じさせられるのは


    特に
    夢に対比する言葉を 「にがさ」と表現したところが
    すごいですね

    こういうところに感動するし
    阿久先生からの
    五郎さんへの大きなメッセージというか
    プレゼントなんだな~って
    私はすごく思うんですよね。


    若さとは「信じこめること」
    そして「からだに熱を持てること」
    だと 教えていいただけました。

    だから私たちは
    「信じこめること」
    「からだに熱を持てること」
    を大切にして生きてこれたんだと思います。

    季節風さんありがとう。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    500位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    71位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示