FC2ブログ
    2011
    06.29

    「北回帰線」野口五郎

    「北回帰線」野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・東海林修 編曲・東海林修

    1976年7月21日発売      アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」
    1976年7月20日~8月11日  全国縦断コンサート
    1976年9月放送         ラジオ「ホットヒット歌謡曲IN和歌山」


    私にとって 実はこの「北回帰線」という歌は 
    好きでたまらない一曲です。
    初めて聴いた時 
    感情があふれだしどうしようもなく泣けてしまいました。
    心の深い深い扉を開く 素晴らしい作品です。
    この歌を聴くと どうしてもあふれる想いを押さえることができません。
    東海林修先生のライナーにもありますが 
    五郎さんの泣きながらの熱唱は 魂の叫びにも似てこの胸を打ちます。

    「難破船の舵を取る はたちすぎた少年と少女よ」

    この歌詞が とても心に残ります。
    味わうほどに深く この胸に響いてきます。
    聴けば聴くほどに この歌の世界が胸にしみます。
    純粋な自分がそこにいるのです。

    大きな大きな海原の中に 
    ぽつんと漂う難破船・・・
    イントロを聴いただけで 
    広い広い海の上を漂う気持ちになります。
    どうしようもなく胸が熱くなって 
    どうしようもなく泣けてしまう作品。

    できるならば・・・私たちはいつまでも 
    難破船の舵を取る少年と少女でいたいような気がします。

    この歌を聴き あの日と同じように
    深く感動できる自分がいることがうれしい。
    このアルバム「北回帰線」を聴く時 
    私たちは今もあの日の少女のままです。

    好きで・・・好きでたまらない一曲です。
                                     
    (04.01.28)
    関連記事
    スポンサーサイト




    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/16-74321e40
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する