「多摩川」野口五郎

    「多摩川」 野口五郎
    作詞・及川恒平 作曲・編曲 佐藤寛
    1976.12.21発売アルバム「ときにはラリー・カールトンのように」

    今日は久しぶりに「ときにはラリー・カールトンのように」を
    聴きました。
    今日はふと このアルバムのラストナンバーが聴きたくなったのですが
    いろいろ聴いていたら
    あぁ そうだ この「多摩川」
    当時 本当によく聴いたなぁ・・・って
    すごく懐かしく思い出して胸がジーンとしました。

    当時の等身大の自分自身がこの歌に映ります。
    この歌を聴きながら自転車でよく走ったなぁ・・って。
    あの頃は 毎日のんびり
    いっぱいいっぱい時間があって
    何をしよう、と 考えることもいっぱいありました。

    今のように時間に追われ
    あれもしたい これもしたい
    あれもしなくちゃ これもやってないのに・・・
    なんて 思うこともなくって

    ゆったり のんびり
    毎日ほんわりふわふわ

    時々
    「きゃー 五郎〜〜っ!!」なんて叫びながら
    毎日五郎さんの歌を好きなだけ聴いて 
    そして大きな声で歌って・・・
    夢ばかり心に描いて 
    母のそばでいつも甘えさせてもらい
    本当にのどかで平和で
    幸せな日々だったのだなぁ・・・と
    そんなことを思う この歌「多摩川」なのでした。

    いつもこの歌が口を突いて出るときは
    自分がゴキゲンな時。
    なんだかうきうきして
    心がほっとして自由な時に
    歌っていたような気がします。

    作詞の及川恒平さんは もと「六文銭」のメンバー
    あの「出発の歌」も及川恒平さんの作品です。
    こういう作家とのコラボも たまらなくうれしいものです。

    素朴で素直でほっとします。

    特にこの「多摩川」は
    多摩川沿いを自転車で走りながら
    淡々と見える景色や 状況描写をしているのだけれど
    だからこそ 見える自分自身なのだなぁと思ったり
    景色を眺めながら自分自身を眺めていることに
    気づくのですが
    それがとても気持ちよく感じられる気がします。

    「バックミラーに故郷が映った
     おさない僕が子犬ともつれて
     追いかけてくる声をあげて
     今いる僕は誰なのだろう」

    このところを聴くとき
    自分にも確かに見えているような気がする。
    優しい 温かい お兄さんのメロディも
    詩とピタリとはまって
    とても心地良いです。

    この歌を聴くと いつもなんだかほっとしました。
    私にとって五郎さんは いつのまにか
    自分の家族のように 近く感じる存在になっていました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ホッとする曲

    僕はこの曲を聴くと日曜日の夕方(3時~4時過ぎ頃)を思い出します。今は休日でもよく外出したりしますが学生の頃の僕はよく一日中家に居て五郎さんのレコードをゆっくり聴いていたものです。「今日も誰とも喋らず僕は過ごしてしまった」この歌詞がその時の自分にピッタリ来て、「そんな休日もたまにはいいよ。」って自分に言い聞かせてた?ような気がします。「今いる僕は」の所の五郎さんの柔らかいボーカルもツボでした。

    ちなみに

    アルバム『ときにはラリーカールトンのように』のジャケットの部屋は五郎さんの自宅(?)ではないですよね?ラリーカールトンとの2ショット写真を眺める五郎さん、白を基調としたお洒落な部屋…昔からココどこなんだろう?って疑問に思ってます

    歌詞と重なる自分

    季節風さん ありがとう!!

    よく聴いた歌というのは
    その時の時刻や天気や空気までも甦らせてくれますね。
    あの時代は パソコンもないし
    レコードを聴いて過ごすことが 何よりほっとできて
    贅沢な時間だったように思います。

    そして時間はゆっくりと過ぎて行っていましたね。

    >「今日も誰とも喋らず僕は過ごしてしまった」
    本当に・・・この歌詞も自分に重なりました。
    静かに過ぎていく時間も
    今となれば懐かしく 贅沢だったと感じますね。

    ジャケットの写真は 何かのセットだと思っていました~っ(>_

    はじめまして

    始めまして。
    野口五郎さんのCDの検索をしていたらこちらに行きあたりました。
    いきなりのコメントで失礼します。

    私も五郎さんのデビュー当時からのファンで、のりえさんと同じように一曲一曲に懐かしい思い入れがあります。
    どの曲もずっと大切な宝ものです。
    最近は長良川とか古い喫茶店とか通り過ぎたものたち、遠い夏とかを聞いて当時を思いだしています。
    こんなに熱心なファンの方がいらっしゃってとても嬉しく思いました。
    ありがとうございます。

    うれしいです。

    cynthiaさま ありがとうございます!!
    ここのところあまり書いていなかったのですが
    このような 嬉しいコメントをいただき
    うれしさでいっぱいです。

    12日には 何年振りかで STBライブにも行って来ました。
    そのことはこちらに書いていますので
    よかったらご覧くださいね。
    http://norieroom.blog121.fc2.com/blog-entry-243.html" target=_blank>http://norieroom.blog121.fc2.com/blog-entry-243.html

    >最近は長良川とか古い喫茶店とか通り過ぎたものたち、遠い夏とかを聞いて当時を思いだしています。

    なんだか とても心が落ち着く優しい作品ばかりですね。
    聴きたい曲が 今の自分を語ってくれているようですし
    抱きしめてくれるような気がします。

    本当に宝物を共有できるということも
    うれしいです。

    折角のご縁ですので またよろしくお願いします。
    最近掲示板を再開しました。
    よろしかったら どうぞお越し下さい。
    ありがとうございます。


    http://nori56jp.bbs.fc2.com/" target=_blank>http://nori56jp.bbs.fc2.com/

    Unknown

    のりえさん
    ありがとうございます。

    五郎さんへの言葉にはできない思いをのりえさんのブログを拝見していると、うん、そうそう、その通り、、ととてもすっきりと整理できて嬉しくなります。

    確かに私の中でも永遠の王子様です・・。

    そしてあまりにも長い間、かれこれ40年近い日々を一緒に生きて来たせいか、ファンと言う領域を超えて私の中ではもっと静かで自然な存在になってきています。

    若い頃の真っ白な時代に五郎さんの歌の世界に出会ったことで救われ、それが私にとってはあまりにも衝撃的で、その頃のデリケートな思いが、いまでも恋愛や異性に対してのイメージに影響を受けていることに最近気がつきました。

    また時々遊びに来させてください。
    ありがとうございました。

    いつもそばに。

    cynthiaさん ありがとうございます。
    cynthiaさんの文章は とても豊かで深いと思いました。

    >ファンと言う領域を超えて私の中ではもっと静かで自然な存在になってきています。

    あぁ わかります
    長く寄り添えるということは
    私は 本当に幸せなことだと思います。

    昔は 年を重ねることに恐怖を感じたり
    さみしさを感じることもありましたが

    こんな風に 五郎さんの歌を
    ずっと聴き続けられる自分であることに
    ある意味 誇りすら感じます。

    五郎さんは こうして 40年歌い続けてくださって
    いつまでも 私たちの王子さまでいてくださる。
    すごいことですよね。

    静かで自然な存在・・・それが何より素晴らしいと思います。
    共に生きてきた証しです。

    私も五郎さんの歌に救われましたし
    私の恋愛観は 五郎さんの歌の世界から
    大きく影響をうけました。

    これからも五郎さんは
    歌い続けてくださいます。

    これからも五郎さんの歌とともに
    生きていけたらうれしいですね。

    またどうぞ いらしてくださいね。
    よかったら お好きな歌のお話しなど
    またお聞かせくださいね。

    ありがとうございます!!
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    779位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    113位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック