「紳士道」野口五郎

    「紳士道」野口五郎
    作詞・ちあき哲也 作曲・筒美京平 編曲・船山基紀
    1980.12.23発売 アルバム「スマイル」

    「渚ふたたび」のレビューを書いたので
    次はこの曲「紳士道」。

    なかなか渋い世界。
    歌い方もぐっと男らしくシブイ感じ。

    思うに ちあき哲也さんの詩は
    哲学的。
    すぐに パッと 詩の世界がわかるのではなく
    聴くごとに 年を重ねるごとに
    何度も聴いて
    あぁ そうか 
    そういうことだったのかと
    人生とともに共感する世界のように感じます。

    だから深いんだな〜。

    大人の世界というものは
    時間をかけて味わうものなのだと思います。

    「いたいほど 踊ってみても
     淋しさが あいつを盾に荒れる夜・・・
     女のもろいポーカーは
     誰かのなれた てさばきの・・・」

    歌詞の意味が難しいのだけれど
    京平先生の音楽と 船山先生のアレンジは心地良いです。
    あまり五郎さんにはないリズムだけれど
    こういうリズムの取り方も
    気持ちよく乗れる。

    大人の五郎さんにふさわしい
    シブイ色気のある作品だと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Unknown

    リクエストに応えて下さって、早速のレビュー有難うございました。
    本当に、のりえ様のおっしゃるように、ちあき哲也さんの詩って、難しいですよね。
    パッとすぐにはわかりにくくて・・・
    だからこそ、想像が広がる気がします。
    秘すれば花ですね。
    私、想像しました。

    男は、長い間、ずっと女を愛していた。
    男は、その想いを女に伝えていたかもしれない。伝えていなかったかもしれない。あるいは、伝えたつもりでいたかもしれない。伝わっていると思っていたかもしれない。
    とにかく曖昧である。
    そこにいつも人生の陽のあたる場所を歩いてきたような自信家の男が現れ、女が好きだとぐんぐん押してゆく。女は押されるままに、その男の求愛を受け入れる。
    ずっと女を愛していた男は、やめろよ、自分の方がお前を愛しているとも言わずに見送る。
    しかし、失って初めて、自分にとって彼女がどんなに大切か思い知る。
    いや、彼女以外に大事なものは何もないのだ。
    男は、賭けようとしている。
    男は、すべてを失う覚悟をしている。
    こんなイメージなんですけど・・・エヘヘ

    すてき!

    わぁ さきさん ありがとう~っ
    すてきすぎて 参ったーーっ!

    小説にしてほしいくらい!!
    なんかどきどきした~っ!!

    さきさんって
    きっと小説とか書かれていそうですね。
    ぜひぜひ 書かれたら読ませてくださいっ!

    「紳士道」
    けっこう難しくて
    よくわからない詩の世界でしたけれど
    さきさんの 物語で
    イメージがぐーーんと広がりました。

    この歌を聴きながら読ませていただくと
    なんかしびれちゃいました。

    さきさんありがとう~~っヽ(^o^)丿
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    486位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    70位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示