「渚ふたたび」野口五郎

    「渚ふたたび」野口五郎
    作詞・ちあき哲也 作曲・筒美京平 編曲・大村雅朗
    1980.12.23発売 アルバム「スマイル」

    アルバム「スマイル」のオープニングタイトル。
    このアルバムの作品を歌う五郎さんも
    もう十分に大人であったように思います。
    10周年を迎えた五郎さん。
    節目の年に出されたアルバムです。

    まだ少女の域にいた自分には
    かなり背伸びをして聴く感覚がありました。
    かなり「大人」を意識した内容のように感じました。
    当時の私には このアルバムは 
    かなりアダルトな感じ。

    一番親しみやすかったのがこの「渚ふたたび」

    大人になっていく切なさ
    まだよくわからない人生の意味。
    燃え上がるものが 潮が引くように
    どうしたら引いていけるのかもわからない時代。

    この歌を聴くと なんだか少し人生を悟った気がして
    あぁ 自分もすこしずつ
    大人になっているんだ・・・
    なんてキュンとしたものです。

    今読むと この詩の深さがとてもわかる。
    海に行きたい時
    海の前に立ちたいときは
    本当にこんな気持ちの時だと
    私も思うから。

    「あの胸にみちてた
     恋びとの あわれさ
     ふと 思い疲れて
     いつかさめてる恋も あるさ」

    本当はね。
    きっと強がりだと思う。
    だけどもう
     なんか冷めちゃった、って
    自分に言い聞かせて
    ふりきって
    誰も責めないで
    もうここから 
    新しくやり直そう・・・って
    思ったのじゃないかな。

    昔は そう思わなかった。
    好きでいたいのに
    気持ちが冷めちゃって
    どうして好きでいられないのだろう、って
    どうして自分が心変わりしちゃったのだろう・・・
    そういう気持ちを歌った歌なのかな、って
    思ってた。

    人の解釈は色々あると思うけれど
    私はそう思う。

    本当に傷ついたから
    帰ってきたんだと。
    これ以上の愛などないだろう場所に。
    ふたたび。


    いろいろと聴く人によって変わっていく
    とても深い詩だと思います。

    それから特記しておきたいことは
    この曲もそうですが
    アルバムの中 5曲
    アレンジャーが大村雅朗さんだということです。

    才能に溢れた
    名アレンジャーの登場、と
    とても将来を楽しみにしていた方だっただけに
    若くして亡くなられたことは
    本当に残念でなりません。

    83年の作・編曲作品
    聖子ちゃんの「SWEET MEMORIES」が
    何より衝撃的で印象に残っていますが

    80年のこの 五郎さんとのコラボレーション。
    うれしいものですし貴重だと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    勝手を言ってごめんなさい

    使い慣れた FC2のブログにお引越しをさせていただきました。
    勝手を言ってごめんなさいね。
    よかったらこちらでもよろしくお願いします。

    CDは もちろん予約&購入です。
    今回の企画が成功すれば
    また次がありますっ!!
    がんばりましょうねっ!!

    いえいえ、

    いえいえ、 (季節風)
    2013-01-10 08:00:34
    のんこさんの、封を切り早速聴いてみました…と言う文章で、何となくCDだろなと判断しただけでもしかしたらレコードかも知れません。どちらなのか?は、のんこさんだけが知るのみです(笑)

    CD復刻はとても嬉しいですよね。初CD化の「ラストジョーク」は特にお気に入りのアルバムなので今から楽しみです。もうこれでおしまいねとそっとつぶやく人とともに~♪ 漂いながら揺れながら~♪ あなたは真夏の人 幻みたいな愛~♪ 早くも頭の中で曲が渦巻いてます(笑)
    ちなみに先日発売された「」ロサンゼルス通信」は2枚買いました。「聴く用」と「保存用」で(笑)
    ******
    スミマセン (季節風)
    2013-01-10 08:03:50
    FC2って何ですか?IT関係疎いのでわかりません(>_

    びっくり

    季節風さんありがとう
    今年もよろしくお願いします。

    この曲の入った 「smile」のcd盤が出ているのですかっ?!
    それはびっくりだーーっ

    今年はたくさんのレコード盤が
    復刻されますが
    うれしいことですよね~

    やっぱり野口五郎は歌手!!ですものねっ・

    ジュリーもいいですよね。
    大きな声では言えませんが
    普段から 結構聴いております。

    いろんな音楽を聴くことも
    大事なことですものね。

    ところで ブログは 使い慣れたFC2にお引っ越しさせていただきました。
    できましたら これからはそちらにお願いします~っ!!
    気持ちも新たにがんばりますっ。

    よろしくねーーっ

    五郎さんの台湾盤

    レコードで何枚か出てるのは知ってましたがCDでも出てるんですね~ どちらも持ってませんがマニアックに収集したい自分としては欲しいところです(笑)僕はジュリーも好きで海外盤も何枚か持ってます。しかしジュリーの場合、フランス、ドイツ、ベルギーからポルトガルやベネズエラ、韓国、台湾…と世界中あちこちで出してるようなのでコンプリートに集めるのは、まず不可能です(笑)え?そんなに集めてどうするの?!って?…女性にはわからない男の趣味、ロマンなんですよ~(そんなカッコイイものかょ!)
    曲と全然関係ない話でスミマセンm(__)m

    アダルトなアルバム

    そうですよね。 僕もこの「渚ふたたび」が一番親しみを持てました。のちにイントロが「19:00の街」に似てるなぁ~とも思いましたが。コーラスの所とかもね。どちらも筒美京平先生なので何の問題もないですが(笑) 「時には星の下で」や「風が動き出した」も五郎さんらしい優しいバラードで聴いていてホッとしたものです。全体的にアダルトな雰囲気でまだ高校生だった僕には少し背伸びして聴く覚悟が必要だったアルバムです(チョット大袈裟?)

    大人

    季節風さんありがとう。
    かなり 大人のシブイ雰囲気でしたね。
    私もかなり背伸びが必要でした。
    まだ この世界は私にとっては難しいと
    その時は思いました。

    何しろ私もまだ少女の域でしたので。
    大人の恋愛も 大人の悲しみも 切なさも かけ引きも 
    愛の罪深さも
    何もわからなかったし
    すべて想像の域でしたから
    ちょっと当時の私には難しかったです。

    考えてみれば 五郎さんの歌で
    恋を学び 人生を学んだ・・・
    そんな気がしますね。
    (私も大袈裟?!)

    Unknown

    私も、このアルバムの中で一番、無理がなくて
    なじみやすい曲でした。
    それでいて、その生き疲れ、寂寥、無常の感は、無意識下にある日本人の感性というものを
    改めて感じさせてくれました。
    外国の人が褒める日本のサウンドって、結局、彼らにとってオリエンタルな感じがするということで、たいがいは、形骸化した日本情緒を、
    表現しているような気がして・・・
    ところで、この曲、筒美京平さんの作曲ですが
    お兄様の曲の雰囲気に似ていませんか?

    のりえ様、すみません。
    パソコン新しくなりました。落ち着いてからメールしますね。

    あぁ なるほど!

    さきさん ありがとう!
    落ち着いたら よろしくおねがいしますね。

    >それでいて、その生き疲れ、寂寥、無常の感は、無意識下にある日本人の感性というものを
    改めて感じさせてくれました。

    すてきなコメントに
    深く考えさせられます。ありがとう!!
    人間は どこか自分が戻れる場所を探して
    生きているような気もしますね。
    傷ついた時 戻れる場所がどこなのか・・・
    考えてみると少し自分というものも見えてきますよね。

    私たちは 音楽では 戻れる場所が
    五郎さんの歌だった・・・
    それは本当に幸せなことでした。

    師と弟子とはお互いが強く影響しあうように
    京平先生と五郎さんやお兄様と
    影響しあうものは大きかったかもしれないですよね。
    いろんな聴き方ができて
    みんなで語り合うと楽しみも倍増します。
    さきさん ありがとう!!

    心地よいです

    なぜか手もとに台湾盤がきました。最後の曲「風が動き出した」が「風が動き出じた」になってます。^~^
    これは海賊版かもしれませんがさっそく封を切り聴いています。心落ち着く優しい音で気に入りました。私は昔からのファンではないのでほとんどの曲をはじめて聴くのですが、とても30年以上前とは思えないというのが 毎度不思議でなりません。^^;

    今知っても五郎さんの世界は楽しめる

    のんこさん ありがとう
    台湾盤が出ていることに驚きました。
    いつか きちんとしたアルバムが出たらいいですね。

    なにせ40周年ですから
    今五郎さんの世界を知った人は40年分楽しめるということで
    もーーっ大変っ!!(笑)

    どうぞじっくり 五郎さんの世界を
    楽しんで 思い出もこれから
    いっぱい詰めていってくださいね。
    大人の世界、ちょっと渋めのこのアルバム
    秋の夜長、ゆったりと鑑賞なさってください。(^^)
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    779位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    113位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック