「好きなんだけど」 野口五郎

    「好きなんだけど」 野口五郎        
    作詞・ 橋本淳 作曲・筒美京平 編曲・高田 弘   
    1971年12月10日発売A

    「博多みれん」「青いリンゴ」に続いての第三作目。

    「好きなんだけど 話せない
     恋を知らない 僕だから」

    もうキュンキュン。

    ♪好きなんだけど〜♪
    この部分は ついつい口を突いて出るフレーズ。
    みんなが 恋をする度に 歌うのが この
    「好きなんだけど」ではなかったなかぁ。

    それまでは 西郷輝彦の「星のフラメンコ」の
    ♪好きなんだけど〜♪
    だったのだけれど
    いつのまにか五郎さんの フレーズに変わっていたのでした。

    まだ本当に恋も知らない時代だったから
    当時の幼い自分と重なりました。

    イントロは温かい音。
    暖炉の前にいるような感じ。
    不思議とB面の曲のイメージも大きかったけれど
    そんな感じのする音です。

    少しハスキーな青い声、
    若いって素晴らしいなっ(*^^*)
    守ってあげたくなるような
    母性本能をくすぐられるような甘い声。

    「からめた手と手 みかわす瞳
     ただひとすじの愛なんだ」

    五郎さんならではの味のある甘い歌唱。
    五郎節もちゃんと入ってる。

    何歳になっても
    当時の自分に戻って キュンキュン。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    あぁっ(≧▽≦)

    良いですよねv 五郎さんの幼いかすれ声も♡
    私が五郎さんのファンになったのはちょっと遅くて、
    ファンになって初めて出たシングルが『美しい愛のかけら』だったんです^^
    なので、そこから過去にさかのぼりつつ、キュンキュンしてました。
    オレンジの雨のかすれ気味も。。。なんて言うのかなぁ。。
    メロディでしょうか歌声でしょうか、本当に
    心の琴線に触れて、キュンキュンしますよねぇ(* ̄∇ ̄*)

    後追いでも。

    ライチさんありがとう。

    私も後追いで 「甘い生活」の頃からです。
    でも もう お小遣いはすべて 五郎さんのレコードにつぎ込んで
    後追いだったけれど まだ幼かったから
    ちょうど その頃にこの歌がぴったりでした。

    >そこから過去にさかのぼりつつ、キュンキュンしてました。

    そうそう!!
    五郎さんの歌って 過去にさかのぼりながら
    キュンキュン出来ちゃうんですよね。

    声も ハスキーだったんですよね。
    少年の五郎さんを リアルタイムでは見れなかった分
    頭の中で イメージして キュンってしてしまいますね。

    ライチさんありがとう。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    779位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    113位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック