FC2ブログ
    2010
    05.12

    「火の鳥」野口五郎

    Category: シングルB面
    「火の鳥」 野口五郎              
    作詞・麻生香太郎 作、編曲・筒美京平
    1976年9月10日発売B

    「針葉樹」のB面として発表されたこの歌「火の鳥」

    五郎さんのシングル曲には
    何曲か B面が A面だったら・・・と
    思う作品があるのだけれど
    この作品も 聴いたときは
    「B面なんてもったいない!」
    ファンの誰もがそう思った作品ではないかな、って思います。

    1976年「北回帰線」がリリースされ
    素晴らしい一流のミュージシャンとのコラボもあり
    夢に向かい 男のロマンを歌で圧倒的に表現され
    ステージでは「歌がある限り」など
    ものすごく男らしくスケールの大きい作品を歌われていたにもかかわらず
    シングルになる歌の傾向が違っていたことは
    少し残念に思うのですけれど

    でも「火の鳥」は ファンの 五郎さんを熱狂的に思う心を
    満たす作品になったのではないかなぁ、と思います。

    しびれるような言葉に酔い
    スピード感のある曲に胸を熱くした
    当時の自分が甦ります。

    「空へ 空へ 空へ 燃えつきてもいい
     空へ 空へ 空へ 光の刃に
     死んでもいい」

    死んでもいい、なんて
    思える愛に出逢えることが夢だったような気もしますが

    長く生きてみると
    夢だけでいいような気がします。

    こんなすてきな歌で満たされれば
    十分のような気がします。
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/129-100aad2e
    トラックバック
    コメント
    のりえさんの的を得たコメントにはいつも感心しています。「しびれるような言葉とスピード感」…まさにこの曲はその通り!「空へ空へ~」この部分を聴くとホントに空へ突き抜けるような爽快感♪みたいなのを感じます。「二の腕に青いあざが出来るほど私にしがみつけ」…なんて男らしい言葉!(僕も一度は言ってみたい(笑)) 「水平線へ」「アラビアのロレンス」「グッドラック」など五郎さんには男のロマンを歌った名曲がたくさんあります。失恋の歌を切々と歌うばかりではない五郎さんのもうひとつの魅力がこれらの曲には詰まっていると思います。
    季節風dot 2010.05.16 20:10 | 編集
    季節風さん ありがとう!

    この歌の詩は 香太郎先生ですけれど
    香太郎先生と阿久悠先生は
    五郎さんの男らしい面を引き出してくださった作詞家の先生だと思います。

    「私にしがみつけ いまこそ 私に」
    うーんみんなでしがみついてしまいます~っ!!
    (ぜひ季節風さんもこんなかっこいい言葉言っちゃってくださいね~)

    >空へ突き抜けるような爽快感♪

    本当に・・・
    なんかこう ハヤブサになったような気分です。(ちょっと違うか~)

    こういう 情熱的で 圧倒的な愛に
    あこがれていた時代だったように思います。
    のりえdot 2010.05.18 00:17 | 編集
    B面が聞きたくてたまりません。
    罪作りなサイトに行きあたった私がイケナイのね。「知ってて落ち込む哀れなこの喜~び」(←でしたっけ・・・) 

    あぁ 野口五郎にこんなにはまるとは。

    シングルをまとめて買うことになりました。 ;_; 見つからないように隠し場所も確保せねば・・・。^^;
    のんこdot 2011.04.27 19:23 | 編集
    のんこさん ありがとうっ
    罪なサイト・・・という表現にすごくウケてしまいました。
    罪な女とはよく言われるけど(?違うか~)
    罪なサイトと言われたのは初めてです。
    笑った笑った!!
    のんこさん 楽しくしてくださってありがとう。

    シングルまとめて買われるのですか?!
    楽しみですね~っ。
    本当はCDがいいのだけれどねっ。

    きっと隠せないくらいいっぱいになっちゃうと思うな~っ。
    こんな風に言っていただけると
    また調子に乗っていっぱい書いてしまいそうです。

    のんこさんありがとう!
    のりえdot 2011.04.28 00:51 | 編集
    この盤は両面いいですね。「針葉樹」は大地と根をはる樹木で地表。「火の鳥」は一転して空中きりもみ、急上昇で気分はトップガンのパイロット。^0^
    やっぱ筒美さんはすごいなと再実感しましたです。^-^;
    野口五郎の声もきれい。楽しめました。

    のんこdot 2011.05.19 18:26 | 編集
    のんこさんありがとうっ

    ドラマチックですよね。
    情熱的で スピード感があって どきどきしすぎて
    なんかもう 空の上で炎上してしまいそうだー。

    B面の「もったいない」作品のベスト5に入るかな?
    のんこさんが喜んでくださると
    私もとっても嬉しくて満足です!!
    のりえdot 2011.05.20 23:40 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する