「季節風」 野口五郎

    「季節風」 野口五郎             
    作詞・有馬三恵子 作曲・編曲 筒美京平
    1977年7月21日発売A

    同名の映画でも 五郎さんは主役で出演され
    共演者も 大竹しのぶさんや田中邦衛さん、中村敦夫さんなど
    名俳優の中で 等身大の19歳の青年を演じきった五郎さん。

    http://www11.ocn.ne.jp/~norie/goro-shoji.html#goro24
    私も 車酔いで町を出たことがなかったのですが
    この映画が見たくて必死で下関の松竹に観に行きましたので
    特別の想いがあります。

    演技にかけては天才的であった大竹しのぶさんとの海でのシーン
    「海がみたい」という美紀の兄を 慎次が背負って海にきたものの
    慎次の背中で息絶える美紀の兄・・・

    「見て!お兄ちゃん!」とはしゃぐ美紀
    けれどもう答えられるはずもなく・・・

    「もう無理なんだよ」と言い聞かせる慎次に
    泣き崩れる美紀・・・・・

    圧倒されるこのシーンは今も胸に熱く残っています。


    その作品の挿入歌でもあるこの「季節風」
    詩は 五郎さんには当時としては珍しい有馬三恵子さんの詩でしたが
    なんとも切ない 
    けれど女性だからこそ表現できる男性の心情のようなものが
    とても表現され
    五郎さんも豊かに表現された胸を熱くする一曲。
    曲は京平先生です。

    この映画の公開日の前日には ラブラブショーで
    池上季実子さんとご出演
    作詞者である有馬三恵子さんや
    映画の音楽を担当された東海林修先生もご出演され
    貴重なお話も沢山聴けました。

    ひたむきで神経質で真面目な五郎さんの素顔を知ることができましたが
    当時の五郎さんは 19歳とは思えないくらい
    大人びていらっしゃったことを
    今さらながらしみじみと想います。

    「なぜ暮らす世界が違う二人して
     名乗りあったのか
     過ぎゆく風 泣いてる日がある」

    見えないものが 見えるような気がした。
    目の前を通り過ぎる 風の心を感じた。

    そういう多感な乙女の時代でした。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    この曲の

    何とも言えない切なげなイントロが好きです。もう歌が始まる前からウルウル来そう(男ですが)。同じく「甘い生活」もイントロからウルッと来ます。有馬三恵子さんの詞も切なくていいですね。「どんなに愛してみたところで実るあてない恋だから あなたの幸せ思うならばここで耐えるしかない」「なぜ出会ったのだろう もの言わぬ過去の傷に惹かれたみたいに」今まさに別れようとしてるのだけれど彼女への思いがまだ断ち切れない、もどかしさ、切なさ…。「並んで歩けばひとの目には多分恋人にも見える」仲良く並んで街を歩いてる二人…お互い、まだ別れたくない複雑な心境が伝わって来ます。有馬先生にはもっとたくさん五郎さんにこういう切ない曲を書いて欲しかったなぁ…とつくづく思います。女性にしか表現出来ない歌詞ってあると思います。夏にはこの「季節風」、冬には「風の駅」を聴きたくなります。

    言葉が胸に沁みる

    季節風さん ありがとう!!

    風に吹かれたい時は
    記憶をたどりたい時。

    そして忘れられない記憶を
    遠く飛ばしてしまいたい時ではないかなぁ、と思う。

    この曲の切なさ
    詩の深さは
    いつまでも胸に残るものだなぁ、と思いますね。

    「いつ今日の痛みを
     懐かしい顔で思い出せるのか」

    こういう切ない世界は
    歌の世界だけでいいかな。

    そしてこの歌の世界は美しいから
    きっと
    この歌がみんな好きなのでしょうね。

    この曲の

    あまりにも切なげなイントロも好きだけど「風の駅」のズンズンズズン ズッズズッズ…と迫って来るようなイントロはもっと好きです。曲調だけで言うと「季節風」は女性的、「風の駅」は男性的な感じがします。そして「季節風」は暑い夏にふいにサラリと吹いた涼しげな南風、「風の駅」は指先まで凍えるような冷たーい北風のような気がします。カセット「愛amセンチメンタル」に収録の「風の駅」は歌の最初と最後に冷たい風の効果音が入ってて、よけい心に沁みます。

    特別に。

    季節風さんありがとう
    五郎さんの歌の中でも 季節風さんが特にお好きな歌なのですね。

    私は「季節風」を聴くと 映画のシーンを思い出します。
    初めて一人で映画館まで見に行った映画だったので。

    本当に悲しい時って
    泣いたり叫んだりを通り越して
    こんな風に風をながめてしまうものだと
    私は思うのです。
    けれど こんな風に切なさも歌にして歌えれば
    心はとても癒されますね。

    木枯らしを感じる「風の駅」も
    あぁ 自分はこんなにも人を愛せたんだと思えば
    過去も愛しいですものね。

    私はどちらかというとB面の「冬木立」の
    あの「ただ君だけを離したくなかった」というところが
    どうしようもなくたまらなく好き。

    五郎さんの歌声はどれも
    あとからあとから沁みてきますね。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    500位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    71位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示