FC2ブログ
    2009
    10.01

    「君が美しすぎて」野口五郎

    Category: シングルA面
    「君が美しすぎて」   野口五郎    
    作詞・千家和也 作曲・馬飼野俊一 編曲・馬飼野俊一
    1973年7月1日発売A面

    勢いをつけてスターへの階段を昇る時代
    千家和也&馬飼野俊一 というコラボは
    五郎さんの若さと 男性としての色気みたいなものや情熱を
    とても感じさせてくれるものでした。

    千家さんと言えば 百恵ちゃん、というイメージでしたが
    しっかりと五郎さんの作品も いっぱい作ってくださっているのですよね。

    ちょっと刺激的なスパイスと
    イメージを描きたてるような詩の世界で
    恋に恋するような時代の自分には めまいがするような感じもしましたけれど
    こうしてみれば 千家和也&馬飼野俊一さんの作品は
    本当に作品に勢いがありました。

    私的には 千家和也&馬飼野俊一さんのコラボ作品の最高傑作は
    「枯葉のいつわり」のようにも想いますが
    http://blog.goo.ne.jp/sakura316n/e/529955e515cfc5014b22de4d7bc0150c
    あれほどまでに ムードがあり
    一瞬にして その場の雰囲気を変えてしまうというのか
    身動きもできないほどに惹きつけられる魅力のある作品には
    そうそう出逢えるものではありません。

    「君が美しすぎて」は
    1973年のオリコンの年間シングルチャートにも33位にランクインするなど、
    人気にも加速がついて 
    ぐんぐんと伸びていくきっかけになった曲と言ってもいいでしょう。

    「美しすぎて 君がこわい
     美しすぎて 愛がこわい」


    「うつくしすぎて」がとても歌いづらかった、と
    のちに五郎さんが話していらっしゃいましたけれど
    それもまた新鮮で素敵なのです。

    この頃は まだ私は男性歌手には興味がなくて
    女性歌手の歌ばかり聴いて歌っていたのですが
    身体を折り曲げるように激しく歌われる姿は
    今も記憶に残っています。
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/125-5cd16163
    トラックバック
    コメント
    モネさん ありがとうございます!!
    見ていただけるだけでもほんとうに幸せなのに
    こうしてコメントをいただけると
    感激でうれしさいっぱいですっ。

    五郎さんの歌唱力や切なさ・・・
    そうですねっ 私もそこに惹かれて
    好きになっていったのだと思います!

    私たちは こうして帰る場所があって
    ほんとうに幸せです!
    ずっと歌いつづけてくださった五郎に感謝。

    私たちファンからすると
    あまりにもうれしいすてきなエピソード。
    教えてくださってありがとうございます~っ

    私にとっては「夢の人」ですが
    こういうお話しを伺えると
    ほのぼのとうれしく安心します。

    やっぱりこれも「ご縁」なのですね。
    モネさんはきっと五郎さんとご縁がおありなのですねっ。
    素敵なお話、ありがとうございますっ

    これからもよろしくお願いします~~っ
    のりえdot 2013.03.20 07:59 | 編集
    はじめてコメントさせて頂きます。 私も最近野口五郎さんや西城秀樹さんの曲をよく聴いています。

    青春時代には気がつかなかった歌詞も今になって聴いてみると理解出来て
    新たに感動してしまいますね(〃∇〃)

    野口五郎さんの歌唱力や切なさが好きでしたが、二十代半ばくらから音楽を聴くことも無くなっていました。

    何か縁があったのかもしれないのですが、三十代に勤めた会社のCMソングを野口五郎さんが唄うことになりました。

    その縁で、五郎さんの事務所のお仕事をする事になりお兄さんとは何度も会いました。

    感じのよい方でした。私は会えませんでしたが上司が五郎さんと会ったらしく冗談を言って楽しい方だと言っていました。

    丁寧な曲の紹介で、ますます「君が美しすぎて」が好きになりました!
    モネdot 2013.03.19 21:40 | 編集
    歌詞、曲、歌唱 すべてそろった名曲ですね。
    youtubeで 気がつけばまた見てしまいます・・・。リアルタイムで見た記憶はないのに。^^;

    枯葉のいつわり ですか・・・知らない。

    ああーー 気になるっぅ ^^;
    のんこdot 2011.02.04 12:46 | 編集
    のんこさん ありがとう
    あの頃は・・・私もまだファンではなくて
    知らなかったので
    後追いで ビデオなどで情熱的に歌われる
    五郎さんのお姿を見てびっくりしました。
    この頃はファンも熱狂的で
    失神する人とか多かったのではないかなぁ・・・

    そういう熱い熱い時代だったのですよね。

    「枯葉のいつわり」は
    本当に名曲でイントロのストリングスを聴いたところから
    もう身動きひとつ出来なくなります。

    絶対聴いたほうがいいです。
    当時は聴く度に泣いていました。
    これが泣かずにいられましょうか。

    「うっ!」(昔のランちゃん風にお願いします)

    すがりつきたい~~っ!、って感じです。
    (どんどん変になる)
    のりえdot 2011.02.04 15:12 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する