FC2ブログ
    2009
    09.21

    「熱い砂」野口五郎

    Category: シングルB面
    「熱い砂」 野口五郎              
    作詞・山上路夫 作曲・筒美京平 編曲・筒美京平
    1976年6月10日発売B面

    「きらめき」のB面として発表された作品。

    「きらめき」がす〜っと胸に入ってくる幸せな作品だっただけに
    このB面の「熱い砂」の作品の面白さが際立ちました。

    けだるいような大人の愛の歌。
    かなりの冒険とも感じる新しい世界でした。
    当時の私には 少し難しいと感じる作品でしたが
    聴けば聴くほど味があり 魅力を感じる一曲です。
    こういう冒険も 本当に貴重です。
    不思議な魅力にあふれた歌なのです。

    イントロもエンディングも新しいです。

    「忘れたろあなたはとうに
    夏の日の出来事などは
    僕はいまでも体に 熱い砂を感じている」

    熱い砂を本当に感じてしまいます。
    冷めることのない熱い想いが
    とても切ないのです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバックURL
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/tb.php/122-111a354d
    トラックバック
    コメント
    筒美さんの曲ってときどきまるで違う人のような作風になるなと思います。これもそのうちのひとつかなぁ。イントロや間奏で出てくる何か退廃的な雰囲気・・・ジュリーに提供された「勝手にしやがれ」などとはまた一味違う感じがします。29日の筒美特集が待ち遠しいです。^-^
    のんこdot 2011.05.27 21:39 | 編集
    のんこさん ありがとう。
    聴けてよかったですね。

    帰らない日々を想い
    「あぁ もう いやだ」と
    今の自分を嘆く時の
    切ない感じが ものすごく表現されている作品だと思いますね。

    初めて聴いた時は
    なんだか変な感じで ???、と
    よくわからないのだけれど
    聴いていくうちに
    あぁーー もうめちゃめちゃよくわかる~っ!!
    って気持ちにさせられる歌のひとつです。

    のんこさんありがとう。
    のりえdot 2011.05.28 09:05 | 編集
    を思わせる曲ですね。「遠い夏」が晩夏ならこちらは初夏と言ったところでしょうか。最初聴いた時、その曲調に「ん?」と少し戸惑いましたが聴いて行くうちに何とも味が出て来る不思議な曲です。曲ラストの「帰らな~い夏の日よぉぉ~」の「よぉぉ~」の所が好きです。聴いていて実に心地好い。こういうチョットした所に五郎さんにしか成せない「技」を感じます。
    季節風dot 2011.07.25 20:51 | 編集
    季節風さん ありがとう。
    最初は「?」なのですよね。
    なんども聴くと おもしろい作品だなぁ、って思う。
    A面にすることは最初から考えられてなかったのではと思う。
    あまりに「きらめき」という作品が良く出来たから。
    だからやりたいことを思い切りしてみた、みたいな感じ。とてもいいと思います。

    聴けば聴くほど面白い。
    不思議な曲ですね。
    五郎さんの歌声もとってもいいですね。
    のりえdot 2011.07.26 09:58 | 編集
    で言えば「裏切り小僧」のB面「カリビアンフライ」も何だか不思議な魅力です。「飛んでも飛んでもモンテゴベイ♪」 聴いてると知らぬまに身体が動いている、五郎さん唯一のテクノポップ歌謡曲ですね。個人的には「裏切り小僧」よりこっちの方がずっと好きデス
    季節風dot 2011.07.26 12:22 | 編集
    季節風さん ありがとう!!
    「カリビアン・フライ」心地良く乗れますね。
    不思議な魅力、
    本当にそうですねっ。
    この歌を聴いてると 物事が深刻にならなくて
    心が軽くなります。

    このレコードが出たとき
    学校に行く前に「カリビアン・フライ」を
    毎日聞いて登校していました。
    なんか心が軽くなるというのかな、
    憂鬱にならない 足取りが軽くなる。

    あまり学校が楽しいと思えなかったのだけれど
    この歌を聴いていたときは朝日を感じながら
    フンフン♪って学校に行けてました。

    歌は 音で開く人生のアルバムですよね。
    のりえdot 2011.07.26 16:49 | 編集
    モンテゴベイ♪憂いの待ち伏せモンテゴベイ♪せめて夢でうつつスリップ♪?何とも意味不明?な歌詞がツボです。CD化もされてないB面曲なのでもしかしたら反応薄いかも?って思ってましたが、さすがのりえさん、きちんと反応してくれましたね。嬉しい!学校に行く前にこの曲を…それ、いいですねぇ 何だか一日ハッピーに過ごせそうで。三角形のパラダイスまで♪ 何事も前向きに頑張ろう!そんな気分にさせてくれます。
    季節風dot 2011.07.27 18:54 | 編集
    こんばんわ。
    今日はテレビで コロッケさんの五倍速の五郎さんのものまね見ましたけれど
    なんだかな~っ(笑)
    五郎さんも 五郎ファンも 心が広いから
    コロッケさん やっちゃうんでしょうね。

    カリビアン・フライは それまでになかった曲だったし
    とても軽くて楽しいと思いました。

    たとえば 痛みを取るおまじない「ちちんぷいぷい」とか
    意味不明だから効くような気がするように
    この歌詞の意味も よくわからないからこそ
    きっと心に効くのだと想いますね~。
    心がとっても軽くなるもの。

    陽射しは負け犬・・・とか おもしろいですよね。いとしさ灼けずに・・・とか
    よくわからないけれど なんかわかる気がする。
    もう とっても傷ついているんだよね。
    言葉で哀しみを散らしている気がする。
    実際 聞いてて心が軽くなるもの。

    「せめて夢で うつつスリップ カリビアン・フライ~」というところが特に好きかな。

    遠浅のようでとっても深いな~っ(*^^*)
    のりえdot 2011.07.28 00:10 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する