「音楽祭」野口五郎

    「音楽祭」野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・東海林修 編曲・東海林修

    1976年3月20~23日     日劇リサイタル~女友達
    1976年4月29日         GORO ON STAGE 故郷に帰るⅡ


    この作品は'76の日劇リサイタルで歌われた「三つのオムニバス」の中の一曲です。
    懸命に歌い続けてきた 歌手・野口五郎の歴史 
    そして歌い続けていく熱い想いを感じられる名曲です。

    12分もの歌の中に 五郎さんの歌に賭けた日々と想いがあふれています。
    当時 五郎さんは誰よりも歌唱力があるアイドルと評されていましたが
    なぜかなかなか賞をもらう事ができず 五郎さん本人もファンも とても悔しい思いをしていました。
    この歌は 人間としての五郎さんの偽りない姿
    正直で人間らしいありのままの五郎さんの姿
    ただ歌うことに一生懸命に生きてきた五郎さんの人生そのものなのです。
    私たちはこの歌を聴いたとき ただ涙を流し
    五郎さんの生き方に共感し 感動しました。

    音楽祭の そのステージの場面が目の前に見えるような素晴らしい音楽
    東海林修先生なればこその作品。

    華やかなステージの上で 走馬灯のように駆け巡る今日までの日々
    すべてを乗り越えてこの華やかなステージに立っている自分
    思いはデビュー当時の苦労や
    支えになった母に対する熱い想いまでこみ上げて
    涙をこらえる事ができません。

    発表の瞬感を迎えるまでのドキドキ感、心の動き
    高鳴る胸の鼓動、そしてファンファーレ
    一瞬にして崩れ落ちる歓喜のイメージ
    いつしか自分が五郎さん自身へと重なっています。

    1974年 音楽祭の夜 武道館から自宅までの道のりを 五郎さんは歩いて帰られたそうです。
    この歌 そのものなのです。
    1975年賞をいただけたとき 五郎さんの口から出た言葉は
    「やっともらえた」
    それほどまでに ただ歌うことだけに青春を燃やし
    人生を賭けて走ってこられた五郎さんの熱い想いに
    私たちファンも感動しました。
    この「音楽祭」という歌は 五郎さんの人生そのもののような気がします。


    すべてを乗り越えて
    五郎さんはこう歌ってくださっています。

    『自分の道をまっすぐ行こう
     心の歌を歌い続けよう
     僕の歌声愛してくれる
     あなたのために あなたのために 
     あなたのために・・・・』

    穏かな余韻を残すエンディングは
    まるで神々しい美しい光を浴びているようなしあわせな感覚
    「五郎さんの歌があってよかった」と満たされてよろこびにあふれる瞬間です。

    三つのオムニバスの中で唯一音源化されている作品。
    生きる勇気をいっぱいもらえた素晴らしい作品です。

    物事は結果を出すために動いているのではありません。
    五郎さんは ただひたむきに 歌い続けてくださいました。
    賞など取れなくても 私たちはとてもとても幸せでした。
    五郎さん自身も 自分自身のために
    そして私たちファンのために 懸命に歌い続けてくださいました。

    ともに輝いた時代、
    青春のひとコマ。
    涙も笑顔もとても愛しい気がします。
    幸せな時代だと心から思います。

    五郎さんと東海林先生の作品は この心に生きる勇気を与えていただける作品です。
    心から復刻を祈っています。
                                                
    (07.02.07)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    お返事

    管理人のみ閲覧できるコメントでお問い合わせいただきました方に
    お返事いたします。

    私の拙いブログを読んでくださり
    コメントをいただき
    本当にありがとうございます。

    さて1976年4月29日GORO ON STAGE 故郷に帰るⅡの音源化されているものについての
    お問い合わせですがライヴカセットテープとして発売されています。
    「故郷に帰る2」 1976年昭和51年7月10日発売 です。

    くわしくはGORO-NETをご覧ください。
    http://www.goro-net.com/
    直接のリンクは許可されていないようです。
    STORYから入られて1976年をクリック。
    7/10 故郷に帰る2 をクリックすると
    カセットのジャケットや曲目等書かれています。

    偶然ですが
    私も昨日の朝 この曲を改めて聴いたのですが
    当時の音楽祭の 発表までの緊張感や
    発表後の 切ない気持ち、
    あの時代をともに生きた者のみぞ知る
    あの時代のうれしさや切なさ
    しみじみと思い出しました。

    当時ラジオで聴いて感動しましたが
    今も忘れられない作品のひとつです。
    コメントありがとうございます。
    また お待ちしております。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    779位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    113位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック