「女友達」野口五郎

    「女友達」野口五郎
    作詞・山上路夫 作曲・佐藤寛 編曲・クニ河内    
    1976年2月10日発売A面

    この歌が発売されての 春のコンサート
    私は初めて 野口五郎さんという歌手のコンサートに行きました。
    ずっと好きで好きでたまらなかった五郎さんのコンサート
    いつも行きたくても 車酔いがひどくて
    まったくと言っていいほど車に乗れなかった自分は
    コンサートも諦めていましたが

    父がバイクの後ろに私を乗せて
    会場である 宇部まで私を乗せて連れて行ってくれたことは

    たぶん
    自分の人生において

    きっとそれまで生きてきた中で
    一番うれしくて幸せに感じた
    一生忘れられない思い出となった出来事でした。

    このとき、コンサートで聴いた「箱舟の帰還」は
    http://www11.ocn.ne.jp/~norie/cont.html#songs10
    もう自分がどこにいるのかわからないくらいの感動を覚えましたし
    言葉に出来ないほどの感動というのは こういうことなのだと
    実感するほどに聴いていて震えた一曲です。

    このコンサートで聴けた歌は 私にとっては
    何よりも大切な宝物のように 今も感じています。

    そして この時コンサートで聴いた「女友達」は
    レコードで聴くより、ものすごくパワーがあり心に響いて、
    今さらながらステージでの東海林修先生の編曲の素晴らしさを 
    しみじみと思うのですが
    力強く心に 五郎さんの歌声が心に響くものでした。

    父親のバイクの後ろに乗せられての帰り道
    ラジオをイヤホーンで聴いてました。
    帰り道 RKBラジオの「ベスト歌謡50」を聴いていたら
    五郎さんの「女友達」が流れてきました。
    たぶん1位が「春一番」で「女友達」は2位ではなかったかと思います。

    それを聴いたら わんわん泣きたいくらいに
    切なくてたまらなかったのです。
    しばらくは 放心状態で過ごしたように思います。
    恋わずらいと同じ状態でした。

    この作品は 五郎さんのお兄さんの作品で
    不思議と イメージとともに匂いまで感じられる歌です。

    当時のあの 熱にうなされるような
    胸の切なさや苦しさまで甦ります。

    「あれはいつだか 旅にも出かけた
     山の淡雪 きれいな季節だ」

    ただただ あの熱い時代が甦り
    言葉にもならない締めつけられるような想いに
    身を任せるのです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    聞いて^^

    こんばんは^^
    私が生五郎くんに出会ったのは、のりえさんの部屋にもあった「カルピスソーダー」のコンサートでした。飲料水を何本か飲んで応募して当たった、一枚のチケットを大事そうに握り締め、会場入りをしワクワクドキドキで開演を待ちました。

    初めてで一人と言うのは、かなり緊張するものです。
    「こんなにも沢山のFの方がいるんだぁ~」と・・
    お隣の席のFの方は、随分とコンサート慣れした方で、オープニングからの「黄色い声」に圧倒されたのを今でもはっきりと思い出します。

    白い羽のコスチュームで登場した五郎くんは幻想的でとっても眩しく、この世の人とは思えない感じでした。体の芯まで響くサウンドと歌声に鳥肌が立ち、「TVで聞く五郎くんだぁ」と当たり前の事ですが、全てが感動でした。

    生五郎くんを目の前にして、感動と同時に遠い遠い存在に感じたのも事実です。

    彼はいつも私のすぐ側にいてくれて、私の「彼」だと勝手に思っていたのですから^_^;・・(若い!)

    感動とショックでコンサートの後は食べ物を口にする事も出来ず、放心状態の数日を送りました。
    体重が数キロ減ったのを覚えてます。

    それからです。私の五郎熱がヒートアップして行ったのは。。。
    FCに入会し、アルバムを購入し、コンサートは必ず
    行くと言う五郎命の生活になりました。
    同居の兄を巻き込み(神戸で二人暮らし)、実家の家族を巻き込み・・
    まさしく私の青春時代です^^

    そうそう、1部でお隣になった彼女から「2部の友達のチケットが一枚余っているのでどうぞ」と頂いて、2ステージ見ることが出来ました。この経験も五郎熱が上がった要因で有ったと思います。
    と長々と書きましたが、ごめんなさいm(__)m

    結婚を期に、「五郎」を封印してきた私ですが、子育ても終了した今、引き出しの奥の方から「五郎」を取り出して、目の中ハートに成っている今日この頃です。

    ありがとうございます~っ

    きゃーーっ クララさんごめんなさいっ
    今コメントに気がつきましたっ

    クララさんのすてきなお話
    とってもとってもうれしいですっ

    そうですかっ
    カルピスソーダのコンサートなのですねっ
    1975年でしたね。
    曲目を見ても
    本当に感動的なコンサートだったことが伺えますね。

    何か覚えていらっしゃねことがあったら
    ぜひ作品とステージのページでご紹介させていただきたいので
    教えてくださいねっ。
    お願いします。

    私も初めてのコンサートのことは
    決して忘れられませんけれど
    本当に夢の中にいるようでした。

    あれほど感動することって
    生きているうちに何回あるでしょう。
    それくらい 忘れられないものです。

    またぜひ すてきなお話聞かせてくださいね。

    おまちしています。

    クララさん ありがとう~っ!

    レコードで聴くより

    ものすごくパワーがあり…わかりますわかります!この頃の五郎さんの歌唱力はホントに凄かったです。五郎さんのどこまでも伸びるビブラートが好きでした。のりえさん、初めて行ったコンサートで聴いたのならいっそう思い出深い一曲♪でしょうねでもこの「女友達」はオリコン最高順位4位。この曲の前後3曲がすべて2位をとってるのでちょっと惜しい感じがします。もしこの曲も2位をとってたら「7曲連続2位」と言う輝かしい記録が残ったのに…っていつも思います。前作の情熱的な「美しい愛のかけら」 と、ファンには人気の高い「きらめき」に挟まれてちょっと地味な印象の曲ですが、「ふるい宿屋で浴衣に着替えて君はふざけて歌ってみせた」と言う二番の歌詞がとても印象的で好きです。

    ステージが忘れられない

    季節風さんありがとうございます。
    今も忘れられない初めてのコンサート・・・
    うるうる・・・

    コンサートの歌が一段とすごい迫力だったのは
    やっぱり東海林先生のアレンジの素晴らしさもあったと思います。
    五郎さんの歌声は まろやかで温かく
    ハートをキュンキュンってさせてくれるパワーに満ちていました。
    そしてこの世の人とは思えないかっこよさでしたし(笑)
    おしゃべりが とつても楽しくて
    声を上げて笑ったことを 今も思い出します。
    幸せな記憶です。

    お喋り上手な五郎さん

    それは当時も今も変わりませんね 今年のSTBでもお喋りが楽しくて笑ってばかりいました。でもその後は歌でしんみり泣かせるんだから…「ファンを笑顔で参らせておいて涙でとどめをさすつもりかい」って感じですね(←どこかで聴いたフレーズ)

    いいな~

    季節風さん ありがとうございます。
    今年のSTB、いかれたのですかっ!
    60曲以上 一週間歌い続けるなんて
    あまりにもすごいことです!!

    五郎さんのおしゃべりは
    昔から本当に楽しいのですが
    楽しいだけではなく ムードがあって
    本当にすてきですよねっ。

    どっかで聴いた~っ、というような
    季節風さんのコメントも 楽しませていただきました!
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    758位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    122位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示