FC2ブログ
    2019
    07.26

    「ある再会」 野口五郎

    Category: シングルB面
    「ある再会」 野口五郎            
    作詞・伊藤アキラ 作曲・山中涼平 編曲・山中涼平 
    デュエット・里見奈保
    1982年5月25日発売B

    シングル「ふるえて眠れ」のB面作品。

    「久しぶり・・・「そうね」 元気かい?
    どうしてる? 「まあね」 噂きいたよ
    あの話・・・「嘘よ」 気になるね」

    男と女の 再会のシーン。
    対話方式の歌ではあるけれど
    女性の姿は幻のようでもあります。
    こういう曲の作り方も とても斬新で
    冒険しつつ 配慮もされた
    おもしろい作品だと思います。

    そうね・・・まあね・・・嘘よ・・・・
    こんな短いあやふやな言葉で
    男性を惑わせる女性など
    自分には程遠いと思ったものです。
    あの噂って何・・・?
    聴く方も気になります。

    恋はミステリアスな方が より相手を惹きつけるものですが
    なかなかそんな女性にはなれないものです。
    クールで大人な女性の声が
    都会的で かっこいい女性を連想させます。

    デュエットの声は里見奈保さんといわれる方が歌われています。
    当時は何とも思わなかったのですが
    里見奈保さんってどなたなのでしょう。
    鶴田さやかさんが昔 この芸名を使われていたそうなのですが
    鶴田浩二さんのお嬢さんである鶴田さやかさんだったのでしょうか。
    わかりません。
    その時に ちゃんと聞いてなかったので
    わからないままに37年も来てしまって 困ったものです。
    どなたか知っていらしたら どうか教えてください。

    メロディも馴染みやすく覚えやすいのですが
    あの頃のファンは 見も知らぬこのクールな歌声の
    美しそうな女性に 本能的に嫉妬してしまったのではないでしょうか。
    女って やーねっ、って 今となれば 笑えるのですが
    若い頃は やっぱり仕方なかったよなぁ、と思います。
    だって女なのですものね~。五郎さんを大好きな。

    これはB面にしておいてよかったですね。←(ここ、笑うところ)

    キーはとても高く感じますが
    五郎さんの声は良く出ています。
    いろいろな世界があるから
    野口五郎の世界は面白い。

    そう思います。

    スポンサーサイト



    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.25

    「ダイヤル177」 野口五郎 

    Category: シングルA面
    「ダイヤル177」 野口五郎            
    作詞・伊藤アキラ 作曲・山中涼平 編曲・山中涼平 
    1981年12月25日発売A 

    当時の私はまだ子供でしたので
    五郎さんには 理想の王子さまでいてくださることを
    望んでいたような気がします。

    その五郎さんが 突然髪の毛がチリチリになり
    「裏切り小僧」というような歌をシングルとして出された時には
    正直 何か嫌なことでもあったのだろうか、と
    心配になってしまったのですが

    考えてみればもう25才の大人の男性なのですから
    自然な流れでもあったのだと思います。

    ところが ファンである自分は
    ファンになった当時より 
    あまり精神的に成長していなかったので
    衝撃度は大きく どうされたのだろう、などと考えるような事で
    五郎さんには申し訳なかったなぁと思います。

    その次の作品として発売されたのがこの「ダイヤル177」です。

    「お前が別れたいと言うのなら
    いいだろ そうするしかないだろうな」

    投げやりのようにも感じる
    突き放される感じに
    当時の私としては 少し五郎さんの世界が変わられたのだと
    さみしく感じられたのですが
    過ぎてみれば こういう世界も
    やっぱり必要だったんだなぁと思います。

    色々な世界があるから 野口五郎の世界は面白い、のですから。

    お店の中に 同じものばかり並んでいるお店は
    サプライズもないし ワクワクもありません。

    50年近く歌い続けられてきた「野口五郎商店」には
    ほんとうにたくさんの 驚きもありますし
    ワクワクもありますし まさかの掘り出し物もあって
    通い出したらクセになる・・・というお店、になりました。

    長く歌い続けて来られた分
    すべての作品が輝きます。
    継続は力なり、を 実践されてきた野口五郎さんだからこその
    面白さが 今の五郎さんにあります。

    すべての歌の世界が
    野口五郎という歌手の背中を押していますし
    その世界の楽しさを
    ようやく 世の中の人がわかり始めた、のではないでしょうか。

    天気予報は177番。
    この歌が出されてから 私は 間違えたことはありません。
    しかし 最近では スマホで天気予報も観れる時代になりまして
    歌は 世を映すものだなぁと しみじみと時代の流れも感じます。

    今はどちらかというと 災害用伝言ダイヤルの 171番を
    忘れないようにしなくては・・・と考えるような時代になりました。

    五郎さんには これからも
    色んな歌の世界に挑戦していただきたいと願っております。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.18

    「The birth GORO anniversary」野口五郎

    「The birth GORO anniversary」野口五郎
    2016年02月23日発売

    全曲語れたアルバムにつきましたは
    新しいカテゴリ「アルバムインデックス」に入れさせていただきます。
    レビューを読んでいただけるとうれしいです。


    1.僕をまだ愛せるなら
    2.君に逢いたいよ
    3.また、めぐり逢うために
    4.でも好きだよ
    5.愛してると言うまえに
    6.再会タイムマシン
    7.Rainy~会えない週末
    8.甘い生活 (2016年)
    9.私鉄沿線 (2016年)
    10.それぞれの時 〔高柳明音 Ver〕
    11.僕をまだ愛せるなら (Acoustic Ver)

    曲名をクリックしてご覧ください。

    只今販売中です!!

    https://tower.jp/item/4153231/The-birth-GORO-anniversary-%5bCD%EF%BC%8BDVD%5d%EF%BC%9C%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4%EF%BC%9E


    id_6820490471.jpg


    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.17

    「僕をまだ愛せるなら 」(Acoustic Ver) 野口五郎

    「僕をまだ愛せるなら 」(Acoustic Ver) 野口五郎
    作詞:松井五郎 作曲:森正明 編曲:野口五郎
    2016年02月23日アルバム「 The birth GORO anniversary 」

    「僕をまだ愛せるなら」が シングルとして発売されましたのが
    2012年5月2日でしたが
    2016年2月23日に発売されたアルバムには
    ご自分で編曲をされて あらためてレコーディングされた
    アコースティクバージョンが入っております。

    この5月に この曲のアンサーソングとして
    「これが愛と言えるように」が発売になりました。
    聴きごたえのある 素晴らしい作品ですが
    この歌を聴くと「僕をまだ愛せるなら」が
    どうしようもなく聴きたくなります。

    そして聴いてみると
    おぉ、しみじみと すてきな作品だなぁ~、と思うわけです。

    「色のない 花だけで
    どれだけの傷を癒せるだろう

    幸せに人は 迷うけれど
    幸せを嫌う人なんていない」

    人生は考えれば考えるほど深く
    悟ったつもりで いまだ悟れず・・・。

    君をまだ愛せるとわかってほしい・・・
    ということは
    今も愛しているけれど
    もっともっと深く愛せる・・・と いうことでしょうか。

    共に生きて これまでにいろんなことがあったけれど
    これからも一緒に生きて行こう、という
    メッセージなのかなぁと 思います。

    歌詞が とても深いので
    人によって 受け取り方も違うかもしれませんが
    人によって違ったとしても それはそれで良いのだと思います。

    ギターと ヴァイオリンとピアノ。
    優しく胸に染み入るような
    アルバムバージョンです。

    シングル盤と聴き比べてみるのも
    また 楽しいです。
    アルバム「 The birth GORO anniversary 」は
    聴いていても飽きない、
    今の五郎さんの良さを十分に感じられる
    すてきなアルバムとなっています。
    お勧めです。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.14

    「やさしく教えて」  野口五郎  

    Category: シングルB面
    「やさしく教えて」  野口五郎           
    作詞・山上路夫 作曲・筒美京平 編曲・井上艦 
    1980年9月21日発売シングルB

    シングルでは1976年の「きらめき」以来、
    山上路夫作品が出ていませんでしたが
    4年ぶりにこの年「さすらい気分」で山上先生とのコラボが復活、
    その次の作品の「愁雷」のB面に収められているこの作品も
    山上路夫先生の作品です。

    印象としては とてもお洒落で垢抜けており
    心地よく安心聴ける作品です。
    一緒に歌う、というより 気持ちよく聴く、という感覚です。

    この年、久々に 山上路夫/筒美京平 というコラボが復活し
    とてもうれしかったのですが
    山上先生がとても明るい詩を書かれるようになったんだなぁ、と
    この時には思いました。

    今聴くと 当時より さらに すぅ~っと 耳に馴染み
    心地よくて オシャレで しなやかで ハイセンスで 素敵だと思う。

    B面にしておくには もったいなかったなぁ・・・。
    すごく素敵なのに・・・。

    「調子に乗って 遊び回るなよ
    そんなことは 教えなかったよ」

    ここのところが すごくいい。
    ふっと出てくる言葉とメロディ。
    お洒落だしスマートだし 都会的。

    ただただ さすがだなぁ~、
    プロフェッショナルな世界なのだもの♪・・・と
    うふっ、って 感じにさせられます。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.05

    「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」

    「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」野口五郎
    2010年8月4日発売

    全曲語れたアルバムにつきましたは
    新しいカテゴリ「アルバムインデックス」に入れさせていただきます。
    レビューを読んでいただけるとうれしいです。

    1.また逢う日まで
    2.さらば恋人
    3.魅せられて
    4.甘い生活
    5.あなたがいたから僕がいた
    6.積木の部屋
    7.襟裳岬
    8.雨の御堂筋
    9.危険なふたり
    10.横須賀ストーリー
    11.若き獅子たち
    12.愛人
    13.あずさ2号 featuring 布施明
    14.私鉄沿線
    15.ジョニィへの伝言 [bonus track]
    曲名をクリックしてご覧ください。

    販売中です。
    https://tower.jp/item/2732623/GORO-Prize-Years,-Prize-Songs-~%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%81%A8%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%81%9F%E3%81%A1~%EF%BC%9C%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4%EF%BC%9E

    DVD付きと ボーナストラック付きでジャケットも違います。
    id_6268685141.jpg
    これで私のブログのアルバムインデックスは、16枚~~っ。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.05

    「私鉄沿線」 野口五郎「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」

    「私鉄沿線」 野口五郎「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」
    作詞・山上路夫 作曲・佐藤寛 編曲・馬飼野俊一
    2010年8月 アルバム「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」。

    昭和の名曲のアルバムの中に
    五郎さんはご自分の作品も2曲入れられました。
    それが「甘い生活」と「私鉄沿線」です。

    この2曲は 世の中の方が
    とても聞きたいと望まれる野口五郎さんの大ヒット曲です。

    どちらもオリコンの第一位を記録した作品です。
    当時の売り上げでは「甘い生活」の方が勝っていましたが
    今では 野口五郎、といえば「私鉄沿線」というイメージが定着しました。

    何しろ言葉がきれいです。
    そして この歌詞が 昭和という時代を映しており、
    人の心に懐かしく映る世界となったということもありますし
    イントロのシタールの音色が なんともノスタルジックに
    胸に響く作品で 強く印象に残る世界だから、ということもあります。

    が、なにしろ当時の五郎さんの歌声が 
    そこから離れたくないような 
    うっとりとしてしまうくらい素晴らしい歌声だったことを 
    みなさんが覚えてくださっている、ということもあると思います。
    毎日 いくつも歌番組があった当時には
    テレビやラジオで 毎日のように五郎さんの
    この歌を聴いた、という方も多いと思います。

    そして この歌は 五郎さんのお兄さんが作曲されて一位になった作品ですし
    五郎さんも 常に歌い続けてこられた、ということも大きいと思います。

    この歌をステージで歌われますと 今でも大きな拍手が湧き起こり
    歓声が聴かれます。
    みなさんが とても聴きたいと望まれる歌が この歌であること
    コンサートなどに行きますと 特に実感します。

    その「私鉄沿線」を当時の世界観を大切にして
    セルフカバーされたのが この「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」

    このアルバムの五郎さんは
    年を重ねられても まったく変わらない印象です。

    そしてさらに進化されたと感じられるような歌声。
    それも オケと同時録音の一発勝負で聴かせてくださっているのですから
    感動的です!!

    ちなみに 当時のシタールの演奏も五郎さんご本人だったとのこと。
    才能あふれる五郎さんの さらなるサプライズやカミングアウトが楽しみで
    五郎さんから目が離せません。

    楽しめる このアルバム
    ぜひぜひ お聴きいただきたいと思います。

    [CD収録曲]
    ●また逢う日まで(尾崎紀世彦) ※1971年 第13回日本レコード大賞
    ●さらば恋人(堺 正章) ※1971年 第13回日本レコード大賞 大衆賞
    ●魅せられて(ジュディ・オング) ※1979年 第21回日本レコード大賞
    ●甘い生活(野口五郎) ※1974年 第16回日本レコード大賞作曲賞
    ●あなたがいたから僕がいた(郷ひろみ) ※1976年 第18回日本レコード大賞・大衆賞
    ●積木の部屋(布施明) ※1974年 第16回日本レコード大賞歌唱賞
    ●襟裳岬(森進一) ※1974年 第16回日本レコード大賞、第5回日本歌謡大賞
    ●雨の御堂筋(欧陽菲菲) ※1971年 第13回日本レコード大賞 新人賞
    ●危険なふたり(沢田研二) ※1973年 第4回日本歌謡大賞
    ●横須賀ストーリー(山口百恵) ※1976年 第7回日本歌謡大賞・放送音楽賞
    ●若き獅子たち(西城秀樹) ※1976年 第18回日本レコード大賞・歌唱賞
    ●愛人(テレサ・テン) ※1985年 第18回日本有線大賞
    ●あずさ2号(狩人) ※1977年 第19回日本レコード大賞・新人賞
    ●私鉄沿線(野口五郎) ※1975年 第8回日本有線大賞
    ボーナストラック
    ●ジョニーへの伝言(ペドロ&カプリシャス) ※1973年 第15回日本レコード大賞・作詞賞

    https://tower.jp/item/2732623/GORO-Prize-Years,-Prize-Songs-~%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%81%A8%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%81%9F%E3%81%A1~%EF%BC%9C%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4%EF%BC%9E
    1.また逢う日まで
    2.さらば恋人
    3.魅せられて
    4.甘い生活
    5.あなたがいたから僕がいた
    6.積木の部屋
    7.襟裳岬
    8.雨の御堂筋
    9.危険なふたり
    10.横須賀ストーリー
    11.若き獅子たち
    12.愛人
    13.あずさ2号 featuring 布施明
    14.私鉄沿線
    15.ジョニィへの伝言 [bonus track]

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.04

    「危険なふたり」 野口五郎「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」

    「危険なふたり」 野口五郎「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」
    作詞・安井かずみ 作曲・加瀬邦彦 編曲・馬飼野俊一

    2010年8月に発売されたアルバム「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」。

    よく考えるのですけれど
    昭和のスターは すごかったなぁ~~、ということです。

    顔も良ければスタイルも良いし 歌も上手い。
    そしてムードがあって 人を釘付けにする魔力がある。
    あの時代のスターって 魔術師の集団のようだったなぁ・・・
    なんて思います。

    そして 残っていく歌、残っていく歌手というのは
    間違いなく声がいい。
    一声聞いたら
    あぁ あの人だ、とわかるくらいの魅力のある声。

    人は意外と見た目だけで判断していないと思う。
    声をしっかり 聴き分けているんだ、って思います。

    「危険なふたり」
    沢田研二さんは 本当にカッコよかったなぁ~
    しなやかで 甘くて 大人の雰囲気。

    そして沢田研二さんは 感覚で表現出来てしまうタイプ。
    感性で表現されるから
    コンサートでもよく泣きながら歌われていましたが 
    スタジオのレコーディングでも
    泣きながら歌われて それを世に出されていました。

    この「危険なふたり」も沢田さんの歌声は 最後の「愛しているのに~」というところが
    よろめくような音程だったんだけれど
    それが まさにツボにはまる、というのか
    この世界は こうだよね~、って思えるし
    そこが何とも言えず魅力的で カッコイイって思えました。
    そういう人間らしさを 沢田さんはさらけ出せる人、だったので
    みんながリスペクトしたのではないかなぁ、とも思います。

    たぶん今の時代なら こんな作品は世に出ないと思う。
    機会でなんでも修正してしまえるらしいし
    音程もきちんと直すことができるらしいから。
    でも この修正しないすごさ、というものを
    私たちは ちゃんとわかっていた。

    そして 私としては 五郎さんが 沢田さんの歌を歌われたところを
    あまり見たことがなかったので すごく 楽しみにして聴いた作品でもあります。

    五郎さんが歌われると ちゃんと五郎さんの世界になっている!!

    この曲は 原曲は 五郎さんが一時期
    いつもコンサートで一緒だった東海林修先生のアレンジだから
    きっと楽しんで歌われたと思っています。
    「許されない愛」とか「追憶」でもよかったのだけど(*^-^*)。
    こちらの方が ノリがいいですものね。

    とにかく この一曲は 私はとても嬉しく楽しめました。

    オケと同時録音で 聴かせていただけるこのアルバム、
    プロフェッショナルな世界で 聞きごたえ十分。

    自分の人生と照らし合わせながら聴けて
    とても楽しいと思います。
    [CD収録曲]
    ●また逢う日まで(尾崎紀世彦) ※1971年 第13回日本レコード大賞
    ●さらば恋人(堺 正章) ※1971年 第13回日本レコード大賞 大衆賞
    ●魅せられて(ジュディ・オング) ※1979年 第21回日本レコード大賞
    ●甘い生活(野口五郎) ※1974年 第16回日本レコード大賞作曲賞
    ●あなたがいたから僕がいた(郷ひろみ) ※1976年 第18回日本レコード大賞・大衆賞
    ●積木の部屋(布施明) ※1974年 第16回日本レコード大賞歌唱賞
    ●襟裳岬(森進一) ※1974年 第16回日本レコード大賞、第5回日本歌謡大賞
    ●雨の御堂筋(欧陽菲菲) ※1971年 第13回日本レコード大賞 新人賞
    ●危険なふたり(沢田研二) ※1973年 第4回日本歌謡大賞
    ●横須賀ストーリー(山口百恵) ※1976年 第7回日本歌謡大賞・放送音楽賞
    ●若き獅子たち(西城秀樹) ※1976年 第18回日本レコード大賞・歌唱賞
    ●愛人(テレサ・テン) ※1985年 第18回日本有線大賞
    ●あずさ2号(狩人) ※1977年 第19回日本レコード大賞・新人賞
    ●私鉄沿線(野口五郎) ※1975年 第8回日本有線大賞
    ボーナストラック
    ●ジョニーへの伝言(ペドロ&カプリシャス) ※1973年 第15回日本レコード大賞・作詞賞

    https://tower.jp/item/2732623/GORO-Prize-Years,-Prize-Songs-~%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%81%A8%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%81%9F%E3%81%A1~%EF%BC%9C%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4%EF%BC%9E
    1.また逢う日まで
    2.さらば恋人
    3.魅せられて
    4.甘い生活
    5.あなたがいたから僕がいた
    6.積木の部屋
    7.襟裳岬
    8.雨の御堂筋
    9.危険なふたり
    10.横須賀ストーリー
    11.若き獅子たち
    12.愛人
    13.あずさ2号 featuring 布施明
    14.私鉄沿線
    15.ジョニィへの伝言 [bonus track]

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.03

    「甘い生活」 野口五郎「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」

    「甘い生活」 野口五郎「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」
    作詞・阿久悠 作曲・都倉俊一 編曲・馬飼野俊一

    2010年8月に発売されたアルバム「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」。
    誰もが知ってる歌を集めて カバーされました。
    昭和の 良き時代。
    懐かしい歌ばかりで
    すぐに一緒に歌える歌ばかりです。

    そして その中で
    ご自分の作品も あらためてカバーされています。

    もう一度オケから 当時の印象のままに作られたことは
    権利の問題もありますし
    とても良い機会だったと思っています。

    コアなファンであれば
    違いもわかりますが
    一般の方が聞かれると
    たぶんその違いが わからないのではないかと思います。

    当時の印象を大事にされ
    みんなの想いを大事にされ
    歌われています。

    変わらない、という凄さを
    実感できるこのアルバムの歌唱。

    「甘い生活」は
    五郎さんが初めてオリコンで第一位を取った記念すべき一曲です。

    顔、スタイル 声 どれをとっても
    100点満点!!
    いや 満点以上!!

    この世にこんなに 美しくて カッコよくて 
    甘い雰囲気で 良い声の人がいるのかと
    ビックリしましたし 惚れ惚れとしました。

    とてもこの世の人とは思えなかったです。
    こう言うと 笑われるかもしれませんが
    多分 みなさん そう感じられていたはずです。

    子供心に 「ノグチゴロウ」という 恋の矢が刺さり  
    完璧にノックアウト。
    病的に 大好きになって
    胸が切なく 息も苦しく わけもなく涙し
    五郎さんの歌を聴きまくったあの時代は
    今思えば クレイジーですが
    とても幸せだったような気がします。

    たぶん日々 この目はハート型に変わっていました。
    周りの人を心配させるくらい
    ハートの瞳で生きれたことを
    幸せに思っています。

    「甘い生活」は 声がもう しびれるくらい素晴らしく良くて
    これは売れるべくして売れた作品だと思います。

    五郎さんにとって これはやっぱり宝物だと思う。
    トップに躍り出たパワーのある一曲。

    ぜひ 他の昭和の名曲と一緒に
    みなさまもお聴きいただきたと思います。

    [CD収録曲]
    ●また逢う日まで(尾崎紀世彦) ※1971年 第13回日本レコード大賞
    ●さらば恋人(堺 正章) ※1971年 第13回日本レコード大賞 大衆賞
    ●魅せられて(ジュディ・オング) ※1979年 第21回日本レコード大賞
    ●甘い生活(野口五郎) ※1974年 第16回日本レコード大賞作曲賞
    ●あなたがいたから僕がいた(郷ひろみ) ※1976年 第18回日本レコード大賞・大衆賞
    ●積木の部屋(布施明) ※1974年 第16回日本レコード大賞歌唱賞
    ●襟裳岬(森進一) ※1974年 第16回日本レコード大賞、第5回日本歌謡大賞
    ●雨の御堂筋(欧陽菲菲) ※1971年 第13回日本レコード大賞 新人賞
    ●危険なふたり(沢田研二) ※1973年 第4回日本歌謡大賞
    ●横須賀ストーリー(山口百恵) ※1976年 第7回日本歌謡大賞・放送音楽賞
    ●若き獅子たち(西城秀樹) ※1976年 第18回日本レコード大賞・歌唱賞
    ●愛人(テレサ・テン) ※1985年 第18回日本有線大賞
    ●あずさ2号(狩人) ※1977年 第19回日本レコード大賞・新人賞
    ●私鉄沿線(野口五郎) ※1975年 第8回日本有線大賞
    ボーナストラック
    ●ジョニーへの伝言(ペドロ&カプリシャス) ※1973年 第15回日本レコード大賞・作詞賞

    https://tower.jp/item/2732623/GORO-Prize-Years,-Prize-Songs-~%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%81%A8%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%81%9F%E3%81%A1~%EF%BC%9C%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4%EF%BC%9E
    1.また逢う日まで
    2.さらば恋人
    3.魅せられて
    4.甘い生活
    5.あなたがいたから僕がいた
    6.積木の部屋
    7.襟裳岬
    8.雨の御堂筋
    9.危険なふたり
    10.横須賀ストーリー
    11.若き獅子たち
    12.愛人
    13.あずさ2号 featuring 布施明
    14.私鉄沿線
    15.ジョニィへの伝言 [bonus track]

    Comment:0  Trackback:0