FC2ブログ
    2019
    04.22

    「私鉄沿線02」 野口五郎 

    Category: シングルA面
    「私鉄沿線02」 野口五郎 
    作詞:山上路夫 作曲:佐藤 寛 編曲:野口五郎 with aqua.t
     2002. 10.23 発売A面

    キングレコードより
    サンタナの カバー作品「愛がメラメラ」を発売されて半年後、
    シングルとして発売されたのが この「私鉄沿線02」です。

    「私鉄沿線」は1975年1月21発売のシングルで
    オリコンランキングでも一位を獲得した五郎さんの代表作品を
    セルフカバーされました。

    正直なところ「愛がメラメラ」がもっと売れてよかったと思っています。
    そのことは 今も 少し残念に思うところです。
    けれど 良い作品は 時間の経過に関係はありません。
    今聴いても刺激的ですし 新しい世界を開拓されたと感じますし
    攻めに攻めて闘われたことに 感動を覚えますし
    あって良かったと心から思える作品です。
    音楽的にも素晴らしい作品です。

    そしてこの作品は それに続くもので
    当時は 五郎さんが闘っていらっしゃることをひしひしと感じました。

    当時は どうしてもっと 愛メラが売れないんだろう、と
    世の中に対して怒りさえ感じてしまい
    どうして世の中の人はこの音楽の良さがわからないのだろう、と
    私自身 ほんとうに憤ってましたので
    当時この作品が出たときには
    どこか世の中に失望しており
    純粋に音楽を楽しむ・・・ということが
    出来なくなっていたような気がします。

    一般的に みなさんが求めるのは
    あの76年の「私鉄沿線」であり
    イコール それが 野口五郎のイメージで
    それを壊すこととはとても難しかったと思います。

    だけど あの頃の五郎さんは特にカッコよかったと思います。
    近寄るのも怖かったくらい 迫力がありました。
    私はあの時代の五郎さんは男らしくて野性味があって
    すごくよかったと思っています。

    だからこそ 今の穏やかな五郎さんに
    心底安堵してます。

    この作品は ギターもストリングスも
    すごく洗練されたアレンジで
    スッキリとしたおしゃれな印象があります。

    五郎さんの歌声も 
    語るようでもありますが
    哀愁のあるまろやかな声で
    かといって華やかにせず 
    敢えてマットな感じで耳に残るようにし、
    特に サビにつなげるまでの最初の部分は
    どんな声で歌うか、
    意識されて出されたのだと思います。

    今聴いても愛おしいです。

    五郎さんのチャレンジの歴史をたどると
    今の五郎さんが さらに輝きます。

    歌い続けてくださることに感謝です。

    スポンサーサイト
    Comment:0  Trackback:0