「愛を全てに変えて」  野口五郎 

    「愛を全てに変えて」  野口五郎      
    作詞・伊藤薫 作曲・野口五郎 編曲・山中涼平 
    1983年5月25日発売B 

    五郎さんの作品をまた書きます。
    「愛を全てに変えて」。

    「過ぎ去れば夢は優しい」のB面。
    帝国劇場特別公演「ロミオとジュリエット'83」主題歌です。

    当時の私には
    なんて難しい歌なんだ・・・・と
    五郎さんの頭脳に 
    ちょっとついていけない自分を感じてしまったような
    そんな記憶があります。
    転調が多く 壮大なバラードなんですけど
    なにしろ私は 音楽的レベルが当時は低すぎました。

    ところがですね。

    最近、タワーレコードさんが復刻してくださった中に
    ボーナストラックとして入れてくださっていたのを聴いてみると

    わぁ~ なんていい曲!!
    すてきだわ~~っ、って 思ったんですね。
    とっても自然に 心地良く入ってきたんですよ。

    甘くてロマンチックですよね~。

    ・・・・ほんとうにたどり着くのが遅すぎて
    申しわけありませ~~ん、って感じです。

    五郎さんは 若くして
    とてもハイレベルな音楽を作っていらっしゃいました。

    私は 随分後ろから こうして
    今もずっと
    そしてこれからも
    五郎さんの音楽を探求していけたらと思っているのです。

    ぜひぜひ みなさま
    大人になったその耳で
    この歌をもう一度聴いてみてくださいね。

    この作品が入った復刻アルバム
    『過ぎ去れば夢は優しい』 まだ購入できます。
    http://tower.jp/item/4534158/%E9%81%8E%E3%81%8E%E5%8E%BB%E3%82%8C%E3%81%B0%E5%A4%A2%E3%81%AF%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%84%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    01. フライトボード ( 作詞 : 秋元 康 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    02. 19:00の街 ( 作詞 : 伊藤 薫 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    03. 言い訳もしたくない季節 ( 作詞 : 秋元 康 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    04. 再びの夢 ( 作詞 : 伊藤 薫 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    05. 過ぎ去れば夢は優しい ( アルバム・ヴァージョン )( 作詞 : 売野雅勇 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    06. シルエット ( 作詞 : 伊藤 薫 作曲 : 野口五郎 編曲 : 川村栄二 )
    07. 砂時計 ( 作詞・作曲 : 高森悦郎 編曲 : 山中涼平 )
    08. それも My Way ( 作詞 : 伊藤アキラ 作曲・編曲 : 山中涼平 )
    09. ただのひとりごと ( 作詞・作曲 : 高森悦郎 編曲 : 山中涼平 )
    10. 君に届かない歌 (Everybody Loves Me) ( 訳詞 : 山上路夫 作詞・作曲 : Kenny Hirsch, Doc Pomus 編曲 : 山中涼平 )
    <ボーナス・トラック>
    11. 誰かが私を愛してる ( 作詞: 市川森一 作曲:筒美京平 編曲:川村栄二 ) ( 1983 POLYDOR_7DX-1205 )
    12. 過ぎ去れば夢は優しい (シングル・ヴァージョン) (作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:川村栄二 )(1983 POLYDOR 7DX1235 )
    13. 愛を全てに変えて ( 作詞: 伊藤 薫 作曲:野口五郎 編曲:山中涼平 ) (1983 POLYDOR 7DX-1235 )


    スポンサーサイト

    「愛の証明」  野口五郎 

    「愛の証明」  野口五郎          
    作詞・なかにし礼 作曲・佐藤寛 編曲・井上艦 
    1980年2月16日発売A

    私は 作詞家の中でも
    なかにし礼さんは大好きなのですが

    大好きなだけに
    正直 この歌詞を聴いたときは 
    がーーん、
    もっと五郎さんを知っていてほしかった、と
    内心思ってしまいました。

    せめて「この脚を鎖でつないでくれ」
    ここの部分だけでも変えていただければ
    随分違ったのに・・・と
    本当に残念に思っています。

    ここはあくまで 私自身の主観で話していますので
    どうかお許しいただきたいのですが
    正直に書きました。ごめんなさい。

    だってだって
    アルバムに入っていた「貝になりたい」とか
    「樹海」が素晴らしすぎたので
    どうして この作品がシングルなのか、と
    当時からずっと残念に思っているのです。

    いや、B面の「パリ北駅」だってすごくいい!!

    なかにし礼先生の記念すべきシングル作品ならば
    品が良くて 格調高い
    「樹海」や「貝になりたい」にしてほしかった。
    これが私の正直な気持です。

    刺激的なものとか
    挑発的なものでない方が
    なかにし礼さんの世界に
    五郎さんは
    すごくマッチするのに・・・と。

    私の五郎さんのイメージが
    この詞の世界とまったく違う、と思っているので
    私の中で受け入れることが難しく
    あまりちゃんと聴かなかったんだと
    今聴いてみて思いました。

    だから逆に
    私はこの歌が大好き、と言ってくれる人に出逢いたい。

    どうしてこの歌の世界がわからないの?、って
    教えられたい。

    ということで
    この詩だから良いのよ、と
    言ってくださる方が現れる事を
    心よりお待ちしております。

    追伸
    ちなみに 私がなかにし礼先生の作品の
    好きな歌は こちらで紹介していますので
    時間がおありでしたらご覧ください
    https://ameblo.jp/inmylogbook/theme-10009515887.html

    「シルエット」野口五郎

    「シルエット」野口五郎
    作詞 :伊藤薫 作曲 : 野口五郎 編曲 : 川村栄二
    1983年 アルバム「過ぎ去れば夢は優しい」

    五郎さんの作曲作品。
    パッと聴いて あっ これ五郎さんの作品だー、
    と、当てられたことは全くなくて
    (ガクッ)
    えーっ これ 五郎さんだったの~~っ?!と
    いつも思う。

    それだけ引き出しが多いのだと思うのですが
    どんなに難しい歌でも 五郎さん自身が歌えてしまう、ということもあり
    五郎さんが作られたものはとても難しいものが多いですね。

    でも このアルバムでは
    できるだけ聴く人に易しいものを、と
    心掛けて作ってくださったように思います。

    少女のままの微笑みを悲しみで濡らした人
    サヨナラ告げた罪 ボクは背負ってるよ 今でも


    こういう詞の世界は
    色々と人生経験を積んだ人でないと
    すぐに理解できないと思うけれど
    そういう罪を
    人は背負って生きているものなのです。

    この詞の世界も
    この曲だから重くなりすぎることなく聴くことができます。

    おしゃれであり都会的な雰囲気。

    トレンディードラマのような物語を頭の中で思い描いて
    ファンも
    少し 大人になったような気分になれたのではないでしょうか。

    この作品が入った復刻アルバム
    『過ぎ去れば夢は優しい』 まだ購入できますのでお急ぎくださいね!
    http://tower.jp/item/4534158/%E9%81%8E%E3%81%8E%E5%8E%BB%E3%82%8C%E3%81%B0%E5%A4%A2%E3%81%AF%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%84%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    01. フライトボード ( 作詞 : 秋元 康 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    02. 19:00の街 ( 作詞 : 伊藤 薫 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    03. 言い訳もしたくない季節 ( 作詞 : 秋元 康 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    04. 再びの夢 ( 作詞 : 伊藤 薫 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    05. 過ぎ去れば夢は優しい ( アルバム・ヴァージョン )( 作詞 : 売野雅勇 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二 )
    06. シルエット ( 作詞 : 伊藤 薫 作曲 : 野口五郎 編曲 : 川村栄二 )
    07. 砂時計 ( 作詞・作曲 : 高森悦郎 編曲 : 山中涼平 )
    08. それも My Way ( 作詞 : 伊藤アキラ 作曲・編曲 : 山中涼平 )
    09. ただのひとりごと ( 作詞・作曲 : 高森悦郎 編曲 : 山中涼平 )
    10. 君に届かない歌 (Everybody Loves Me) ( 訳詞 : 山上路夫 作詞・作曲 : Kenny Hirsch, Doc Pomus 編曲 : 山中涼平 )
    <ボーナス・トラック>
    11. 誰かが私を愛してる ( 作詞: 市川森一 作曲:筒美京平 編曲:川村栄二 ) ( 1983 POLYDOR_7DX-1205 )
    12. 過ぎ去れば夢は優しい (シングル・ヴァージョン) (作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:川村栄二 )(1983 POLYDOR 7DX1235 )
    13. 愛を全てに変えて ( 作詞: 伊藤 薫 作曲:野口五郎 編曲:山中涼平 ) (1983 POLYDOR 7DX-1235 )


    「雨のガラス窓」野口五郎

    「雨のガラス窓」野口五郎
    作詞・山上路夫 作曲・筒美京平 編曲・筒美京平
    1975年08月01日 GORO! LOVE STREET IN LONDON 「雨のガラス窓 」

    強い雨が降り続く一日
    ガラス窓越しに 雨を見つめていたら
    あぁ この歌を聴こう、と思いました。

    五郎さんには なぜか雨が似合う。
    「雨に消えた恋」「雨の妖精」「オレンジの雨」「雨の別れ」「雨のガラス窓」・・・

    心に雨粒が落ちて 音を立てるように
    この心に響く。
    ひと粒ひと粒がこだまするように。

    哀愁の感じられる しっとりとした
    まろやかな歌声。
    私はそれがたまらく好きで 
    五郎さんから離れられなくなったように思います。

    なぜにそれを求めたのか・・・・

    それはきっと 
    愛すべき
    青春の翳りがあったような気もします。


    この「雨のガラス窓」というアルバムは
    一枚で一つの物語。

    そしてこの物語は
    別れのシーンから始まる・・・・。

    雨の中をどこへ ひとりゆくのあなた
    僕だけを残して
    雨の中に消える人よ


    ガラス窓ごしに
    去り行く人を見送っている。
    雨の打ちつけるガラス窓、
    わずか一枚の隔たりが
    愛したひとを 遥かに遠ざける。

    雨の中 消えていく後ろ姿・・・

    この悲しみが
    聴いている自分に 静かに沁みてくる。

    人生には 誰しも こんな風に
    静かに受けとめなければならない悲しみがある。

    五郎さんの歌声は この胸の悲しみを受けとめ
    優しく手当してくれるような温かい歌声です。

    今聴いても
    この時代の音楽は本当に良かったなぁ、と思う。
    弦楽の繊細な調べ
    五郎さんの声がとても合っているように思います。

    当時五郎さんは病気で入院され、
    筒美先生がロンドンにレコーディングに行かれたわけですが
    それもまた貴重な出来事だったのではないでしょうか。
    五郎さんとしては とても残念だったことでしょうけれど。

    ロンドンと五郎さんの声の相性は
    とても良いなぁ、と
    当時から思っていました。

    五郎さんの艶やかで
    この胸をうるうるとさせる魅力のある歌声に
    もう 寝ても覚めても夢中になっていた日々を
    懐かしく思い出します。

    1.雨のガラス窓
    2.さびしい瞳
    3.ときめく胸
    4.あなたの子供
    5.ほほぬらす涙
    6.幸せな家族
    7.僕の子守唄
    8.訪問者
    9.愛すれどさびしく
    10.雨あがりの街

    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    324位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    45位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック