「カリビアン・フライ」野口五郎

    「カリビアン・フライ」  野口五郎           
    作詞・ちあき哲也 作曲・筒美京平 編曲・船山基紀 
    1981年8月21日発売B面

    「裏切り小僧」のB面の作品「カリビアン・フライ」 

    80年代は バックの演奏も
    電子音楽を取り入れたものに移行していった
    特殊な時代でした。

    60年代にはフルオーケストラの演奏で
    会館を貸し切って 一発録音という
    贅沢な時代がありましたが
    その後 グループサウンズなど自分たちで演奏して歌う時代があり
    歌謡曲も、オーケストラやビッグバンドから
    自分たちのバンドを引き連れて・・・という時代に変わっていきました。
    そうして 80年代では電子音楽による演奏をバックに歌う・・・・という時代に突入。

    ストリングスは何処に行ったんだ~っ(涙)と
    内心思っていました。

    この時代の音楽は メロディの楽しさ、リズムの面白さを生かした
    ポップな作品が 好まれたように思います。

    私の好みとしては
    やっぱり人間の手によって生み出される生演奏の
    力強い金管楽器の音や繊細な弦楽器の響きが
    常に憧れとしてありましたが
    時代が変わってきたのだなぁ、と思っていました。

    80年代の歌謡曲は
    正直あまり聞きたいと思わないのですが
    この「カリビアン・フライ」は不思議と聞きたくなります。

    電子音楽としての楽しさがいっぱいだからです。
    人を惹き込む魔力を持った作品です。


    当時私は高校生でした。
    この歌を聴くと 身も心も軽くなる感じがしました。
    当時 学校に登校する前に

    ♪カリビアン・フライ低く高く
    カリビアン・フライ 白く青く・・・♪


    この歌をステレオでかけて
    ノリノリで聴いて 口ずさみながら 学校に行きました。
    学校はそれほど楽しくなくて
    行きたくないときも多かったように思いますが
    取りあえずこの歌を聴くと
    外に飛び出して行けました。

    よくわからないけれど
    この歌を聴くと 
    ふぁんふぁん、と軽やかに
    すべてを乗り越えていけそうな気がしました。

    意味のよくわからない歌詞も
    なんとも言えず魅力があります。

    さすがに A面にする勇気は出なかったのかもしれませんが
    この作品の楽しさは貴重です。
    こういう音楽を ちゃんと五郎さんが歌ってくださっている、というのが
    流石だと思います。

    陽ざしは負け犬 モンテゴ・ベイ
    いとしさ灼けずに モンテゴ・ベイ
    せめて夢で うつつスリップ


    もう ちあき哲也さんは 亡くなられてしまいましたが
    きっと深い意味がこの詩に隠されているのだろうなぁ~
    生きていらっしゃるうちに
    訊いておけばよかった・・・・などと
    少し思ってしまいましす。

    メロディも言葉も
    くるくると頭の中を回り続けるような
    不思議な魅力のある曲です。

    いや これはお宝作品でしょう!
    この作品があってよかった!!

    そして最近 願っているのは
    五郎さんにフルオーケストラの演奏をバックに
    歌を歌われてほしいなぁ~・・・ということです。
    スポンサーサイト

    「Whisper」野口五郎

    「Whisper」野口五郎      
    作詞・小椋佳 作曲・ 小椋佳 ・星勝 編曲・佐藤寛
    1984年7月10日アルバム「琥珀」発売

    秋も深まると このアルバムが聴きたくなります。
    小椋佳さんとのコラボアルバム。

    この作品については
    小椋佳さん、1984年3月に発売の
    「泣かせて」というアルバムに収録されていますから
    カバーという形だと理解しています。

    Whisperとは ささやく声、ささやくこと

    大人の女性だったら 納得されると思うけれど
    「人生の喜びは ささやくことである」
          (by のりえ@我ながらいいこと言った~)
    と 思うのでありますっ。

    でも もうこの年になったら
    愛だの恋だの・・というのは
    正直言ってキツイ。

    だけど 歌の世界でだけは
    自分が女であることを感じたい。
    自分の中の艶やかな女性を
    遠くからながめるように・・・。
       (というか遠い過去)

    この歌の中の女性は
    こわいくらい女らしいです。

    熱いシャワー浴びて 濡れた髪ふきとる時
    別のわたし 窓鏡 駄目ねあなた今日もまた
    いい娘の役をしつづけて なんになったというのよ


    ふっと鏡に映った自分を見つめる。
    そして 自分自身に語りかける・・・・

    歌詞の世界が映像として映る。

    「なんになったというのよ」

    あぁ・・・・そんな風に
    幾度自分に問いかけたことか・・・・この人生は。(遠い目)

    女性の気持ちを五郎さんが歌う。
    これも新しい試みで 新鮮です。

    ソフトなやわらかい声の五郎さんだから
    自然に心に入ってくるのです。

    この歌は夜の闇が似合う。
    自分の中の自分と向かい合う。

    そして五郎さんが
    ちゃんとすてきな女性でいてください、と
    言ってくださっている気がします。

    あぁ なんだか・・・・
    もっとちゃんとしなくっちゃ。

    01. ワンサイドゲーム (作詞・作曲:小椋佳 編曲:川村栄二)
    02. 琥珀色の日々  (作詞:小椋佳 作曲:野口五郎 編曲:川村栄二)
    03. Whisper (作詞:小椋佳 作曲:小椋佳、星勝 編曲:佐藤寛)
    04. 恋の薫(くゆ)り時  (作詞:小椋佳 作曲:筒美京平 編曲:佐藤寛)
    05. 一人が好きですか (作詞:小椋佳 作曲:筒美京平 編曲:若草恵)
    06. 夜の羽音 (作詞:茅野 遊 作曲:小椋佳 編曲:川村栄二)
    07. 花遊戯(はなあそび) (作詞・作曲:小椋佳 編曲:川村栄二)
    08. 冬木立 (作詞・作曲:小椋佳 編曲:佐藤寛)
    09. 一枚の写真 (作詞・作曲:小椋佳 編曲:佐藤寛)
    10. 結局 (作詞:小椋佳 作曲:野口五郎 編曲:佐藤寛)
    <ボーナス・トラック>
    11. 恋の薫(くゆ)り時(single version)  (作詞:小椋佳 作曲:筒美京平 編曲:若草恵)
    12. 花遊戯(はなあそび)(single version) (作詞・作曲:小椋佳 編曲:松井忠重)
    13. ジャズ  (作詞:ちあき哲也 作曲:山中涼平 編曲:松井忠重)

    http://tower.jp/item/3776306/%E7%90%A5%E7%8F%80-%EF%BC%8B3%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    「別れたっていいさ」野口五郎

    「別れたっていいさ」野口五郎
    作詞・水木かおる 作・編曲 馬飼野俊一

    野口五郎演歌の世界「博多みれん」
    カセットテープ 1974年7月25日発売

    この作品は野口五郎さんのオリジナル作品ですが
    カセットテープの野口五郎演歌の世界、でしか聴けない作品で
    もしかしたらご存知ない方も多いのではと思います。

    この作品は 五郎道のお師匠さんともいうべく方より
    ご好意で聴かせていただけたのですが
    演歌、というジャンルよりは 少し
    青春歌謡ポップス寄り、という感じのする一曲でもあります。

    先日の「NHKファミリーヒストリー」を見ても思ったのですが
    デビューできたのは演歌であった、という
    この事実は大きいように思います。

    この演歌の世界のカセットには20曲も演歌が入っているのですが
    それが 本当に胸に沁み入る素晴らしいもので
    若くても 痛みや悲しみのわかる五郎さんであると感じることと
    だからこそ人の心に響く 温かい歌を歌われる五郎さんだと痛感するのです。

    二曲目のシングル、「青いリンゴ」がヒットして
    一気にスターになられた五郎さんですが
    他の歌手と何が違ったか、というと

    野口五郎という歌手は演歌でデビューされた歌手。
    演歌が歌える歌手であるし
    幼くして大人の世界が表現できる歌手であった、ということと
    下積みの苦さや挫折を知って 世に出られた、ということが
    五郎さんという歌手の土台になっている、ということが大きい、と
    今さらながら 痛感することであります。

    本当にいい声。
    そして素晴らしいのは声だけではない。
    胸を熱くする表現力・・・・
    こんなに歌が上手い人は
    この時代 そんなにいなかったと思います。

    さて この中でのオリジナル作品のひとつ「別れたっていいさ」
    私は特に三番の歌詞が気に入ってます。

    楽しかったね あの頃は
    恐らく一生 君のこと
    忘れるときは ないだろう
    別れたっていいさ 想い出は
    今日もやさしく 生きている


    若い五郎さんにぴったりの世界。

    別れても愛したことは
    ずっと忘れない。

    振り返る青春は
    いつも輝いている気がする。
    すてきな思い出があれば
    人はきっと前を向き歩いていける。

    そんな気持ちになれる「別れたっていいさ」

    いつか野口五郎演歌の世界も
    復刻をされることを
    心から希望いたします。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    10 | 2015/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    578位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    81位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示