「涙のハーバーライト」 野口五郎

    「涙のハーバーライト」 野口五郎
    作詞 : 千家 和也 作曲・佐藤 寛 編曲 : 馬飼野 俊一
    1974年 ロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオでの録音盤

    「GORO! LOVE IN LONDON」が
    7月30日に復刻されてから
    CDでこのアルバムを聴くことが出来、
    しみじみと喜びが心に沁み渡ります。

    豊かな歌声、
    甘く聴く人を包み込みます。
    なんて良いお声。

    ファンになったと自覚するまでのことを振り返ります。

    当時は「あなたと五郎のラブタイム」という
    ラジオ番組があり
    五郎さんのアルバムの作品が紹介されていました。

    その時に この「GORO! LOVE IN LONDON」が
    いくつも流れていて
    聴いていると
    「うっ」と胸が詰まる想いを感じ
    切なくて切なくてたまらい感覚を覚えました。

    まだ恋愛も知らない頃で
    その息苦しいような感覚に
    戸惑いましたが
    気がつけば
    野口五郎という歌手が
    好きで好きでたまらない自分がそこにいるのでした。

    きっかけ、ということを考える時、
    当時は あまりテレビも見せてもらえなかったものですから
    テレビを見て 好きになった、というのではないのだと思います。

    ラジオを聴いていて
    五郎さんのソフトで甘いおしゃべりを聴き
    甘く切ない五郎さんの歌声を聴いたこと、
    それがきっかけだったのだと思います。

    当時 この歌も流れていました。
    五郎さんの歌声が この心にすぅ~っと入ってきて
    胸がきゅん、としてとても切なかったように思います。

    人を好きになるというのは 本当に理屈ではなく
    「感覚」なのです。
    フィーリング、というものでしょう。

    私は 五郎さんのすてきなルックスももちろんですが
    その前に この甘くムードのある「声」が好きなのです。
    こんないい声、
    誰もが持っているわけではありません。
    神さまから与えられた特別なものだと感じます。

    そして自分は 
    たとえば だれもが何かあると
    ふるさとに帰って癒されたいと思うように
    この声が 自分の帰る場所だと
    その時決めたのでしょう。

    別れることもひとつの愛と
    はなやかにふるまって 倖せ祈る
    僕が泣いたら 君が苦しむ
    わけも知らずに水鳥が群れ飛ぶ


    そう、あの頃にはわからなかったけれど
    別れることもひとつの愛なのです。

    ありのままの当時の五郎さんを
    この歌に感じられます。
    素直に 自分を表現されている感じがします。
    お兄さんの作曲作品、ということも大きいと思います。

    表現力の素晴らしさ、
    少年と大人の男性がシンクロする時代の
    瑞々しい魅力が
    このアルバムにはいっぱい入っているように思います。

    このアルバムで
    私たちも 当時の自分に逢えるように思います。
    この胸に当時の熱が
    戻ってくるように感じます。


    ****
    タワーレコードさんのページ
    「ロンドンで録音を行った野口五郎のオリジナル・アルバムを初CD化。(1974年作品) ダスティ・スプリングフィールドやウォーカー・ブラザーズを手掛けたIVOR RAYMONDを指揮者に起用。同じくロンドン録音のシングル曲をボーナス・トラックとして追加収録。2014年最新デジタル・リマスター。」との説明。
    http://tower.jp/item/3656114/GORO!-LOVE-IN-LONDON-%E6%84%9B%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%B3-%EF%BC%8B2%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    収録作品
    1.サンデー・ベイビー
    2.神に聞きたい
    3.ひとりぼっちの愛情
    4.青い浜辺(シーサイド・ブルー)
    5.おとなの愛
    6.枯葉のいつわり
    7.愛ふたたび
    8.君に夢中
    9.愛のきらめき
    10.結婚申し込み
    11.銀のなみだ
    12.涙のハーバー・ライト
    13.哀愁のなかへ
    14.君が美しすぎて (ボーナストラック)
    15.ぬれた瞳 (ボーナストラック)
    スポンサーサイト

    「サンデー・ベイビー」野口五郎

    「サンデー・ベイビー」 野口五郎
    作詞 : 千家和也 作曲・編曲 : 馬飼野俊一
    ロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオでの録音盤

    1974年「GORO! LOVE IN LONDON」が
    7月30日に復刻されました。
    ばんざーいばんざーい!!
    これは 本当にうれしいことです。

    当時ついていた写真や歌詞カード
    ボーナストラックのレコードジャケット&歌詞
    なんと帯まで当時のそのままに再現。
    これはお宝復刻アルバムです。
    素晴らしい。

    私は後追いでしたが
    初めて買ったアルバムは
    「GORO IN KOKUSAI」
    たぶん このアルバムは2番目に購入したアルバムではないかと思います。

    このアルバムについては
    75年くらいに聴けていたのではと思います。
    いやーーっ もう 私自身の当時の五郎熱はすさまじく
    「寝ても覚めても野口五郎状態」・・・に突入した時代に聴いたアルバムですので
    感無量です。

    「サンデー・ベイビー」
    千家和也 & 馬飼野俊一
    このコラボレーションは
    少女たちのハートをバキューンと射抜いて
    思わず「きゃーーゴローーーーっ!!」と
    叫ばずにはいられないような
    初期の五郎さんの甘さと青さと若さを
    強く感じさせるものです。

    こーーんな刺激的な
    アップテンポの情熱的な作品を
    たっくさん五郎さんが歌われていること
    世の中の方はご存知ないのではないかなぁ。

    きっと、えーーっ ノリノリで聴けるじゃん!
    すごく楽しい!!
    って 初めての方でも 楽しまれること間違いなし、だと思います。

    そしてやっぱり
    このお二人のコラボでは
    「枯葉のいつわり」が素晴らしい。
    考えたのですが このタイトル。
    どなたが考えられたのか
    できたら教えていただきたいのですが
    素晴らしすぎますね~
    「枯葉のいつわり」
    私がもし この詩が書けたとして(書けるわけないけど)
    このタイトルは出てきませんね。

    あっ脱線してしまいました。

    「サンデー・ベイビー」
    アルバムのオープニングナンバーにふさわしい
    パワフルな作品です。

    君はぼくのものさー
    すべて僕のものさー


    恋に恋する乙女たちは
    こんな言葉を
    大好きなひとに言われることを夢にみました。
    もうきゅーーん、って感じです。

    月曜日から土曜日までの英単語
    この歌で覚えました~
    (でも心の中でいちいちこの歌を歌ってました)

    五郎さんの歌で
    英語の成績もバッチリ~~っ(笑)

    最近 復刻アルバムを聴いて
    当時の気持ちに戻っています。

    うきうきわくわく。

    五郎さんのうれしいプレゼントに
    自分の今の気分は中学一年生、かな。
    あはっ。(こわっ)

    楽しい~~。

    本当に
    美少年の五郎さんの若さと魅力がいっぱいです。

    あぁ このアルバム 
    買って良かったわ~っ!!って
    みなさん思われると思います。
    自信をもって
    私からもお薦めいたします!!

    ****
    タワーレコードさんのページへどうぞー。
    「ロンドンで録音を行った野口五郎のオリジナル・アルバムを初CD化。(1974年作品) ダスティ・スプリングフィールドやウォーカー・ブラザーズを手掛けたIVOR RAYMONDを指揮者に起用。同じくロンドン録音のシングル曲をボーナス・トラックとして追加収録。2014年最新デジタル・リマスター。」との説明。
    http://tower.jp/item/3656114/GORO!-LOVE-IN-LONDON-%E6%84%9B%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%B3-%EF%BC%8B2%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    収録作品
    1.サンデー・ベイビー
    2.神に聞きたい
    3.ひとりぼっちの愛情
    4.青い浜辺(シーサイド・ブルー)
    5.おとなの愛
    6.枯葉のいつわり
    7.愛ふたたび
    8.君に夢中
    9.愛のきらめき
    10.結婚申し込み
    11.銀のなみだ
    12.涙のハーバー・ライト
    13.哀愁のなかへ
    14.君が美しすぎて (ボーナストラック)
    15.ぬれた瞳 (ボーナストラック)
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    07 | 2014/08 | 09
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    324位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    45位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック