「クロコダイル・ロック」(Crocodile Rock) 野口五郎

    「クロコダイル・ロック」(Crocodile Rock) 野口五郎
    作詞・作曲 ELTON JOHN 訳詞・大日方 俊子 編曲 : 馬飼野俊一
    1973.7.21 GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界

    ついに今日復刻されますっ。
    「GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界」
    ばんざーいばんざーい!!ヽ(^o^)丿

    昨日送ったとタワーレコードからのメールが入っていました。
    本当に楽しみです。

    今日は「クロコダイル・ロック」
    1972年エルトン・ジョンが歌われた作品のカバー曲です。

    こうやってみるとカバー曲も
    最新のものを入れられていたのですね。

    僕は憶えているよ 昨日のことのようだ
    あの夜踊った ぼくらのあの歌が いまも
    ずっときこえているんだ あの歌 クロコダイル・ロック


    この出だしの歌詞も
    とても印象的で 心に残るものでした。

    日本語詞も 若い五郎さんにぴったりのすてきな詞だと思います。
    歌のイメージに添いながら
    歌う五郎さんにぴったりの世界なのです。
    そこがプロのお仕事なのだなぁ!

    ふっと口をついて出るような歌、というのでしょうか
    すぅっ、と 身体に入ってくるような
    心地良い音楽です。

    若い、あどけなさも残る美少年の五郎さん。
    あぁ なんか まぶしいくらいフレッシュな感じ。

    レコードのどの写真を見ても
    全部キマッてます。
    なんて美少年なんでしょう。
    今さらながら・・・・しみじみと。

    これは楽しみです。
    今日は本当に待ち遠しいなぁ。
    聴きたい時にCDで聴ける。

    しかも
    「いつも美少年の五郎さんといっしょです」
    (明治デラックスかいな)

    まだの方は迷わずにタワーレコードにどうぞーーっ!!

    GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界(タワー・レコードのページ)
    http://tower.jp/item/3656099/GORO-IN-ROCK-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    収録作品

    1.うつろな愛 (You're so vain)
    2.迷信(Superstition)
    3.ハイ・ハイ・ハイ(HI-HI-HI)
    4.オー・ダーリン(Oh Darling)
    5.クレイジー・ホース(Crazy Horse)
    6.クロコダイル・ロック(Crocodile Rock)
    7.可愛いいあの娘 (That pretty girl)
    8.君よ泣かないで (You never cry)
    9.好きなんです (My favorite)
    10.ふたりの秘密 (A secret for us)
    11.何処か遠く(Far away)
    12.霧の少女 (Maiden in the mist)


    スポンサーサイト

    「クレージー・ホース」 野口五郎

    「クレージー・ホース」(Crazy Horses) 野口五郎
    作詞・作曲 The Osmonds 訳詞・大日方 俊子 編曲 : 馬飼野俊一
    1973.7.21 GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界

    1972年にオズモンズが歌われた「Crazy Horse」のカバー。
    オリジナルのロックの雰囲気はそのままですが
    やぱり五郎さんが歌われると
    五郎さんの持つ爽やかさが加わります。

    少年の持つ瑞々しさとか
    五郎さんならではの端正な感じがあっての
    このロックの世界。

    ゴキゲンな世界で 
    とっても楽しく、ノリノリで聴けます。

    曲の面白さ、楽しさ、
    そして若さとパワー。
    いっぱい詰まった作品。

    難しいことは言わずに
    とにかく聴いて楽しみたい。

    君のすべて奪いたいんだ
    誰の手にもとめられないよ
    Crazy horses・・Crazy horses・・・


    ゴキゲン!!
    ノリノリで聴けますね。

    ところで話は飛びますが
    このアルバムでも ミキサーを担当された
    前田 欣一郎さんの記事を 先日見つけました。
    五郎さんのことについても 触れられていますので
    興味のある方は ご覧いただきたいと思います。
    http://www.tokuraren.org/activity/Me_Mic/MeMic_97.html
    「五郎さんのVoの特徴は高音域まで綺麗に伸びた美声で、・・・・」という
    前田さんの言葉が本当にうれしく感じました。

    素晴らしいスタッフにも恵まれての
    今日までの五郎さんです。


    さぁ、月末には「GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界」
    復刻になりまーす。
    楽しみです!!

    GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界(タワー・レコードのページ)
    http://tower.jp/item/3656099/GORO-IN-ROCK-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    収録作品

    1.うつろな愛 (You're so vain)
    2.迷信(Superstition)
    3.ハイ・ハイ・ハイ(HI-HI-HI)
    4.オー・ダーリン(Oh Darling)
    5.クレイジー・ホース(Crazy Horse)
    6.クロコダイル・ロック(Crocodile Rock)
    7.可愛いいあの娘 (That pretty girl)
    8.君よ泣かないで (You never cry)
    9.好きなんです (My favorite)
    10.ふたりの秘密 (A secret for us)
    11.何処か遠く(Far away)
    12.霧の少女 (Maiden in the mist)


    あーーっ しまったっ
    前にも書いていたのに
    また書いてしまいましたー。(>_<)

    何度でも書かせてください~っ

    「魅せられて」  歌・野口五郎

    「魅せられて」  歌・野口五郎

    作詞・阿木燿子 作曲・筒美京平 編曲・馬飼野俊一
    2010.8.4発売 アルバム「GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~」

    このアルバムのこと、
    全曲まだ語りつくしていませんでしたので
    きちんと書いておきたいと思います。

    五郎さんは 最近では
    自分の歌だけでなく
    良い歌は歌っていこう、と
    他の方の作品もステージ等でも歌っていらっしゃいます。

    他の歌手の歌だから・・・とか
    そういうことに縛られず
    自分の世界として表現するということも
    それは大きな挑戦です。
    それも 誰もが知っている
    他の歌手のヒット作品であればなおさらです。

    ずっと歌い続けられてきて
    今、純粋に 歌を歌うことに歓びを感じられて
    いろんな垣根を取り払われて
    歌い続けたいと考えていらっしゃることに
    ファンとして喜びを感じます。

    演奏は
    三原綱木とザ・ニューブリード、
    篠崎正嗣ストリングス。
    演奏と歌の一発録りです。
    当時のヒット曲の世界感をそのままに、
    まったく同じ感覚で聴けるアレンジ。
    そこには 作品に対する愛情と敬意が感じられます。

    こだわりを持って大切に作られた
    五郎さんの「心」が見えるように思います。

    プロフェッショナルなお仕事。
    これ以上の豪華さがあるでしょうか。

    「魅せられて」
    ジュディ・オングさんの大ヒット曲です。

    女性の歌を五郎さんが歌う。
    えーー、とか 思うでしょうが
    聞いてみると 意外にもぴったりで
    心地良くてクセになります。

    ものすごく楽しい企画のアルバム。
    五郎さんの頭の中には
    楽しい企画が次から次へ
    いっぱい浮かんでいて
    みんなが楽しくなるようにと
    懸命にそれを実現されていきます。

    野口五郎さんがこれから
    何をしてくださるのか
    本当に楽しみですし、
    このような贅沢な企画の続編が
    出されることを強く希望します。

    [CD収録曲]
    ●また逢う日まで(尾崎紀世彦) ※1971年 第13回日本レコード大賞
    ●さらば恋人(堺 正章) ※1971年 第13回日本レコード大賞 大衆賞
    ●魅せられて(ジュディ・オング) ※1979年 第21回日本レコード大賞
    ●甘い生活(野口五郎) ※1974年 第16回日本レコード大賞作曲賞
    ●あなたがいたから僕がいた(郷ひろみ) ※1976年 第18回日本レコード大賞・大衆賞
    ●積木の部屋(布施明) ※1974年 第16回日本レコード大賞歌唱賞
    ●襟裳岬(森進一) ※1974年 第16回日本レコード大賞、第5回日本歌謡大賞
    ●雨の御堂筋(欧陽菲菲) ※1971年 第13回日本レコード大賞 新人賞
    ●危険なふたり(沢田研二) ※1973年 第4回日本歌謡大賞
    ●横須賀ストーリー(山口百恵) ※1976年 第7回日本歌謡大賞・放送音楽賞
    ●若き獅子たち(西城秀樹) ※1976年 第18回日本レコード大賞・歌唱賞
    ●愛人(テレサ・テン) ※1985年 第18回日本有線大賞
    ●あずさ2号(狩人) ※1977年 第19回日本レコード大賞・新人賞
    ●私鉄沿線(野口五郎) ※1975年 第8回日本有線大賞

    GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~GORO Prize Years, Prize Songs ~五郎と生きた昭和の歌たち~
    (2010/08/04)
    野口五郎

    商品詳細を見る

    「君に夢中」 野口五郎

    「君に夢中」 野口五郎
    作詞 : 千家和也 作曲・編曲 : 馬飼野俊一

    1974年「GORO! LOVE IN LONDON」が
    7月30日に復刻されます。
    これは 本当にうれしいことです。

    ロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオでの録音盤。

    今レコードに付いている写真をながめていたのですが
    マイクは手で持って歌われる形、だったのだなぁ・・・
    とか 今頃気づきました。

    ロンドンと五郎さんの歌声の相性は抜群。
    しっとりと 甘い歌声が響き渡ります。

    作詞は 千家和也先生が8曲
    山上路夫先生が5曲です。
    この時より 山上先生が五郎さん作品に登場されたのですね。

    五郎さんの若さと 甘さを全面に出して、

    聴く人の心を きゅん、ってさせる魔法の言葉を
    千家先生はお持ちでした。

    人生において ほんの一瞬ともいえる
    少年から大人の男性に変わる
    みずみずしい時期を
    千家先生の詩は 感じさせてくれます。
    若さと青さがまぶしいです。

    私は やっぱり「枯葉のいつわり」が
    千家先生の作品の中では一番好きかなぁ、と思うのですが
    「おとなの愛」とか「嘆きの讃美歌」とか
    すてきな作品は他にもいっぱいあります。

    「君に夢中」は
    ブラスロックという感じの
    かっこいい作品です。

    せつないのさ僕 何も知らぬ君
    狂いそうな恋 たえきれない恋
    君を眼に触れるのさえ こわくなる

    抑えてもあふれる情熱。
    そして若さ。
    なんか胸がくるしい~

    (・・あぁあの日々は今いずこに・・・)

    とにかく このアルバムの五郎さんの声は
    なんて良い声。
    感動的。

    このアルバムが復刻されるのは 本当にうれしいです。

    待ち遠しくてたまりません。

    ****
    タワーレコードさんのページ、ぜひ開いてみてください。
    「ロンドンで録音を行った野口五郎のオリジナル・アルバムを初CD化。(1974年作品) ダスティ・スプリングフィールドやウォーカー・ブラザーズを手掛けたIVOR RAYMONDを指揮者に起用。同じくロンドン録音のシングル曲をボーナス・トラックとして追加収録。2014年最新デジタル・リマスター。」との説明。
    http://tower.jp/item/3656114/GORO!-LOVE-IN-LONDON-%E6%84%9B%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%B3-%EF%BC%8B2%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    収録作品
    1.サンデー・ベイビー
    2.神に聞きたい
    3.ひとりぼっちの愛情
    4.青い浜辺(シーサイド・ブルー)
    5.おとなの愛
    6.枯葉のいつわり
    7.愛ふたたび
    8.君に夢中
    9.愛のきらめき
    10.結婚申し込み
    11.銀のなみだ
    12.涙のハーバー・ライト
    13.哀愁のなかへ
    14.君が美しすぎて (ボーナストラック)
    15.ぬれた瞳 (ボーナストラック)

    【番外編】質問。 この曲を聴いたら、私は普通でいられなくなる、という五郎さんの歌は?

    今日は みなさんに質問させてください。 
    Q.あなたにとって、「この曲を聴いたら、私は普通でいられなくなる」
    または、「この曲を聴いて、私は普通でいられなくなった」
    、という五郎さんの歌は何でしょう。

    さきほど季節風さんからのコメントのお返事を書いていて
    昔のアイドルはすごかったなぁ、と 懐かしく思い出しました。
    コンサート等でファンが 失神することも多かったですし
    (中には ご自分が失神されるアイドルの方もいらっしゃいましたが)
    とにかく すごかったですよね。

    それで つい みなさんに どの曲を聴いたら失神しそうですか?と
    質問してみたくなったのですが
    それもあんまりな質問ですし、私も さすがに失神したことがありませんので
    「この曲を聴いたら、私は普通でいられなくなる、という曲は?」
    ということで もしよかったら コメントお願いします。

    実際 あまりの素敵さに失神しました、というコメントいただいてもうれしいのですが
    まぁ・・それは・・・ねぇ~。

    私が普通でいられなくなる歌は・・・?と
    考えると まず すぐに涙腺が壊れて泣けてしまうのは「箱舟の帰還」でしょうか。
    イントロを聴いた瞬間から うっ、としてしまいます。
    これは もう 自分でもどうすることもできません。
    ひざまづいて泣きたくなるくらい・・・・好きです。

    あと 自分でも すごく驚いたことがあったのですが
    五郎さんがディナーショーの最後に「愛のラルゴ」を
    思いがけず歌ってくださっていた時には
    あまりの感動で 固まってしまい
    「はっ!!」っと気がついたら 
    すべて終わっていた・・・というのがあります。

    それから 結婚子育てで離れていたあと 
    ファン復帰して博品館で「序曲・愛」を聴いた時には
    東京、博品館から千葉の姉ヶ崎の当時のわが家まで帰るのに
    ずっと「序曲・愛」が頭を流れ
    人の目もあるのに 電車の中、ずっと泣き続けて帰ったという記憶があります。

    ・・・それから・・・などと
    書き始めたら きりがなくなってしまいますが

    もし みなさまにとって普通でいられなくなる歌、がありましたら
    ぜひ 教えていただきたいと思います。

    さぁ また これからは
    普段通りのレビューにもどることに致します~っ!

    【番外編】拍手をいただいた記事のベスト10

    ここでまた気分転換いたしましよう。
    今日は、拍手をいただいた記事のベスト10を書かせていただきます。

    一曲一曲について
    語っていくのが 私のこのページのやり方なのですが
    全体的に見渡して
    曲目をながめてみる、ということも楽しいと思います。

    データに基づく並び、というのも面白いのでは?と思うので
    今日は拍手をいただいた記事のベスト10、というのを書いてみます。

    物事、長く続けるためには やはり 続けていく力になるものが必要だと思います。
    始めは ホームページで書いていたのですが
    ブログというものが出来て気軽に更新できる、ということもあり
    ブログに書くようになりました。
    そちらのブログはデザインも良く、書きやすかったのですが
    拍手という機能がなく、寂しく感じまして
    Fc2に2013年一月に引っ越してきました。

    拍手という機能は ぽちっとクリックしていただき
    拍手しましたよ、という ただそれだけのことなのですが
    この機能には がぜんやる気が出て
    よーーし また書くぞーーーっ!!という
    気持ちを自分に与えてくれるもので
    本当に続けていく上での力になります。

    コメントを書くことはできなくても
    「あっ 私もこの歌が好きよ」とか
    「そうそう、私も同じ考えだ」とか
    拍手をいただけることで
    読まれている人の気持ちも見える。
    素晴らしい機能だと思います。

    それではご紹介しますが
    引っ越して来てからの記事が主となりますが
    今日は気分転換、くらいの気分で
    よろしければご覧ください。
    (2014.7.14現在総拍手数623。感謝です。)

    10位 拍手 14
    「愛撫」

    9位 拍手 15
    「されどわれらが日々」

    8位 拍手 16
    「ヘイ・ジュード」

    7位 拍手 17
    「最後の楽園」

    5位 (2曲)拍手 18
    「箱舟の帰還」

    「少女よ」

    3位 (2曲) 拍手 19
    「U.S.A. STUDIO CONNECTION」

    「でも好きだよ」

    2位 拍手 23
    「漂いながら揺れながら」

    1位 拍手 38
    「1981年」

    1981年はブログ引っ越し後初記事ということで
    たくさん拍手をいただけましたが
    新しいスタートには やっぱり「1981年」だよね、という
    作品への想いもあっての拍手だと思っております。

    いつも 自由に語らせていただけることに
    感謝の気持ちでいっぱいです。

    そしていつもみなさま ありがとうございます。
    これからも野口五郎さんの歌を聴き
    語っていきます。
    よろしくお願いします。

    「約束」野口五郎

    「約束」野口五郎
    作詞・千家和也 作曲・荒井英一 編曲・高田弘
    1972年9月1日発売B面

    今月に入って 私はけっこう真面目に更新していて
    自分でも褒めてあげたい気持ち。
    というか これまで ちょっとお休みしすぎていたのだわ。
    きちんと書いていかなくては。

    もう 書いていたと思っていたのだけれど
    まだ書いてなかった!!
    初期の中では 特に好きな作品です。

    まず レコードジャケットの写真がすてき。
    素晴らしい。
    美少年だ~っ!!


    当時 あと追いで レコードを探す日々だったのですが
    このレコードにだけは なぜか めぐり逢えない。

    ずっとさがし続けてはいたけれど
    手に入らなった。

    この歌を初めて聞いたのは1990年に
    「Bサイドコレクション」という CDが出たとき。

    あーーっ「約束」が入ってるーーーっ!!
    この一曲だけは知らなかった!
    うれしーーーっ。

    もう この一曲だけで
    買う価値あり!!って思いました。

    期待を裏切らなかった。

    かわいいし 爽やかだし
    清々しい。
    16歳の美少年が
    確かにそこにいた。

    泣きたいくらいうれしかった。

    この青さがたまらない。
    まっすぐに見つめる
    そのまなざしを感じる。

    感激!!

    君のために 何をすればいいの
    僕に出来ること 教えてほしい


    千家和也さんは
    聴く人のハートに語りかける。
    きゅーん、とする詩を書く人だ。

    五郎さんが語りかける

    「君のために何をすればいいの?」

    うーーーん うれしすぎてわからない。
    もう完璧に心が少女にもどってキュンキュンしている。
    どうしよう。
    へらへらしてしまう~。

    約束を此処でしよう
    約束を此処でしよう


    本当に 五郎さんは私たちに約束してくれたんだね。
    そして約束を守り続けて来てくれたんだわ。

    この歌を聴くと
    五郎さんを求め続けた
    少女の頃に
    心が戻っていくようです。

    「約束をありがとう」

    今この言葉を五郎さんに伝えたいです。

    いつかぜひB面を集めたコンプリートアルバムが出ることを
    祈っています。



       追記
       過去の記事、よく確認してみたら
       前にも書いておりました。
       重複しましたが
       これもあり、ということで。

    「君よ泣かないで」 (You never cry) 野口五郎

    「君よ泣かないで」 (You never cry) 野口五郎
    作詞・千家和也  作・編曲 : 馬飼野俊一
    1973.7.21 GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界

     月末には 復刻になる 「GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界」
    洋楽のカバー6曲、オリジナル作品6曲です。

    「若い」「初々しい」「爽やか」「美少年」「カッコイイ」

    17歳の野口五郎、この若さを感じていただきたいと思います。

    まだ「少年の青さ」を感じる。
    けれど確実に大人に近づいている。

    長い人生においては ほんの一瞬の
    この大人の男性と、少年との間の
    まぷしすぎる時代。

    もう少し ゆっくりと大人になって・・・と
    すがりつきたいくらい
    五郎さんの少年時代はかわいかったし美しかった。

    あぁ・・・

    同時に復刻される「GORO LOVE IN LONDON」と
    この「GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界」
    どうか みなさま 見逃さないでください。
    購入しないと 後悔すると思います。

    「君よ泣かないで」 (You never cry)は
    プラスのパワフルな響きとともに
    一途な熱い思いが溢れています。

    君を僕のこの手に抱きしめ
    誰にもわたさない
    いつでも 愛はもろい
    どうぞ no, no, no, You never cry


    この歌に象徴されるように
    私たち乙女も
    こんな風に強く愛されることを夢みました。

    激しさも若さの象徴。
    この身体に流れる熱い血が騒ぐ。

    今思えば すべて若さゆえ、だったようにも思いますが

    野口五郎とう歌手は
    この心をいつも熱くしてくれて
    すてきなルックスと
    甘い歌声で すべてを満たしてくれた。

    とにかく声がいい!!

    この時代の五郎さんのロック、
    今の若い方が聴かれても新鮮だと思います。

    今年も 復刻の嵐で
    本当にうれしい。

    私が今考えたキャッチコピー
    「とりこになっても知らないからね

    ははは。
    (くだらないことばかり考えて喜んでいるわたし)

    いえいえ とりこになってしまったそのときは
    その思い みんなで聴いて差し上げましょう。

    ということで
    たくさんの方に聴いていただけたら
    私たちも嬉しくてしあわせですよね。

    GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界(タワー・レコードのページ)
    http://tower.jp/item/3656099/GORO-IN-ROCK-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    収録作品

    1.うつろな愛 (You're so vain)
    2.迷信(Superstition)
    3.ハイ・ハイ・ハイ(HI-HI-HI)
    4.オー・ダーリン(Oh Darling)
    5.クレイジー・ホース(Crazy Horse)
    6.クロコダイル・ロック(Crocodile Rock)
    7.可愛いいあの娘 (That pretty girl)
    8.君よ泣かないで (You never cry)
    9.好きなんです (My favorite)
    10.ふたりの秘密 (A secret for us)
    11.何処か遠く(Far away)
    12.霧の少女 (Maiden in the mist)

    【番外編】コメントを頂いた数の多い記事のベスト10

    今日は 番外編ということで
    コメントを頂いた数の多い記事のベスト10、というのを
    発表したいと思います。

    なんだそれー、という感じも致しますが
    なにしろ過去を振り返るのが好きな女なので
    お付き合いくださいませ。

    ブログも途中でお引っ越しをしまして
    自分のホームページで書いていた分も
    このブログに転載したりしましたので
    いつのまにか記事が増えていた、という感じになっておりますが
    いつのまにか消えていた・・・という記事も
    あるような気もしてならないのですが
    正直、よくわかりません。

    とりあえず引っ越して来てからは落ちついております。

    記事はこれまで237記事。
    うーーん
    五郎さんの音楽の数に比べたら
    ぜんぜん少ないと思います。

    ちょっと反省。

    それでも こうして続けてこれたのは
    読んでくださる方がいるからです。

    コメントや拍手など
    ものすごく励みになっています。
    ありがとうございます。

    コメント頂けるのは
    とてもうれしいですね。
    自分が気がつかなかったことや
    自分が表現出来なかったことを
    書いていただけることが多いのです。

    感謝!!

    どこに コメントを書かれても
    私は 必ずお返事を致します。
    なのでどうぞ これからも
    コメントも よかったら よろしくお願いします。

    ということでコメント数の多い記事ベスト10を発表します。
    (2014.07.11のデータ。)

    10位 コメント数 15
    「24時間の恋人」

    9位 コメント数  16
    「愛してるというまえに」

    8位 コメント数  17
    「神に聞きたい」

    7位 コメント数  18
    「光の中へ」

    6位 コメント数  21
    「パラダイス」

    5位 コメント数  28
    「花遊戯」

    4位 コメント数  29
    「博多みれん」

    3位 コメント数  33
    「愛はきらめきの中に」

    2位 コメント数  44
    「僕をまだ愛せるなら」

    1位 コメント数  47
    「私鉄沿線」


    このベスト10でさえ
    野口五郎さんの歌の世界の大きさを感じられると思います。

    たくさんのコメント
    いつも本当にありがとうございます!

    今後もこういう、データに基づくベスト10みたいなものを
    やっていきまーす。ヽ(^o^)丿

    これからも どうぞよろしくーーーっ!

    「夜空」 野口五郎

    「夜空」 野口五郎
    作詞・山口洋子 作曲・平尾昌晃 編曲・馬飼野俊一
    1975年発売「野口五郎演歌の世界」

    憂いを秘めた艶のある初々しい歌声。
    抑えてもあふれ出す若さと情熱。
    胸を熱くする「野口五郎演歌の世界」。
    私は この世界も大好き。

    60年代から70年代の始めの頃までは
    他の歌手が歌われる作品も
    みなさん積極的に取り入れられ、
    レコーディングされてアルバムなどを出されていました。
    もともと 日本のポップスが
    洋楽のカバーから始まった、ということがあると思いますが、
    各社競作とか多かったですし
    いい歌は みんなで歌おう、というような雰囲気がありました。

    歌は同じでも 歌手の個性がものすごく強かったですし
    当時の歌手は、歌唱力もすばらしかったので
    どんなに比較されても、どれも引けを取らない素晴らしさでした。
    「歌手」は自分の個性と歌声で勝負出来ていたし
    もしかしたら作り手がそれほどいない時代だったのかもしれませんが
    競い合う中で 磨かれいてった、ということもあったと思います。

    たぶんこのアルバムが出たころが
    業界の変わり目であったように思います。
    このように他の歌手の歌を
    カバーされなくなりました。

    だからこのアルバムは 本当に素晴らしい企画だったと思うし
    よくぞ作ってくれました!!と 言いたくなるようなお宝だと思います。

    どの歌もそうですが
    ヒットした歌ならなおさら、本家本元が一番に決まっています。
    そこのところに踏み込むならば 自分なりの表現力、歌唱力が必要です。
    もしも ヘタなら やめとけばよかったのに・・・、と言われてしまうわけです。
    そしてファンを失望させてしまいます。

    前置きが非常に長くなりましたが
    野口五郎という歌手は
    失望させない男、なのです。

    どんな歌にも挑戦できる個性と歌唱力があり
    ハートをつかんで離さない魅力のある歌手、
    それが野口五郎なのであります。

    いろいろと苦労はされましたが
    世に出られるまでに 
    五郎さんという歌手は
    自分の歌の引き出しをいっぱい作られて
    なんでも歌える歌手に育たれていました。

    それゆえ、ずっとファンを楽しませてくれる。
    だからこその 今の野口五郎さん、なんです。

    五郎さんの「夜空」も
    胸がきゅーんとなるようなすてきな「夜空」です。
    好きな人ができて
    夜の空を見上げると
    うるうるしながら この五郎さんの歌を
    頭の中で繰り返しました。

    まだ10代の五郎さん
    そし哀愁のあるまろやかな 甘い歌声。
    切なくて きゅん、としてたまらなかったですし
    星空が この心にどこまでも広がるような感覚もありました。

    私は この演歌の世界の好きなところは
    五郎さんの低音がいっぱい聴ける、ということもあります。

    ドラえもんではないけれど
    五郎さんのポケットの中には
    面白いものがいっぱい入っている。

    五郎さんは そのポケットから
    いろいろと出してくれてる。
    ストック魔の五郎さんですから(笑)
    開けても開けてもおもしろいものがいっぱい!!

    最近 アルバムの復刻もそうですが
    ものすごくいっぱい、楽しいことを出してくださってますね。

    のび太くんのように
    おねだりしなくても
    五郎さんはちゃんと出してくださる。

    感謝!!

    私は「野口五郎演歌の世界」の復刻も
    楽しみに待ってみたいと思います。

    収録曲
    1.風に舞う花びら
    2.ながれもの
    3.港町別れ船
    4.女のあきらめ
    5.別れの乾杯
    6.博多みれん
    7.なみだの操
    8.命かれても
    9.年上の女
    10.夜空
    11.冬の旅
    12.人生の並木道


    「ラブ・フライト」野口五郎

    「ラブ・フライト」野口五郎
    作詞・山川啓介 作曲・佐藤 寛 編曲・高田弘
    1979年アルバム「南十字星」

    このアルバムが2014年12月に復刻されて
    いい音で聴けるようになってうれしい限りです。

    そして このアルバムは現在でも購入できます。
    が、他の復刻アルバムのように
    直に買えなくなるでしょう。
    迷われているなら今!です。
    タワーレコードで購入できます!!
    http://tower.jp/item/3340693/%E5%8D%97%E5%8D%81%E5%AD%97%E6%98%9F-%EF%BC%8B2%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    さて 今日は このアルバムの
    オープニング作品「ラブ・フライト」を書きたいと思います。

    オープニングにふさわしいアップテンポのパワフルな作品。
    特にリズムセクションのパワフルさに 「おおっ!!」と血が騒ぎますね。
    ドラムもとってもカッコイイですよね~っ。

    そして五郎さんの歌唱もガンガン来てます!!
    EVEさんのコーラスも効いてますし
    スピード感のあるギターもさすがですね~

    「さあ、ついておいて。」って
    グイグイ最初からこの手を引いてくれる感じです。

    ラブ・フライト どうにかなるさ
    ラブ・フライト お前と二人
    ラブ・フライト どうにかなるさ
    ラブ・フライト お前と二人


    なんかスカーッと気持ちいいですねっ

    よーーーし もうこうなったら行くぞ――っ!!
    なんて思っちゃいますね。
    (どこに行くのか)

    いやー パワフルで気分もすっきり!!

    もう迷わないんだよ。
    さあ、いっしょに行こう!

    そんな五郎さんの歌声に
    自分もシャキーーン!
    一瞬でパワーアーーップ!!

    収録作品
    1.ラブ・フライト
    2. 南十字星
    3.オウガスト・オウガスト
    4.裏切り小僧
    5.風と炎と燃える日と
    6.真夏の夜の夢
    7.ガラスの船
    8.サンデイ・サンライズ
    9.メッセンジャー
    10.リフレイン
    11.最後のカード

    【番外編】アンケートの結果

    みなさま ご存知なかったかもしれませんが
    このブログの右側の方で 投票やってましたー。
    気がつかれなかった方、案内不足でごめんなさいね。

    で、今日は
    アルバム「GORO IN NEWYORK -異邦人-」の好きな歌投票!の
    コメントをご紹介しますー。
    これをもってこの投票はこれにて終わりにして 次にいきましょうねっ。

    コメントでーす。
    ■異邦人
    このスピード感
    suki
    五郎さんの表現力がすばらしい。イントロも好き。
    ■二死満塁の青春
    兎に角カッコイイです
    情景がうかびます
    ■愛撫
    ジルベルト、この方を知ることを出来たことが収穫。
    ■24時間の恋人
    アップテンポでもどこか哀愁のある五郎さんの声
    ■夕凪海岸
    (´・凪・`)
    ほんとに難しいテンポの曲なのにうまい!
    ■FROM TOKYO TO NEW YORK
    兎に角、心躍るメロディから「暖流」へ入って行く感じが好き。
    ■暖流
    暖かいメロディに癒されます。
    ■エアポート・ストーリー
    good
    ■マンハッタン・スクランブル
    五郎作曲! カッコイイーね~^^
    ■ドライ・フラワー
    色鮮やかにこの胸に迫る。
    メロディーが素敵
    五郎さんの歌唱力が引きだされている曲
    ■傷心スピード・ウェイ
    ひとつでは収まりきりません^^;
    GOOD
    流れるようなリズムが車の中で聴くと最高です。


    ご参加ありがとうございました。
    みなさんの言葉 うれしいなぁ~
    (´・凪・`)
      ↑これ、気に入りましたーー

    みじかい言葉ですが
    ひとりひとりの想いが詰まっています。
    本当にありがとうございます。

    また新しいのをやっていきますね。
    これからも どんどん参加していただけたらうれしいです。
    作品への想いを聞かせてくださいね。

    迷信(Superstition) 野口五郎

    迷信(Superstition) 野口五郎
    作詞・曲 : Stevie wonder 訳詞・杉山政美  編曲 : 馬飼野俊一
    1973.7.21 GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界

     このアルバムの復刻は
    とてもうれしいサプライズでした。
    7月30日にタワーレコードで発売です。

    このアルバム。
    まず第一にジャケットの写真が
    とてもかっこくて素敵。

    これほどの美少年、
    日本中さがしても  そういないでしょう。
    絵になる美少年です。

    残念なことに私はまだリアルタイムにはファンでありませんでした。
    なのであまりよくわからないので
    後追いで必死で集めまくったのですが
    記憶としてない、ということは
    とても寂しい限りです。

    この時期、五郎さんが
    どんなことを語っていらっしゃったのか
    知っていらっしゃる方がありましたら
    教えていただけたらうれしいです。


    この年の「雨に消えた恋」の頃は
    まだ短かった髪が 
    この頃にはしっかり伸びて
    ロングヘアーになったのですね。
    そして
    「オレンジの雨」
    「君が美しすぎて」
    「GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界」
    「愛さずにいられない」・・・
    と作品が続くわけですが
    みるみる大人っぽくなられ
    男らしくなられました。
    (記憶にはないので写真で見比べてます)

    男の子も女の子も17歳の頃に
    はっとするくらい大人っぽくなるんだな、って思うし、
    子供と大人の両方の表情を持ち合わせているんだと
    五郎さんを見ていても思います。

    さて スティービーワンダーの迷信(Superstition)。
    ご本家のこの詩の世界は
    とても大きなメッセージが込められていて
    深いなぁ、と思うのです。

    その名曲を五郎さんがカバーされたこの迷信(Superstition)。
    このアルバムは日本語詞で歌われています。

    スティービーワンダーの世界を大事にされつつ
    若さあふれる五郎さんらしい 「迷信」 になっています。

    この歌は魂で聴かなくちゃね。

    私は 五郎さんを通して
    洋楽も知りましたし
    聴く耳も育ちましたが

    カバーされた洋楽のセンスの良さ、
    いつも感じていたのですが
    選曲の良さにも感心します。

    タワーレコードのページはこちらです。↓
    ノリノリで聴いて ドライブも楽しくなりそうです!!

    GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界
    http://tower.jp/item/3656099/GORO-IN-ROCK-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    収録作品

    1.うつろな愛 (You're so vain)
    2.迷信(Superstition)
    3.ハイ・ハイ・ハイ(HI-HI-HI)
    4.オー・ダーリン(Oh Darling)
    5.クレイジー・ホース(Crazy Horse)
    6.クロコダイル・ロック(Crocodile Rock)
    7.可愛いいあの娘 (That pretty girl)
    8.君よ泣かないで (You never cry)
    9.好きなんです (My favorite)
    10.ふたりの秘密 (A secret for us)
    11.何処か遠く(Far away)
    12.霧の少女 (Maiden in the mist)

    青い浜辺(シーサイド・ブルー) 野口五郎

    青い浜辺(シーサイド・ブルー)野口五郎
    作詞 : 千家和也 作曲 : 佐藤寛 編曲 : 馬飼野俊一

    忙しくてあっぷあっぷして過ごしていましたが
    なんとなんと!!
    待ちに待った作品が今月末に出るとのこと。
    正直 このことを知るまでへろへろだったのですが
    復刻を知りがぜんやる気が出てきて
    しゃきーん、としました。
    うれしい~~っ。

    なんといっても
    「GORO! LOVE IN LONDON」の
    「枯葉のいつわり」の初CD化!!

    あの美しいストリングスのイントロ。
    そして一瞬 音が消え
    その瞬間に 五郎さんの歌声が聞こえてくる。
    「枯葉とレンガの道を・・・」
    ピアノとストリングスが歌声に静かに添えられていく

    あぁ!! もう なんていい声
    甘くしっとりとした歌声。
    少女の私は
    もうこの瞬間だけで泣けた。
    この歌は ひざまついで泣きたくなるレベル。
    大好きだった。

    今だって、この部分だけで私は
    ノックアウトでございます。はい。

    CD化されましたらみなさま、
    この瞬間だけでも50回は繰り返し聴いて
    泣いてください。

    ぐいぐいと胸に迫る後半の歌唱、
    低音の豊かさ・・・
    それから女性のスキャットの美しさ
    そして曲調が変わるドラマチックなエンディング。

    美しくて切なくてたまりません。

    絶対後悔させません。
    迷うことなく この復刻CDを買おう!!(鼻息)

    そして今日は
    まだ書いてなかった「青い浜辺(シーサイド・ブルー)」

    あぁ 若いって素晴らしいわぁ。
    青春だったな~
    アップテンポの曲が返って新鮮!!
    ストレートにハートに届く歌声

    ♪夜明けまで踊ろう 青い浜辺
    星くずを集めてシャンデリアさ♪

    もう なんだか夢見心地。

    あの頃のキュンキュンした気持ちが
    甦るようです。

    あぁ 楽しみだなぁ。
    これはあっという間に売り切れてしまうかもーーっ。

    予約したから大丈夫♪
    楽しみ楽しみ~~っ
    なんてうれしい夏なんだ。
    やったーーーっ!!ヽ(^o^)丿

    このアルバムはロンドンでレコーディングされたアルバムです。

    ウェットな感じの五郎さんの歌声が
    あまりにも素晴らしいお声で
    この歌声を
    たくさんの方に教えたい、というのが
    ずっとずっと 私が思っていたことです。

    今年の夏は熱い熱い夏になりそうな予感がします。

    タワーレコードさんのページ、ぜひ開いてみてください。
    http://tower.jp/item/3656114/GORO!-LOVE-IN-LONDON-%E6%84%9B%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%B3-%EF%BC%8B2%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E

    収録作品
    1.サンデー・ベイビー
    2.神に聞きたい
    3.ひとりぼっちの愛情
    4.青い浜辺(シーサイド・ブルー)
    5.おとなの愛
    6.枯葉のいつわり
    7.愛ふたたび
    8.君に夢中
    9.愛のきらめき
    10.結婚申し込み
    11.銀のなみだ
    12.涙のハーバー・ライト
    13.哀愁のなかへ
    14.君が美しすぎて (ボーナストラック)
    15.ぬれた瞳 (ボーナストラック)

    今年も3タイトル復刻だーーっ!!

    今日 タワーレコードさんのホームページに行って
    びーっくりしましたっ。
    いつからアップされていたのかわからないのですが
    早くから知っていらっしゃる方には
    遅くてごめんなさい!!

    またまた3タイトルが復刻されます~っ
    1973「GORO IN ROCK/野口五郎ロックの世界」
    http://tower.jp/item/3656099/GORO-IN-ROCK-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    1974「GORO! LOVE IN LONDON/愛ふたたび +2」
    http://tower.jp/item/3656114/GORO!-LOVE-IN-LONDON-%E6%84%9B%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%B3-%EF%BC%8B2%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E
    1982「FIRST TAKE」

    7月30日発売だそうです~っ
    Light Mellowというアルバムのことも出ていますね。

    タワーレコードのホームページにどうぞーーっ!!
    http://tower.jp/artist/discography/283376

    いやぁ うれしいですね。
    予約しましたよー。
    楽しみ楽しみっ。

    みなさまどうぞよろしくーーっ!!
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    06 | 2014/07 | 08
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    1021位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    155位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示