「ルーム・サービス Room Service」野口五郎

    「ルーム・サービス Room Service」野口五郎
    作詞・橋本 淳 作曲・筒美 京平 編曲・大村 雅朗
    アルバム「Smile」

    昨日 野口五郎さんの復刻アルバムが
    3タイトルも発売されました。

    昨夜 我が家にもしっかり届きました。

    おぉ 中身の歌詞カードも
    レコード盤のままにつけていただけてますし
    新たに 歌詞カードもついて
    とても充実です。

    今日は復刻3タイトルの中の
    アルバム「Smile」の中の歌を書きます。

    こうして復刻されると
    たとえば 私のような 野口五郎さんファンでしたら
    もう 飛びついて買うアルバムなのですが

    それと同じように 
    筒美京平先生をお好きな方には
    もう 何も考えずに 飛びついて買っていただきたいアルバムです。

    なにしろ 全曲 京平先生の作曲作品です。

    私は 大人のラブソングを聴けるアルバムだと思っていますし

    道半ばにして
    ふと立ち止まり
    孤独であろうと
    まだまだ夢に向かって走っていくんだ、という
    男のロマンを感じます。

    かなり大人のシブイ雰囲気が
    今聴くと新鮮です。

    そして作詞は 

    ちあき哲也
    橋本淳
    山上路夫

    このお三人の先生方で
    がちっと固めて
    うーーん シブイ!!

    大人でしかわからない世界だからこそ
    かっこいいーーーっ

    ・・・と思ってしまうわけです。

    特にこのアルバムで
    注目すべきところは
    橋本淳先生が
    初期のあの五郎さんへの詞とは
    ガラリとイメージを変えられて
    グッと 大人の世界を
    書いてくださっていることです。

    「たわごと」とか
    この「ルーム・サービス」とか
    すごくおしゃれでありながら
    恋愛のツボを伝授してくださるかの如く
    深い詞なのです。

    こんな詩の中に出てくるような
    女性には
    どう考えても 似ても似つかなくて
    真似もできなかったのですが

    随分あとになって
    この詩のような女性であったなら・・・と
    あぁ~ そうだったのか、と
    納得しました。

    当時の自分には難しかったですけれど。

    僕と二人で 居るとこ見られたら
    ちょっとまずいのと 君がつぶやく


    そうだ、何もなくても
    つぶやいておけばよかった、
    みたいな気持ち。(笑)

    都会的だし おしゃれだし
    あらためて聴いてみて
    こんないい曲だったんだ~!!

    五郎さんのアルバム
    どれも贅沢だし
    聴きごたえがあるし
    楽しめるなぁ、って
    うれしくなりました。

    今買わないと
    なくなっちゃいますから
    後悔しないために
    タワーレコードに
    お急ぎいただきたいと思います。

    1.渚ふたたび
    2.たわごと
    3.スマイル Smile
    4.嵐の眼
    5.時には星の下で
    6.二月病
    7.オン・ザ・ロード On The Road
    8.紳士道
    9.ルーム・サービス Room Service
    10.風が動き出した
    スポンサーサイト

    「時にはエトランゼ」野口五郎

    「時にはエトランゼ」野口五郎
    作詞・阿久悠 作曲・筒美京平 編曲・船山基紀
    1979年7月21日発売アルバム

    アルバム「ラスト・ジョーク GORO IN LOS ANGELES'79」 は
    <タワーレコード限定>にて ただいま発売中です。

    先日 BSフジのスター・リバイバルで
    五郎さんがいろいろと語っていらっしゃいましたが

    その中で 阿久悠先生の言葉を語っていらっしゃいました。
    「五郎ちゃんのファンはすごく文学少女的な人が多いんだよね」って
    おっしゃってくださったということ。
    それで「真夏の夜の夢」を作ってくださった、というようなこと
    おっしゃっていたと思います。

    うんうん そうなんだよね~~っ!
    さすが阿久悠先生、よくわかっていらっしゃる~~っ

    (自己満足)

    わたしが阿久悠先生の作品の中で一番好きなのは・・・と
    考えると
    とにかく まず浮かんでくるのは
    「傷だらけの旅だち」かなぁ~~~っ
    あの作品は当時のわたしには衝撃的でした。
    いわゆる 阿久悠先生風に言えば
    「稲妻に打たれた」というのはこういう感覚、
    と 今でも思います。

    「熱愛」もB面にしておくにはもったいない名曲でしたし
    あの時の五郎さんに ぴったりの楽曲でした。

    阿久悠先生の言葉というのは
    静かに何度もかみしめて じわじわと心に効く言葉、というのかな。
    だから いつ聴いても 今その時の感性で受けとめられる。
    前にも書いたけれど
    五郎さんには男らしい詩を書いてくださった、と感じます。

    あと 復刻されないと もったいないよ~、って
    言いたいのは 「青春きらきら」でしょうか。

    さてさて「時にはエトランゼ」は
    軽快に飛ばして 『ついておいで』みたいな感じ。

    がんじがらめになった
    心を解き放して
    一人も楽しんでみれば

    ほら、こんなに自由。

    もっとこだわりなく
    もっと思いつきでいいから

    新しい世界に飛び出して
    楽しんでみて、という
    メッセージのよう。

    五郎さんと阿久悠先生のコラボレーションも
    他の歌手の方にはない
    すてきな世界だと わたしは思います。

    あとひとこと付け加えると
    阿久悠先生の五郎さんへの詩というのは
    「後悔することのない今を生きて」という
    強いメッセージが込められていたように思います。


    今決断して 今動く。
    この強いメッセージにわたしたちも導かれるように
    決断して動いてこれたような気がします。

    「ひとりぼっちの愛情」野口五郎

    「ひとりぼっちの愛情」野口五郎
    作詞・千家和也 作曲・村井邦彦 編曲・馬飼野俊一
    1974年8月21日アルバム発売
    「GORO!LOVE IN LONDON」
    ロンドン「オリンピック・サウンド・スタジオ」での収録盤。

    今日は少し違う世界の歌のお話しをさせていただきたいと思います。

    この季節は なんといっても「枯葉のいつわり」が聴きたいなぁ、なんて
    思ってしまうのですが
    やっぱりヨーロッパの雰囲気にあこがれます。

    「GORO!LOVE IN LONDON」の世界も
    私は好きだなぁ~

    しっとりとして
    瑞々しい五郎さんの歌声に
    ついついため息・・・・


    このアルバムでは
    とても貴重なのだけれど
    村井邦彦さんの作品が聴けます。

    「おとなの愛」と「ひとりぼっちの愛情」です。

    好きだなぁ~っ
    こんな世界も。

    あの娘の誕生日に
    届けたプレゼント
    海辺の桜貝で
    つくったペンダントさ


    甘くうるうるとした声がたまらない。

    低音部が効いている。
    まろやかで
    とろけそうになる。

    これを聴いていると
    私は
    桜貝のペンダントが似合う少女に戻っている

    初恋のまぶしさが
    私を包む。

    いつかこのアルバムも
    復刻されたらうれしいな~っ。


    「南十字星」野口五郎

    「南十字星」野口五郎
    作詞・作曲 つのだひろ 編曲・高田弘
    1979年5月10日アルバム「南十字星」

    12月18日に このアルバムが復刻になります。
    次々とアルバムが復刻されるので
    本当にうれしい限りです。
    この勢いに乗って 全アルバムが復刻されますようにーーーっ!

    そして このアルバムの
    目玉は 私は「南十字星」ではないかなぁ~って
    思いますね。

    これは 名曲ですねっ。

    特に最後のフレーズ
    「愛をあなたの愛を求め続ける」で
    胸がきゅーーーんとして
    泣きそうになりますね。

    本当に心がきれいになる、って感じがします。

    つのだひろさん
    五郎さんに素晴らしい曲を作ってくださいました。
    つのだひろさんといえば「メリー・ジェーン」ですが
    そういう雰囲気とはまた違い
    五郎さんには繊細で
    とてもロマンチックなラブソングを作ってくださいました。

    詩もきれいですね。
    言葉がきれいですし曲と詩がピタッとはまっています。

    瞬時に大海原より南十字星を見上げている気分になっています。
    とても穏やかで優しい気持ちになれます。

    本当に五郎さんにぴったりだと私は思いますね。

    男性でも女性でも
    この世界は自分と重ね合わせて
    人生を映して見るような
    そんな作品です。

    この世界感は 
    ずっと大切にしてきましたし
    自分の人生に添うものでした。
    とても好きですね。

    それからもうひとこと
    付け加えるならば
    編曲の高田弘さんが
    本当に愛のあるアレンジをしてくださっていて
    感動します。

    高田弘さんといえば「青いリンゴ」や「オレンジの雨」など
    五郎さんの初期を支えてくださった先生です。
    こうしてまた高田先生のアレンジで聴ける、というのも
    素晴らしいことですし
    よくがんばってきたね、
    「おかえり」って 言葉が聞こえてくるような気がします。

    このアルバム、

    「へぇー 野口五郎って 色んな人といっしょに
    歌を作ってて すごく楽しいよね~。
    こういうコラボレーションもあったんだ!
    いいじゃん! この曲!!
    やっぱ 五郎ってすごいねーっ」

    ・・・って とても楽しめる、って思うんですよね。

    そしてとにかく
    この曲はとても素敵です。
    この詩の美しさは
    私は大好きです。


    このような
    きれいな言葉で歌われる歌は
    私は 貴重だと思うのですよね。

    この歌や「私鉄沿線」や「夕立のあとに」のような
    美しい日本語の歌詞の歌を
    これからも五郎さんに
    歌い続けていってほしいなぁ、って
    私は心から願います。

    野口五郎さんの世界は
    知れば知るほど楽しくて深い、ということ
    みなさんに感じていただきたいですね。

    CDはタワーレコード限定発売です。
    迷うことなく購入して頂きたいと思います。

    本当に楽しみです。

    「バレリーナ」野口五郎

    「バレリーナ」野口五郎
    作詞・作曲 デヴィッド・スピノザ 訳詞・伊藤アキラ 編曲・山中涼平
    1981年発売アルバム「ON THE CORNER」

    12月18日に 1981年発売のアルバム「ON THE CORNER」が
    復刻発売されます。

    このあたりのアルバムを聴くと
    五郎さんが 本当にやりたい音楽をされたのだろうなぁ、と
    聴いていて感じます。

    うれしいのは 一曲一曲参加ミュージシャンのクレジットがしてある、ということ。
    聴いていても メンバーの顔が浮かぶ感じがしてうれしい。
    プレイヤーへの敬意や 誇りさえ感じます。
    (もっと早くこういう形にしていただきたかったなぁ。)

    このアルバムの最後の曲は
    名ギタリスト、 デヴィッド・スピノザの作品。

    日本人にはない感覚、
    新しい世界。

    聴きこめば聴きこむほど
    この詩の世界が深くなります。

    その靴を脱ぎなよ
    軽やかに踊れ
    身も心も自由になれ

    きっとどこかで
    五郎さんもご自分と重ねられるところがあったのではないかなぁ。


    ピアノは羽田健太郎さん。
    もう亡くなられましたが
    昔 テレビの波乱万丈という番組だったか
    五郎さんとのことをうれしそうにお話されていたことを
    懐かしく思いだします。

    プレーヤーは一流揃い。

    五郎さんの歌だけでなく
    それぞれの「音」を聴くのも楽しい。

    ギターソロはもちろんデヴィッド・スピノザ。

    EVEのコーラスもすてきだし

    ミュージシャンとのコラボレーションも
    楽しみたい一曲です。

    黄色いジャケットは
    『変革』へのメッセージだったように思います。

    18日には 復刻されるので
    とても楽しみです。
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    野口五郎

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)






    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    リンク
    カレンダー
    11 | 2013/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    944位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    146位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示