「ヘイ・ジュード」野口五郎

    「ヘイ・ジュード」(「HEY JUDE」) 野口五郎
    作詞・作曲 Lenon-McCartony 編曲・馬飼野 俊一
    アルバム「'74 GORO IN KOKUSAI」

    先日 ポール・マッカートニーさんが
    日本に来日されることになったと
    ニュースで大きく取り上げられていました。
    号外が出るほどの大ニュースでした。

    ビートルズの音楽というのは
    時代を超え、世代を超え愛され続けています。
    世界中の人がこれほどまでに愛し続けるすごさ、
    けれど作品は常に身近であり
    ふっと 口をついて出る親しみやすさです。

    最近では コマーシャルにこの「ヘイ・ジュード」が使われていて
    毎日のように この耳に入ってきます。

    私が ビートルズの音楽に触れたのは
    他でもない野口五郎さんが歌ってくださった
    ライブ音源での作品でした。

    「'74 GORO IN KOKUSAI」では
    「YESTERDAY」と「HEY JUDE」を歌われました。

    当時 私は 小学生でしたが
    歌詞カード、英語の辞書を開き
    読みカナを歌詞カードにつけました。
    今思うと すごく真面目で必死でした。
    (正直に言うと この「ヘイ・ジュード」だけ
    6歳年上の姉にカナを書いてもらいましが
    あとは すべて自分で調べました)

    親しみやすい すてきなメロディ
    いっしょに歌うことが
    当時の私の楽しみでした。
    なので いつも一緒に歌いました。

    小学生なのに英語の歌が歌える~!
    もう なんだかとっても賢くなったような
    えっへん、という気分でした。

    なので この曲 私は今も歌えます。

    私の 洋楽の扉を開いてくれたのは
    野口五郎さんでした。

    洋楽のカバー作品の選曲のセンスもよくて
    今も愛され続けている作品を
    いち早くカバーされていたように思います。

    若い五郎さんの歌声は
    この胸をキュンとさせ
    洋楽もすてきだなぁと
    世界を広げてくれました。

    A面最後の曲にふさわしく
    スケールの大きな作品です。

    時がたち
    さらにお宝度が高まります。
    うれしいカバー作品です。

    スポンサーサイト
    ブログへの応援の拍手
    web拍手 by FC2
    プロフィール

    のりえ

    Author:のりえ
    野口五郎さんの歌について熱く語らせていただきます。

    FC2投票
    野口五郎
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    風輪 [ 野口五郎 ]
    価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/2時点)



    カレンダー
    06 | 2013/07 | 08
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    音楽
    925位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    邦楽
    145位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ランキング
    カウンター
    QRコード
    QR
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    最新トラックバック