FC2ブログ
    2012
    08.12

    「君こそわが青春」野口五郎           


    「君こそわが青春」野口五郎           
    作詞・阿久悠 作曲・筒美京平 編曲・筒美京平
    1979年7月21日発売アルバム


    阿久悠先生の作品を続けて書いてみて
    あぁ やっぱり阿久悠ってすごいな。
    五郎さんにも たくさんいい作品を残してくださったんだなぁ・・と
    しみじみと思い 胸がいっぱいになりました。

    みなさんに 提案したいことは
    このブログで
    ブログ内検索、というところがあるのだけれど
    たとえば 阿久悠 と入れれば
    私が書いた阿久悠先生の作品が全部出てきます。

    時には
    そういう風に作家別に並べて読んでいただけたらうれしい。
    私たちは
    五郎さんを育て 慈しみ
    素晴らしい作品を残してくださった
    作家の先生方に対して
    感謝の気持ちを忘れずにいなくては、と思う。
    そういうリスペクトの気持ちがあればこそ
    私もこうして レビューを書いているのだと思っています。

    五郎さんが
    どれだけ作品を作ってくださった先生方に
    かわいがられ 
    思いを託され 
    期待されてきたか

    そういうことを感じるとき
    やっぱり「野口五郎」という歌手は
    本当に恵まれた幸せなアーティストだと思うし
    五郎さんに曲を提供された先生方にとっても
    誇りにしていただけたらうれしい。

    たとえば
    山上路夫先生の代表曲で
    五郎さんの「私鉄沿線」という歌が
    常にあげられることは
    あまりにも名誉で 誇らしいことです。

    そして やっぱり 阿久悠先生にも
    五郎さんの素晴らしい作品がたくさんあること
    私は世の中の人にご紹介したい気持ちでいっぱいです。

    この作品は シングル作品ではないけれど
    やっぱり 阿久悠先生が作ってくださった中では
    最高の愛の歌ではないかなぁ・・・と
    私は思います。

    歌詞のひとことひとことが
    とても深いのです。

    どの言葉も
    この胸に人生を問いかける。
    そして 貫く愛を教えてくれる。


    にがさもあれば夢もあり
    夢をすべてと信じこみ
    時代が一つ終わるまで
    君を君を愛した

     君こそ青春
     わが青春
     そして運命(さだめ)
     わが人生


    時代には終わりがくる
    いい時代もあれば
    そうでないときもある

    人は誰しも年をとり
    若き日の輝きも
    おそれを知らぬ勢いも
    いつか失くしてしまうかもしれない


    けれどけれど
    貫けるものがある
    この心はぶれてはいけない。
    貫ける愛があるのだから。


     君こそ青春
     わが青春
     そして運命(さだめ)
     わが人生


    五郎さんの歌とともに成長してきた。
    そのことを誇りにしたいです。

    感動で胸がいっぱい。

    スポンサーサイト



    Comment:5  Trackback:0